Andoridで「Bluetoothで高音質」を実現するアダプターを使ってみた 

 スマホとポタアンをBluetoothで、できるだけ高音質でつなげたい!
 と思いたったので
 aptX、aptX Low Latencyに対応したBluetoothアダプター。

 Creative BT-W2

 を買ってみました。お値段4298円。
 実際に使って見ましたが、これがかなり素晴らしい。
 ここ1ヶ月ぐらい悩んでいた問題が一気に解決+ついでに手持ちのMacbookやPS4でも応用可能というオマケ付き。

 なお、僕の場合は「Bluetoothでポタアン」でしたが、「BluetoothでaptX対応のワイヤレスヘッドホン」の方も、ほぼ同じ方法がとれるはずです。
 以下、いろいろ紹介。

------------------------------------------------------------------------------

 先日、格安スマホの機種変を画策していると報告したのですが、なかなか良いのが見つからず。
 というのも、僕は外で音楽を聴くことが多いので、どうせならスマホで「できるだけイイ音」のモノが欲しかったんです。
 で、手持ちにBluetooth対応なポタアン「Sound Blaster E5」があるので、これを利用することに。

 スマホとBluetoothで音楽試聴…というと、最近ではBTヘッドホンやBTスピーカーなどが人気。
 ところが「できるだけよい音質で…」となると、なかなか難しいのが現状です。

 Bluetooth機器で効く場合、「接続方式」が重要になります。
 現状、利用可能な以下の通り

・SBC:普通のBT接続。
・AAC:高音質接続。主にApple製品
・LDAC:高音質接続。主にソニー製品
・aptX:高音質接続。Appleとソニー以外

 音質:SBC<<<<< AAC <= aptX <<<< LDAC

 まずSBCは問題外。SBCで聞くなら直結でいい。
 AACとaptXは音質的には大きく変わらない。
 LDACはハイレゾ対応。ハイレゾ対応音源じゃないヤツを聞く分には、どっちがよいのかはよく分からん。

 うちのポタアン・E5が対応しているのはaptXとAAC。

 iPhoneが対応しているのはAAC。
 最近のXperiaはaptXとLDAC対応。(Z3あたりはaptXのみ)。
 一部のハイエンドスマホはaptX対応(キャリア系端末もだいたい対応)。
 Androidスマホの大半は「どれにも対応していない」

 そう、僕が購入を検討しているAndroidのスマホ、それも格安系は、ほぼほぼ「aptX非対応」。
 aptXに対応しているのは、Zenfone3などのASUS系ぐらい。あとは国産の富士通ARROWS系とか
 格安系だと、Huaweiはほぼ全滅。ZTEも多分ダメ。MOTO Zも非対応の模様。

 となると、Zenfone3買っとけばいいじゃん…となるのですが、個人的にはP9が欲しいんですよねぇ…。ライカに釣られた。
 僕に限らず、「AndroidスマホでaptX接続したいけど、Zenfone3以外が欲しい」なんて人も多少はいるハズ。多分。

 そこで注目したのが、上記の「BT-W2」です。
 こちらの製品は「USBオーディオ機器として作動するBletoothドングル」。
 つまり、接続機器からはUSBオーディオとして認識され、送り出された音声データをBluetoothで出力する…というもの。
 これを使えば、USBオーディオが使える機種なら問題なくaptXによるBT接続が可能になります。
 「USBオーディオ対応」というハードルはあるものの、aptX対応よりは遙かに低いハードルですし。

 Amazonのコメ欄だと主にPS4やPCとBTヘッドホンとの接続に用いられているようなのですが、仕様上はスマホでもいけるハズ!
 で、実際に購入して、手持ちのMediapad T2で試したところ見事に繋がりました。
 通常のオーディオデバイスと認識しているようで、どのアプリでも使用可能。ボリューム調整なども問題なし。
 音質的にもSBCや直結よりは明らかにイイ音で、十分実用範囲。

 これでaptX非対応スマホ端末でも、はれてaptXで使えそうです。
 やったね! ありがとうクリエイティブ!!

 気がつくとMediapad T2がaptX対応化してたり。
 新しい端末買わないで、T2だけあればいい気もしてきたなぁ…w

 なお、製品紹介には「スマホで使える」とは一切書いてないので、そのあたりは自己責任でお願いいたします。




Creative Bluetooth Audio
bluetooth USB transceiver
BT-W2




Creative Sound Blaster E5
ハイレゾ対応 iPhone/iPad対応 USB DAC
ポータブル ヘッドホンアンプ Bluetooth付き
SB-E-5


[ 2017/03/16 03:11 ] オーディオ | TB(0) | CM(0)

スマホとガラケの2台持ちを、通話定額キープでスマホ1台に変えたい 

 現在、僕のケータイ事情は

 データ通信用・web閲覧用のタブレット。
 何故か持ってるiPhone5。
 通話用のauのガラケー。

 の3台持ち。
 さすがに3台あると全部持ち歩くのが著しく面倒。

 ただ、タブレットは便利過ぎて手放すのがムリ。
 しかし、タブレットだけだと通話とかカメラ使うのが厳しいので、サブにスマホも欲しい。

 そこで、通話で使ってるauの更新時期がきたこともあり、通話専用ガラケーをやめて、通話重視のサブスマホを用意することにしました。

 で、端末も一緒に用意する必要があったので、「端末を同時購入しつつ、トータルでコストを押さえられる形」を探しまくることに。 
 総務省が余計なことしたせいで端末がクソ高くなって不便。料金下がらないし、結局割りが悪くなっt

 結果、候補に挙がったのは以下の3つ。

・iPhone6S:DoCoMo契約を大手量販店で1万5000円のポイント特典併用で購入。
・Zenfone3とか:MVNOのOCNで公式サイトの端末セット購入キャンペーンを使って購入。
・Zenfone3とか:ワイモバイルで、大手量販店の端末同時購入割引きを使って購入。

 それぞれについて考えてみます。

-------------------------------------------------------------------
 DoCoMoのiPhone6Sは現在猛烈に安くなっていて、端末価格は1万円ぐらい。
 そこにビックやヤマダのポイントをくわえることで総費用を抑える作戦です。

 DoCoMo契約の最安パターンは、カケホーダイライト1700円とデータパックS3500円。諸々いれて月額6000円(税込)ぐらい。
 MVNOやワイモバだと同等サービスが月3000円。
 差額は3000円。

 DoComoの場合、購入から14ヶ月経過以前にパケットパックを解約すると、解約金が約4万円かかります。
 14ヶ月だと4万2千円。ポイント特典が1.5万円分あれば37000円。

 つまり、37000円で新品のiPhone6Sが買える…と。

 かなりお得なんですけど、問題は1年たってから。
 DoCoMoを解約してMVNOで使おうとすると、契約解除料がさらに1万。
 データパックを外すだけなら解除料はかからないものの、iPhoneでのデータ通信が不可能に…。
 どっちにしても少々ややこしいことになります。

 iPhone6Sの購入手段として考慮する価値はあるかもしれませんが、そうでなければやめておいたほうがよさそうです。


-------------------------------------------------------------------
 次はOCNのセット割り。

 こちらは、OCNの音声通話SIMとセットで申し込むと、Zenfone3が3万円で買えるというもの。
 通常、Zenfone3は3.8万ぐらいするので、8千円ほど安くなります。

 Zenfone3の他にもP9Liteとか、Huaweiの新機種であるNOVAなんかも割引き対象になっていて、好みの端末を選べるのもポイント。

 OCNの音声通話定額サービスは「1回10分までの通話が無料。回数は無制限」というもの。
 完全定額ではないものの、10分あれば大抵の通話はカバーできますし、10分を越えても30秒10円と、従来の半額でかけられます。

 唯一の問題は定額通話が専用アプリを用いたプリフィクス型(プリフィクスにつていは、ググるかこのエントリ末で)ということ。
 そこが気にならなければ、なかなか便利だと思います。
 契約縛りも6ヶ月なので、気に入らなければ、比較的短期間で止められますし。


-------------------------------------------------------------------
 最後はワイモバイル。
 ワイモバのプランはデータ料によってS/M/Lの3タイプがあります。

 S:2980円/1G
 M:3980円/3G
 L:4980円/7G

 で、ワイモバイルは各種キャンペーンをいろいろやっています。
 キャンペーンでコストは下がる分、料金体系がちょっと複雑です。

 最初の1年は基本料金が1000円引き。端末同時購入の場合、最初の2ヶ月はMプラン契約必須、それ以降はSプランへの変更可。
 最初の2年はデータ容量が2倍、つまりSから順に2G/6G/7Gに(各月ごとにwebでの申込必要)。
 ガラケーを下取りしてもらうと最初の1年は400円ぐらい/月の割引きあり。

 どれも期間限定なので、それが切れると料金がアップします。
 めんどくさければ、最初の1年は1980円で10分通話し放題、2年目は2980円になると思ってきましょう。 

 サービス内容と値段はOCNとほぼ同じ。
 違いは「プリフィクスを使っていないため、大手キャリアと同じ感覚で使える」「OCNがDoCoMo回線なのに対し、ワイモバはソフトバンク系なので使えるエリアに違いがある」などです。
 プリフィクスじゃないのは、けっこう大きい気がします。

 ワイモバは料金的・品質的な面でもイイ感じなのですが、もうひとつの大きなメリットが「端末を安く買える」こと。
 大手量販の同時購入割引きを使うと、Zenfone3が1万3千円、P9ノーマルが2.5万円、Mate9が4万円ぐらいで買えます。P9liteなんかは1円です。
 激安。

 デメリットは契約縛りが25ヶ月と長いこと。
 解除料は1万円。さらに2年以内の解約だと端末割引きの解除料もかかります。
 1年で割引額の半分程度。Zenfone3だと1万円ぐらいになります。

 とはいえ、最初の1年は1000円引き併用で基本料がかなり安くなりますし、端末負担分も、もとの価格設定が低くなっているので、解除料を払ってもトータルでは普通に買うよりお得になりがちなことを考慮すれば、それほど大きなリスクではないと言えます。
 気分的には面倒ですが。

 というわけで、定額通話プランが欲しくて、なおかつ端末も安く購入したい場合、ワイモバイルはかなり有力です。

 僕は、ソフトバンクが苦手なのでちょっと二の足を踏んでますがw
 
[ 2017/03/03 10:48 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

「スーパーマリオラン」を遊んでみた。従来のマリオらしさに溢れたスマホゲーム 

 任天堂のスマートフォン向けゲーム「スーパーマリオラン」を遊んでみました。

 一言でいうと「よくできた小粒マリオゲーム」です。

 スマホというハードの特性を考えて、操作が極力シンプルでありながらも、マリオ本来の「実はけっこう厳しめのゲームバランスで、クリアできたときの達成感が気持ちイイ」という魅力を、見事に表現しています。

 簡単なミッションから始まり、クリアすることで徐々に難しいミッションがオープンしていくのも、征服魂を刺激されます。

 また、「頑張ればできそうだけど、簡単にはムリ」というミッションの難度設定が絶妙。
 ついつい連プレイしたくなります。

 ゲーム内容は、ざっくり言うとタイムアタックもの。
 で、通常タイムアタックというと「正解ルートが早々に判別できて、あとはそれをいかに正確に駆けぬけるか」というタイプが多いのですが、マリオランは分岐が多くて、しかも「どちらが正解なのか分かりにくい」。

 つまりプレーヤーはルート構築部分から考えないといけない。
 さらに、その構築プロセスも「どっちにいっても似たようなタイムでクリアはできる。でも最速を極めるなら両方をきっりり比較して選択しないとダメ」というさじ加減になってます。

 さっくり遊びたい人にも、やり込みたい人にも、それぞれに向けた解答を丁寧に用意しておく。
 この辺りの任天堂の開発力は、さすがとしか言いようがありません。。

 ”CSタイトルとして見れば”1200円は格安ですし、無料分だけでもかなり遊べます。
 この内容で「ボリュームが少ない」って批判は、ちょっと可哀想かなと思います。
 ていうか「ステージクリアすると、より難しい課題が提示される」という、マリオお馴染みのシステムなんで、さっと遊ぶだけ遊んで、実は要素が追加されていることに気づいてないだけって気もしますが…。

 というわけで、個人的には「とてもよくできたスマホ用のマリオタイトル」だと思います。
 というか、プラットフォームがスマホというだけで、それ以外は、まさに「任天堂が作ったマリオのアクション」といった作品かと。

 無料部分をプレイするだけでも、どんなゲームなのかはよく分かるので、マリオをはじめとする横スクロールアクションが好きな方は、試しにプレイしてみてはいかがでしょうか。


おまけ。スマホゲームとして見た時の「スーパーマリオラン」

[ 2017/02/13 16:59 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

暇だったので「非課金で気楽に遊べるスマホゲーム」を探してみた 

 暇つぶし用のスマホゲームを探してます。
 なかなかないですね…。オススメあったら教えて下さい。

 つか、ずっと探してはいるんですけど、どれもこれも続かないというか…ぶっちゃけつまらない。
 つまらなさの原因は、概ねアイテム課金とガチャ前提のシステムのせいなんですが…。
 毎回言いますが、料金徴収システムがゲームデザインにずっぽり足を突っこんでいると、面白さが激しく犠牲になる気がしてなりませんねぇ…。

 と、文句ばっかり言ってもしょうが無いので、ちょいちょい気になったタイトルをプレイしています。

 僕のスマホゲー選択基準は以下の2点。

・キャラゲーの場合、非課金でもある程度のペースでキャラ追加可能。
 ガチャ以外でキャラ増やせるならそれでいいですが、実際そんなタイトルは少ないので、要は無料でレアガチャをそれなりにひけるモノに限る
 ちなみにガチャに課金する気はゼロ。
 遊んで面白ければ、ガチャ以外の課金はするかもしれない。

・ガッツリ楽しむ気はないので、手軽なヤツ。
 正確に言うと「ガチャや沼課金しないと本格的に楽しめないゲームはやらない」。
 つまり、ハマっちゃって廃課金するのがイヤだし、がっつり遊びたいけど課金どうしよう?の狭間でイラつくのもヤなんです。
 なら、最初から「ハマらない程度の手軽に遊べるヤツで済ませる」という選択に。

 ハースストーンは廃課金じゃなくても遊べますが、新カードリリースに付いていくことができず離脱。
 シャドバも同じっぽいですが、ハースで折れたのでパスorz


 というわけで、以下、最近プレイした6タイトルの評価というか報告。
 オススメは「グラブル」「白猫」かなぁ。無難ですが。
 個人的には「セブンナイツ」やってますが、課金煽りがけっこう強めなので、その辺をうまく処理できないと厳しいかもしれません。

[ 2017/02/04 04:53 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(5)