PS4を買いました。最近の個人的コンシューマーゲーム機事情をだらだらと 

 先日、ようやくPS4を買いました。
 その直後にPSVRとかが当たる「PS4買おうぜキャンペーン」が始まりました。ちょっとくやしいorz

 とりあえず「ソードアートオンライ:ホロウリアリゼーション」を本体と同時に購入。
 少々単調な気がするのと、とって付けたようなキャラエピソードがちょっぴりお腹いっぱいな感じではありますが、まずまず楽しんでます。
 ネトゲでもくもくとレベル上げしたり、アイテムハントするのが楽しい方なら、まずまず楽しめる予感。

 買ったゲームは1本だけですが、今までPSPLUSで確保していたタイトルがけっこうあるので、しばらくは新規購入しなくても遊ぶモノには困らなそう。
 ていうか、積みゲーが山のようにあるうえに、最近はLoLをけっこう遊んでいるので、あまり新作に手が回らないのですが…。


 他で遊びたいのは、ペルソナ5とアンチャぐらいでしょうか。

 ペルソナはシリーズは好きなんですけど、最近のあそこを見ているとDLCまみれになりそうな気がするのでしばらく様子見。
 しばらくしたらDLC入りのデラックス版とか出たりするのでしょうか。

 アンチャはじっくりかつ一気に遊びたいので、もう少し時間に余裕があるときに買おうかと思います。


 あとはFF15もちょっぴり気になるといえばなるのですが…あの世界観はあんまり好きじゃないので、いまいち踏ん切りが付かない部分も…。

 ていうか、ロードムービー風な世界観がジャストヒットするのって、ニッチとまではいいませんが、あまり多数派ではない気がするんですけどねぇ…。
 あれで勝負しようってのは、スクエニ肝の据わり具合が素晴らしい。


 あとPS4といえばPSVR。
 ただ、技術的にも価格的にもスゴいと思うんですけど、僕はVRやるならVIVEが欲しいからスルーなんですよね…。
 VRなGoogle Earthが楽しそうw

 PSVRはホントにスゴい周辺機器だと思うんですけど、正直、あのジャンルをCSベースで流行らせるのは難しそう。
 あと、もっとも話題となる発売直後に、品不足になったのも厳しかった気がしたりしなかったり。
 僕が昨日見た量販店では、いまだに品切れでしたしね。
 クリスマスは大丈夫なのかしら?


------------------------------------------------------------
 こうして考えると、「現時点では」PS4の今後の稼働率は低そうな感じ。

 PS4がうんぬんというよりは、昔と比べると新作の数が少ない&僕自身の趣向が変化してきていることから、「遊んでみたい!」と思うCSタイトルが減ってきている気がします。

 とはいえ、今世代のCSはPS4一強ですし、今後のことを考えると、今買っておいても問題ないかなと思ってます。

 そうそう、OS回りはPS3と比べると、とても使い易くなっていました。
 ソニーのゲーム機事業もこなれてきた感じですねぇ。
[ 2016/12/06 04:12 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

LoL初心者のための「心が折れないための心構え」を考えてみた 

 LoLを集中プレイ中です。
 とりあえずレベル30になり、まだまだ「うまい」とは言えないものの、それなりにはプレイできるようになってきました。

 ただ、LoLって実力差が顕著に出るうえに、自分のミスがチームの勝敗に直結することが多いので、「やべぇ、おれヘタクソで足引っぱりすぎw 存在価値ゼロwww」とか感じて、心が折れやすいゲームだと思うんです。

 ぼくも数回折れかけましたしw

 そこで、ここからは「やっとLv30になった僕が、へたな自分がうまい人と遊んでボコボコにされたときに、心が折れないようにする自己防衛策」を書いてみます。

------------------------------------------------------------
・ヘタなのは当たり前。回りが上手いのはサブアカか天才と思う
------------------------------------------------------------
 LoLは知識と経験量が猛烈にものを言うゲームなので、初心者がうまくプレイできないのは至極当たり前です。

 というか、ゲーマー同士の腕を競いあうeSports向けのタイトルにおいて、昨日今日始めたと初心者が、熟練者とまともに勝負できたら逆に困りものです。
 仮に、野球のルールを知らないあなたが、プロ野球のピッチャーからヒット打てないとしても、ごく当たり前のことですよねw

 初心者が熟練者と戦ったときにボコボコにされるのは、通過儀礼と言っても過言ではありません。

 もちろん「負けて悔しい」というのは大事ですが、必要以上に自分を卑下する必要はありません。
 アナタがダメなのではなく回りがスゴイ。
 まだヘタなアナタを、ウマい人たちのチームにいれたマッチメイキングが悪いと思っておきましょう。


------------------------------------------------------------
・勝ち負けにあまり拘らない
------------------------------------------------------------
 これ大事。
 もちろん、他の人と一緒に遊ぶ以上、「勝つために真剣に努力する」のは最低限のマナーだし大前提。
 そのうえで、勝った負けたにあまりこだわらないことが、LoLの初心者帯では大事です。

 自分がヘタで負けても、頑張って負けたなら仕方ないと割り切る。
 味方に明らかに足を引っぱる人がいても、逆のケースもあると諦める。

 この辺の心構えが重要。
 勝ち負けに拘泥すると、自分のせいで負けた時に心が折れかけますが、「勝敗は兵科の常」ぐらいに思っておけば、ダメージは少なくてすむと思います。

 そもそも、ノーマルは勝つことを追求したモードじゃありません。
 もちろん勝利至上主義の人もいますが、慣れないチャンプやロールを練習したり試したりしている人も多いです。
 エンジョイ勢向けって側面も少なくないので、気楽にプレイすればよいと思います。


------------------------------------------------------------
・うまくなる努力をする
------------------------------------------------------------
 へたなのは当たり前と書きましたが、いっぽうで「うまくなる努力」は大事。

 基本的に、心が折れかけるのは自分がヘタクソだからです。
 したがって、うまくなればなるほど、心が折れそうになる機会は発生しなくなります。

 あと、自分が向上していることを実感できれば、自信と希望が持てますしね。

 ただ、最初からあれもこれも頑張ろうとすると疲れるので、少しずつでも「うまくなるにはどうすればよいか」を考えながら実践していくとよいのではないでしょうか。


------------------------------------------------------------
・暴言は無視。言われたらレポートして溜飲を下げる
------------------------------------------------------------
 暴言への対処法はとくにないので、無視するのが一番です。
 オールミュートって手もありますが、普通の会話も見えなくなるので最終手段。

 というか、ノーマルで初心者と遊んでるレベルで負けて暴言吐くような人って、あんまり上手くない人がほとんどですから、気に病む必要ないです。
 初心者のカバーをできなかった人の負け惜しみと思っておきましょう。
 言われっぱなしだと悔しいときは、運営にレポートしておくと気持ちが落ちつくかもしれませんw

 ちなみに僕は、ヘタクソという罵倒より、ボコられたあとに「お前才能ないな」「LoLやめちゃえ」的な罵倒のほうがキツかったですw
 いきなり言われるとヘコむので、あらかじめ「そういう蔑みもあるよ!」と知っておくと、ちょっと安全。


・おまけ:簡単にできて、なんとなく上手くなったような気になれるTIPS
[ 2016/11/14 23:39 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)

任天堂『SWITCH』を発表。ロースペ据置に興味はないけど、高性能携帯機は嬉しい 

 NXがついにベールを脱ぎましたねぇ。

 世間の評価はいろいろのようですが、個人的には「普通の携帯機じゃね?」ってところでしょうか。

 据置と携帯のハイブリッド型というのは、かなり前から噂になっていたので驚きはしなかったのですが、もう少し据置寄りのスペックになるのかな? って思ってたんですよね。
 でも、あの映像とハードの外観、そしてチップセットにTegraを採用という情報を総合すると、どう考えてもPS4よりはロースペック。

 かっての「ゲーム機ごとにタイトルを作る」時代ならともかく、今はマルチタイトルが基本。
 その中で、ロースペックであるということは、それだけで圧倒的に不利です。
 誰だって、中身が同じなら、より美しく滑らかに動くほうで遊びます。
 PS4とONEの現状が良い例でしょう。
 PS4やPCが一定の勢力を得ている据置市場で、いまさらロースペな据置が出てきても誰も見向きもしないような…。

 ロースペ機種が生き残るには、圧倒的な独占タイトルが必要です。
 で、任天堂にはそれができなくはないのですが、1社だけだと供給量の限界があることをWiiUで露呈しているワケで。

 3DSラインとWiiラインを統合することで、供給力をアップするのであれば なんとかなるのかもしれませんが、3DSのラインはSWITCHとは別に展開していくという噂もあるようで、なんとも微妙なところです。

 というワケで、「個人的」にはSWITCHが据置として成功する未来は考えにくいってのが正直なところ。
(実はあのサイズでPS4を凌駕する変態ハードだ! というのであれば話はひっくり返りますが)


 いっぽうで「高性能は携帯機」として見ると、SWITCHはなかなか魅力的です。

 「携帯用ならスマホでいいじゃん」という味方もありますが、ゲーム機として考えると物理キーは必須だと思うんですよ。
 タッチ入力って精度が甘いし、あと画面が見づらくなるしで、小さな画面で遊ぶゲームとの相性はよろしくない。

 あと、個人的に携帯向けの基本無料系ゲームってあんまり楽しめない。
 で、僕と同じように考える「層」はそれなりにいると思われ。

 スマホで買い切りタイトルが増えてくれば別ですが、そういう流れが出てくる気配は感じられないので、「スマホ」と「携帯ゲーム機」は、ある程度共存できると思うんです。
 というかして欲しいw

 だから、ゲーム専用機としてのラインナップを揃えつつ、スマホ系のタイトルも適宜とりこんでいけば、持ち歩いて遊ぶプラットフォームとして、十分に勝負できるのではないかと思います。
 あくまで「勝負できる」であって、スマホに勝てるとまでは思いませんけど。


 ともあれ、大事なのは発売タイトル。
 年明けぐらいには発表されるでしょうから、そちらに期待しましょう。

 ベヨネッタ3が出たら買おうw
 ていうか、WiiUでまともに遊んだのはベヨネッタだけで終わりそうな気配w
 ゼノとかFEとかゼルダ無双あたりをじっくり遊ぼうかなぁ…。


ベヨネッタ2
(Wii U版「ベヨネッタ」のゲームディスク同梱)

[ 2016/10/22 10:12 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

LoLを始めた(その2)。超ストレスに耐えながら、勝利の快感を掴むゲーム 

 
LoLをはじめて感じたこと&これから始めようとする人への、個人的な紹介その2。
(その1はコチラ

 今回は「ゲーム的な面から見るLoL解説」的な話。
 まだ始めて1ヶ月ぐらいなので、本格的に遊んでいる人からするとズレたことを言っているかもしれませんが…。
 あくまで、「初心者視点の感想」として参考にして頂ければと思います。

----------------------------------------------------------------
・アクション性は低くはないが、猛烈に高いワケでもない。
 RTSと比べると、ミクロ的な意味での難度は大幅に下です。
 ある程度の操作テクニックは必要ですが、動かすキャラは1体だけですし、技はキャラごとに4つしかなく、それもボタン1発で発動するしで、操作難度はそれほど高くないです。
 そういった意味では、選ばれた勇者でなくても、プレイしやすいと言えるかもしれません。


・状況判断と決断が重要となる戦略戦
 勝利条件は「敵本拠地の破壊」のみで、Kill数や拠点確保数、モンスター撃破数といった、それ以外の要素は一切考慮されません。
 敵を殺すのは、有利な条件を作るためには重要ですが、それが目的ではないため、まったく敵を殺さなくても勝つことはできるし、味方の方がハデに死んでいても、最後に敵の本拠地を壊しさえすれば勝ちとなります

 そこで重要になるのは、目の前のバトルを勝つというその場その場での場面対処能力よりも、ゲームの進行状況全体を把握しつつ、どこでなにをすればよいのかを的確に判断する能力です。

 LoLのバトルフィールドはかなり広く、またいくつもの要素が詰め込まれているため、そういった部分での駆け引きが多彩で、対戦ゲームならではの「人と人の読みあい」を存分に堪能できます。


・調べて覚えないといけないことが非常に多い
 LoLは、ルール自体はシンプルですが、一方で覚えるべきことが非常に多い。
 やっかいなのは「基本的な戦い方の作法」みたいなものが、既存プレーヤーの間で共有されているため、初心者はまず「作法」を覚えなければいけません。
 しかも、その作法はマニュアルやチュートリアルで説明されるわけではないので、自力で情報を収集する必要があります。

 他にも、100人を越えるキャラクターとその能力、キャラクターごとの装備品のチョイスなども、自力で調べないと厳しいです。

 総じて、「自分でいろいろ調べたい人」にとっては、遊びがいのあるゲームですが、そういったことが煩わしい人にはまったく向いてません。


・試合が長い
 1試合最短20分。通常30分~40分。長ければもっといきます。
 正直長すぎます。「空いてる時間にちょっと遊ぶか」とかムリです。


・5v5のチーム戦で、一人当たりの責任が重い
 ゲームは5v5のチーム戦です。
 チームが少人数なため、一人当たりの責任が重く、「へたくそな一人のために負ける」ことがしばしばあります。
 もちろん、一人がヘタクソでも、残りの4人がうまければカバーして勝てることもあります。


・チームメイクにやや難がある
 LoLのマッチングはプレーヤーの力量を考えて、チームの実力が平均的になるように行われます。
 とはいえ「実力が同じ人同士で戦う」とはなりません。実際のゲームでは、は弱い人と強い人が組み「チームの総合力」が同じになるように調整されます。
 結果としてうまい人とへたな人が同じチームとなり、お互いに不満がたまりやすいです。
 ウマい人からすると「このヘタクソが」、へたな人からすると「初心者ここに入れんなよww」的な。

 個人的には、けっこう大きな不満点なのですが、こればっかりはオンライン多人数対戦の場合はやむを得ないんだよなぁ…
 ココについては、我慢するかオンライン協力ゲーム自体はヤメるかのどちらかしかない気がします。
 

・勝敗への影響度が、自分の力以外のものによる割合が高い
 5v5というチーム戦なので、一人がどんなにうまくても、チームの総合力が低ければ負けます。チーム制のスポーツと一緒ですね。

 これが知り合い同士のチームなら、味方に足を引っぱられても、たいして気にはならないでしょうが、見知らぬ人とのチームで、自分以外が原因で負けたと感じられると、なかなかストレスがたまります。とくに連敗中なんかだとorz
 トータルで考えれば「自分のせいで負けた」こともあるでしょうから、お互い様ですけど、なかなかそう簡単には割り切れませんしね…。


・「ゲームシステム」以外の部分でストレスがたまりやすい
 LoLは長い時間をかけて勝ち負けを競うゲームなため、勝敗への拘りが短時間のゲームより出やすいです。
 したがって、まず「負ける」ことに対するストレスが大きい。
 さらに、敗北の原因となる「自分以外の原因による敗北」「味方の足を引っぱるプレーヤー」への許容量が低くなり、プレーヤーに対するストレスも抱きやすいと思います。
 同時に、自分が足を引っぱったときの自己嫌悪的なストレスも小さくないです。


・競技性が高く、「勝利」による満足度が高い
 ストレスが高いのに何故遊ぶのか? と言われると、それを越えた満足感が得られるからでしょう。
 LoLはランダム要素がほとんどなく、ルールできっりち縛られているゲームなため、勝つためには理知的かつストイックにプレイする必要があります。
 まさに「競技性が高い」というヤツです。

 そのため、カジュアルな対戦ゲームと比べると、勝利で得られる快感が圧倒的に大きいです。


-------------------------------------------------------------------------------
 まとめますと…実力差があるチームをしょっちゅう組まされて、うまくいかないストレスにさらされながら、勝利の快感を掴むゲームって感じです。

 勝負にこだわったスポーツと一緒ですね。
 勝ちたいから、へたな味方に文句も言いたくなるし、うまくいかなければストレスたまる。
 けど勝ったときは遊びのときより全然嬉しい、みたいな。

 なので、「ゲーム」としては、けっこう遊ぶ人を選ぶんじゃないかなぁ…。
 最近は「ストレスためながらゲームする」って忌避される傾向がありますし。

 攻略しがいはあるし、経験を積めばうまくったことを実感しやすいので、そういうのが好きな人にはピッタリだと思いますが。

 しかし、こんなマニアゲーが同時接続300万人とか、海外のゲーマーってどんだけコアなんだよw って気もしますね。
 それとも、これをカジュアル層がプレイしてんのかな…ちょっと想像しづらいけどw



【おまけ:お気楽モードが欲しい】
[ 2016/10/13 16:27 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)