本が売れなくて出版の未来が厳しいらしい…「モノを買う意味」を考える 

 ヤフーニュースでこんな記事を見かけました。

エンタメの未来が危ない!作家・有川浩が決意の緊急提言「新刊本を買う意味」

 中身を思いっきり要約すると
「本が売れないと作家・書店が儲からなくて、作家が消えて本が出なくなったり街の本屋が潰れてなくなったりするかもよ」
 ということ。

 で、僕は一応出版系の仕事をしているのですが、身内の人間からすると、これは
 かなり切実な話です。

 出版不況ということが叫ばれて久しいですし、多くの人も「本が売れなくなっている」というのは気がついていると思います。
 本が売れなくなっているのは、いろんな理由があると思うので、そのことについての是非をどうこう言う気はありません。
 「本が売れない」のは時代の流れなのかもしれません。

 ただ、その結果として「本が出なくなる」という状況が、思っている以上のスピードで進行しつつあるというのは、とくに本が好きな方は、知っておいたほうがいいかなぁと思います。


 以前と比べて本が売れなくなった結果、出版社は「売れる本しか出さない」という傾向が強まっています。
 昔は出版社に体力があったので「売れるかもしれない本」も積極的に作っていました。
 10冊本を作り、9冊コケても1冊ヒットすれば、会社全体の収支はプラスになったので、それが可能だったんです。
 売れないかもしれないけど、作り手が作りたい本をワガママに作れた…と言えるでしょう。

 しかし今では「そもそも”1冊”がヒットしない」うえに、「ヒットしても小粒なので、売れなかった分を支えきれない」のが現実です。

 そのため、出版社側は「確実に当たりそうな本」を狙って作るようになります。
 すると、どうなるかというと「冒険をしなくなる」のです。
 つまり「すでに売れている本の模倣」や「過去の成功体験をベースにした組み替え」といった内容ばかりになります。

 これを続けていると、コンテンツの新陳代謝がなくなって、どんどんマンネリ化していきます。
 作っている方も、それがダメな道なのは分かっているのですが、だからといって理想を追いかけたら会社が潰れてしまうのでどうしようもないんです。

 オタク向けのマンガやラノベは、この傾向が分かりやすいんじゃないですかね…。
 最近のマンガは、分かりやすい記号や目立つ仕組みを取り入れたモノばかりになっていますが、あれって「新しいことをやって冒険する余裕がない」からなんです。

 また、マンガや小説の場合、新人さんへの投資もかなり絞られてます。
 昔は一人の作家をじっくりと育てる余裕がありましたが、いまはそんな時間もお金もありません。
 安い原稿料で次々とデビューさせて、うまくいきそうならヨシ、だめならすばやく見切って次にうつってしまいます。


 他にもいろいろ書きたいことはあるのですが、長くなるので割愛w

 ともあれ「お金が回らないコンテンツ」は、製作にお金も時間もかけられないのでクオリティが下がりがち。
 いっぽうで数が売れないので単価は上がっていきます。

 つまり現在の出版業界は「質が下がって値段は上がる」という状況なんです。

 「昔よりつまらないのに値段は高いとか、バカらしくて買ってられない」
というのが当たり前の反応ですが、値段を上げないと赤字になってしまうためやむを得ません。
 それが世間から受け入れられなくて売れなくなれば、本を出すこと自体をヤメるしかないわけです。

 さすがに「マンガや小説が全滅する」とは思いませんが、今のような「溢れんばかりの作品の中から好きなものをえり好みできる時代」は、遠からず終わってしまうかもしれません。
 まぁテレビのように「広告収入による無料モデル」が当たり前になる可能性もあるんですけど。

 ともあれ、「モノにお金を払うこと&払わないこと」が、どういう状況を生み出すのかについて、少し思いを巡らせてみるのも悪くないかなぁと。
 高いと思うものにお金を払う必要はまったくないですが、自分が欲しい物はいったいどれほどの価値があるのか、「高い」と一言で片付けてしまうほどの価値しかないのかを、いちどじっくり考えてみることも大事かと。

 本に限らず、ゲームでも音楽でも、コンテンツをタダで大量に得られるようになった時代だからこそ、なおさらね。
[ 2016/03/07 10:34 ] いろいろ | TB(0) | CM(4)

クロスバイクが欲しいので、気になるヤツを並べてみた 

 クロスバイクが欲しいです。
 ホリゾンタル、クロモリな、ややロード寄りなヤツ。
 今乗ってる奴がだいぶボロボロになってしまいまして…。

 で、いろいろ探しているんですが、せっかくなんで「欲しいなー」と思ったヤツを並べてみようかと。
 ちなみに、僕は自転車の知識とかそれほどないので、あくまで「個人的に欲しいなー」と思ったヤツです。パーツの差がどうとか、フレームの性能がどうとかはよく分からんw

 最初に、個人的な「クロスバイクを選ぶときの心得」みたいのも書いてみます。

1:最低ライン
 日本円で5万円以上。
 これぐらい出せば、そうそう「ハズレ」はないはず。

 逆に3万台だと、見た目がクロスだけど中味はママチャリ…みたいな、いわゆる「ルッククロス」が混じってきます。
 4万台でもだいたい大丈夫だと思うんですが、4万はけっこう玉石混淆なので微妙な感じ。


2:見た目
 これ大事。
 多少の性能差は見た目でひっくり返ると信じたい。
「持ってる喜び」を感じられる方が、大事に乗れるし、乗ってて楽しい。

 もちろんスペック的な部分も満足感に大きく寄与するんですが、やはりぱっと見たときの印象が一番大きいです。
 とくにクロスバイクの場合、そもそもの性能差が極端に大きいワケではないし、乗っているときも限界走行するわけじゃないので性能差が出にくい。

 まず、見た目である程度しぼりこみ、そこからディテールで比べていく…これが間違いが少ないと思ってます。


3:ディテール
 似たような値段でも、細かく見ていくとけっこう違うのがクロスバイク。
 気にしていくとキリがないわけですが、あえて言うなら

 街乗り程度なら、ディテールが決定的な差になることはそうそうなさそう。

 スピードより快適さを求めるのならアップライトな姿勢のものがよい。
 速さを重視するならタイヤは25Cがおすすめ。
 ディレーラーはハイグレードな方がシフトがスムーズ。
 ブレーキはテクトロよりシマノ。

 全部そのとーりでしょうけど、でも「そうじゃなきゃダメ」って程じゃない。
 もちろんディテールを追求していくことが大事というか、それこそが買い物の醍醐味なワケで、思う存分楽しんで頂きたい。

 でも、ある程度悩んだら、あとはスパっといっちゃっていいかと。
 そんな細かい違いを、認識してかつ許容できないほど、自転車に造詣が深いわけじゃないんで。
 あと、クロスバイクの場合は、パーツの調整や交換でカスタマイズもできますしね。


4:予算は余分に
 クロスバイクは、スタンドや鍵、ライトが付いていないので、別途買わなきゃいけません。

 クソ安いので揃えても2000円ぐらい。
 そこそこのヤツで揃えると5000円~1万円ぐらいします。
 
 なお、鍵だけはある程度しっかりしたヤツが欲しい。1000円以下の細いワイヤーとか、ペンチで切られそうで安心して離れられないw
 1000円ぐらいのU字と2000円ぐらいのチェーンが最低ラインですかね。


5:ロードかクロスか
 よくネットで見かけるのが「クロス乗ってるとロードが欲しくなるから、最初からロード買っちゃえ」という意見。

 ちょっと極端すぎかとw

 街乗り用途のクロスバイクとスポーツ用途のロードバイクは、目的が違いすぎて同じ土俵に乗せちゃダメなよーな。
 絶対的な性能で言えば、ロードバイクがクロスバイクの上位にいるのでしょうが、その反面、手軽さや取り回しの良さ、コストパフォーマンスなどは劣るはず。

 少なくとも「街で気軽に乗る足」として考えると、ロードがクロスに勝るとは思えませんし、そういった使い方をする限り「ロードが欲しくなる」ことは少ないはず(絶対ないとはいいませんが)。

 ロードが欲しくなるのは「もっと速く走りたい」とか「ツーリングで隣の県まで行ってみたい」みたいな、スポーツライクな願望を持ってる人かと。

 つかね、用途うんぬん以前に、お値段何10万20万オーバーが当たり前のロードバイクを、街中で乗ってそこらに止めて遊びにいくとか、ソワソワしちゃって楽しくないでしょ?
 僕には無理w

 では、以下、クロスバイク紹介です。

[ 2015/02/02 13:06 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

引っ越し代とか電気工事代が言い値すぎるなと思った話 

 今回は雑談です。

 引っ越しました。
 で、引っ越し業者に見積もり頼んだんです、3社ほど。

 1社目は大手で初回見積もりが6万円。
 2社目もまぁまぁ大手で4.8万円。
 3社目は聞いたことがないところで、他社の価格を言ったら「無理」と撤収。

 で、1社目に2社目の価格を伝えたら4.7万円にプライスダウン。

 まぁ仕方ないことではありますが、1万円以上のプライスダウンがあっさりと成り立ってしまうというのは、なんとも微妙な気持ちでした。
 複数見積もり取るのは必須だと思いましたわ…

 ちなみに引っ越し代を安くすませるコツのひとつは「日時を指定しない」事。
 そうすると、引っ越し屋は「うまっていない時間」を利用することができるので、安い値段で引き受けてくれます。

----------------------------------------------------------
 あと、引っ越し先でちょっとしたコンセントの工事が必要になったんで、電気業者に頼むことに。
 webで見つけたいくつかの業者に、電話で値段を聞いたところ「4000円から」と言われたので、とりあえず頼んでみることに。

 正直、4000円じゃ来てくれる人の時給にもならなそうなんで、「絶対追加料金かかるんだろうなぁ…」と思っていたら、案の定「1万2000円になります」と言われました。
 もともとそれぐらいはかかるだろうと踏んでいたので、1万円に値引いて支払いましたが、この手の「訪問工事」は値段の透明性が低すぎるのが困りもの。

 ちなみに、電話した3社のうたい文句ですが

・出張無料。調査作業料は4000円~
・コンセント工事4000円~
・現地調査無料。工事は3500円~

 ここで気をつけたいのは、上の2社は「出張見積もりが無料」とは言っていないということ。
 とくにまぎらわしいのは1つ目で、出張は無料とありますが、「調査」は有料なので、見積もり(=調査)をしてもらった時点で料金が発生してもおかしくありません(電話で確認したら「発生する」と言われました)。

 電話で「コンセント工事は4000円」と言われたから4000円で済むモノと思って来てもらったところ、「別の工事も必要」とか「部品代が別途必要」となって予算をオーバーしたので工事をキャンセルした場合、「見積もり無料」と明記していない上の2つは見積もり料金を請求される可能性が高いです。

 つまり「電話で4000円と言われた」→「現場で工事費が1.5万円に跳ね上がった」→「高いから断る」→「見積もり作業費として4000円請求される」という流れに。

 なんという分かりにくさwww
 たぶん、意図的に分かりにくくしてるんだろうなぁ…と思わずにはいられませんでした。

 電気や水道の工事は、相場感が分からないし、どうしても言い値になりやすいので、気をつけないと思わぬ額になりやすいんだろうなと痛感。
 家の修理などで出張工事を考えている場合は、webで料金を見るだけでなく、とりあえず「見積もり無料」と謳っているところを探して、きちんと見積もりを取ってから依頼することを強くオススメします。


[ 2014/11/10 18:34 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

XPモードでディスクが共有できない→Windows Updateのせいだった 

 xpモードでトラブったので、ちょっとメモ。

 xpモードで突然、統合機能によるHDDの共有ができなくなりました。
 統合機能は有効になっているものの、ドライブが表示されない。

 どうもネットワーク回りの処理が怪しくなっているようで、いろいろ調べてみたところ、原因は先日のWindowsのアップデートで適用された

 KB2592687

 という更新プログラムにあったようです。内容はリモートデスクトッププロトコル8.0の更新。

 これを「プログラムと機能」→「インストールされた更新プログラム」からアンインストールすると、XPモードでのドライブ共有が可能になりました。

 KB259687は、2012年11月の更新プログラムのようなのですが、1ヶ月たった今もxpモードで発生する不具合の方は放置っぽいんだよな…。
 まめなアップデートも考え物ですね。
[ 2012/12/26 14:50 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

同人活動が著作権違反で捕まる可能性について適当に考えてみた 

 先日、とあるまとめサイトで

嫁がBL同人でサラリーマンの収入位稼ぐようになってきた。気持ち悪いので離婚したい。

 なんて記事を発見。
 エントリの本題である離婚云々については「好きにしろ」としか思わなかったんですが、「一般の人が同人活動における法的リスクを嫌がる」という部分をみて、あらためて「同人活動と著作権」について考えさせられました。

 せっかくなので、同人誌と著作権の問題について書いてみようかと。

 実際に「罪となるかどうか」を考え出すとややこしいことになるので、その手前の「実際にどんなことが起こりうるか」だけにしぼってみました。

※なお、僕は法律は素人で、同人活動の著作権問題についても徹底的に調査・検討したワケではありません(この記事は半日ぐらいで書かれています)。
 なので、法律部分については、あくまで「感想・印象」程度でしかありません。より詳細・正確な情報を知りたい場合はネットや図書館で調べたり、いっそ公的機関や弁護士に当たってみる事をオススメします。
 疑問に思うところ、間違っているところがあればコメント欄で伺えればと思います。


 まず前提条件から。
・オリジナル作品をベースに創作した作品(いわゆる二次創作物)は、著作権法違反に問われる可能性がある。

・著作権法違反は「権利者が訴えなければ裁判沙汰にはならない」という親告罪なので、原作の権利をもつメーカーや作家に訴えられなければ捕まることはない。

・基本的に、権利者は同人活動を「黙認」している。あくまで黙認しているだけで許可を出しているわけではない。

・近年は、権利者の一部が「同人活動」を許可していているケースもある(リーフ、クリプトン等)。ただし無制限に認めているワケではなく条件があるので要注意。

・同人誌が著作権法違反で訴えられた例は極端に少ない。(僕が知る限り、過去に逮捕された事例は「ポケモンの同人誌」だけです。逮捕までいかず権利者から警告を受けた例はもっとあると思われます。)

・刑事告訴ではなく民事訴訟を起こされる可能性も否定できないが、オリジナルをまるまる複製するような内容でも無い限り考えにくそう。

 簡単にまとめると、こんなところでしょうか。
 で、「実際に逮捕されるかどうか?」を考えると、現実的にはその可能性はかなり低いと思います。

 まず、出版社側が告発をめんどくさがると思います。
 同人誌を売られても出版社側のデメリットってあんまり無いんですよね…。エロ同人だされると作品のイメージが傷つくってのはありますが、数千部程度であればたかがしれてますし。
 また、告訴することで一部ファンの間でメーカーに対する嫌悪感が広がる可能性を嫌がるってのもあると思います。
 よく言われる「宣伝効果があるから同人誌はメリットでもある」については、個人的には理解しづらいのですが、例えばコミケで一大ジャンルを築いたり、大手が取り上げることで、作品の認知度が上がるってのはありそうです。

 あと、出版社も「モノ作り」をしている会社ですから、同人誌を作っている人の「モノを作りたい」って欲求に対しては好意的だと思うんですよ。少なくとも、僕の知っている雑誌の編集さんにはそういう人が多いし、作家さんの同人活動に対しても、寛容なところがほとんど。
 つまり「同人活動」自体は全然オーケーというスタンスなわけです。なので、訴えるとしたら「金儲けが酷すぎる」とか「内容が目に余る」といったケースになるんじゃないかなぁ。

 さて、次に出版社がそういっためんどくささを乗り越えて訴訟を検討したとしても、いきなり逮捕・裁判とはならず、事前に「販売停止」とか「謝罪・賠償金請求」といった連絡がくることが多いと思われます。

 ただしこれは権利者側の考え方次第なので、いきなり刑事告訴されて逮捕されるってケースも否定できず、権利者側の善意に頼りすぎるのは危険かもしれません。例えば権利者の方がロリが大嫌いな人だとしたら、ロリ陵辱同人誌に猛烈な嫌悪感を覚え、問答無用で告訴するということもあるかもしれません。
(詳しく無いので分からないのですが、仮に親告されたとしても、100%刑事事件化されるかどうかは分かりません。多分「絶対」ではないと思いますが…。逆にロリ陵辱とかだと近年の児童ポルノ対策がらみで警察も積極的に動くことも考えられます。ちなみにポケモンのときはいきなり逮捕だったようです)


------------------------------------
ダウンロード販売について
------------------------------------
 あと、これからの同人活動では「ダウンロード販売」もよくよく考えないとマズいとおもいます。
 企業が同人活動をスルーしている理由の一つに「規模が小さい」ってのがあるはずです。つまり「ファン活動であって営利ではないから黙認しよう」というもの。
 これは「限られた場所」で「限られた期間」のみの販売活動というのが大きいでしょう。もちろん今までもwebサイトでの通販やアキバの同人ショップなどで売られてはいましたが、規模としてはまだ無視できるレベルだったと思うのです。(個人的には、アキバの同人ショップでの販売は本当にギリギリのラインかと。っていうかアレはいつ訴えられても不思議じゃないレベルだと思う)

 しかしショップサイトを利用したダウンロード販売となると話が別です。不特定多数に猛烈な数の配布・販売が可能となります。
 現状ではダウンロード販売という手法がそれほどメジャーになりきっていないこともあるので大きな心配は不要だと思いますが、今後の推移には注意が必要でしょう。

 なんにせよ、売り方の規模が大きくなってくればくるほど、法的なリスクは跳ね上がっていくと思われます。


------------------------------------
「逮捕」と「無罪」の境
------------------------------------
 同人誌と著作権について、覚えておきたいのは、仮に著作権違反で民事訴訟されたり刑事で逮捕されたり…とくに逮捕の方ですね…すると、有罪にならなくても大きなダメージを受けかねないってことです。

 逮捕となれば家宅捜査されたり拘留されたりと、それだけで実害が出ます。裁判で精神的・経済的な労力を払うことになり、会社や親族間、さらには子供も含めた地域社会での立場が悪くなることも考えられます。
 冒頭の記事のように、そんなリスクをかかえてまで夫婦生活を続けられない、頼むから止めて欲しいと考えるのも無理はないかもしれません。

 もちろん、現状で実際に逮捕されてしまう可能性は少なく、神経質になる必要はないと思いますが、「ポケモン事件」という前例もあり100%安全とは言い切れません。
 さまざまな可能性とリスクを考慮し、一度自分の中で消化ておけば、万が一何かあったときでも自分の行動に責任を取りやすいし、事態への対処も容易になるのではないでしょうか。
「今までは大丈夫だった」からといって「これからも大丈夫」とは限らないですしね。


----・--------・--------・--------・--------・----

 あえて逮捕されやすいケースを妄想すると「ロリエロとか陵辱エロみたいな内容が超きわどいヤツで、かつハデに売れてる超大手」ですかねぇ…。倫理的にも商業的にも突っ込みどころ満載…みたいな。
 もしくは、親告する側が「見せしめ効果」を狙うのであれば、あえて超マイナーな個人サークルを狙い撃ちして「こんなところも告発されるのか」とか、どっかのプロ作家の同人活動を引っ張ってニュース効果を考えるかもしれません。

 あぁ、エロの場合は猥褻関係で捕まるって可能性もなくはないっていうか、むしろ昨今の状況を考えるとそっちの方がリスクでかいかもしれませんねぇ…。

 そうそう、最近は「著作権違反の非親告罪化」という話題もあります。
 これが実現化すると、今までと比べ逮捕される可能性が跳ね上がると思われ。
 詳しく書くとさらに長くなるのでスルーしますが、気になる方はいろいろ調べてみるとよいかと思います。


【関連リンクいろいろ】

[ 2012/10/31 17:22 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

「アメージング・スパイダーマン」をMasterImage方式の3Dで見てきた 

「アメージング・スパイダーマン」を見てきました。

 僕はスパイダーマンってあまりよく知らず、前作も「見たけど内容は覚えてない」程度のレベル。
 今作も「続編なのかなぁ…アメージングってついてるから別話なのかなぁ」とよく分からずに見に行ってみたり。
 まぁたまたま映画の日だったからなんですけどw



 なんでも1~3の監督であったサム・ライミが降板することになり、今回からは「リブートとなる新しいスパイダーマン」だそうです。

 アメージングで一番良かったのはアクションシーン。ハイスピードでぶん回しながらもシーンごとの止め絵的な構図の美しさが素晴らしかった。
 見てたら時代劇の殺陣とかカンフー映画を思い出しながら「今はハリウッドのアクションが一番カッコいいなー」とか思っちゃいました。
 個人的には、アクションの作り方というかセンス的な部分はサム・ライミ版より圧倒的に上でした。

 アクション以外のストーリーや全体的な雰囲気はというと、「清々しいまでのハリウッドアクション」という感じ。
「クセ」というか「アク」がまったくないw

 ビジュアル面では、サム・ライミのスパイダーマンはけっこう絵作りに毒というかとがった部分がにじみ出ていたのですが、アメージングはそういったものが一切ナッシング。
 ストーリーも定番的な進め方で構築されていて「サプライズ」というものがまったくありません。
 と、こう書くとつまらなそうですが、実際は

 かなりおもしろい。

サプライズとかなくても、丁寧に話を作っていけば、すげードキドキするしワクワクもできるんだなぁって思いましたわ。
 まぁ定番って、面白いから語り継がれて定番になったワケだから、ちゃんとやればつまらないはずがないのかも。

 あえて難を言えば、あまりに予定調和すぎて「これだ! という印象的なシーンが思い浮かばない」ってことでしょうかw
 見ているときは凄く楽しいし、スクリーンに引き込まれもするのですが、1日たつと記憶に残る部分があまりありません。

 まぁ、映画を見ている「その瞬間」をストレートに楽しみたい1本って感じです。


 あと何故かエンドロールで日本語の歌が流れます。
 どうもソニー系のミュージシャンの曲を使っているようですが(スパイダーマンはソニーピクチャーズ)、マジで止めて欲しいw
 本編無視でいきなり無関係の日本語の歌が流れてくるとか、余韻が台ナシだっつーのw
 最近、こういうの増えてるんですかね? あんまり効果があるとは思えないけど…。



 ちなみに、今回は池袋のシネマサンシャインで見たのですが、ここの3Dは「MasterImage」という方式だそうです。
 使うメガネはうっすらと色の付いた非常に軽い偏光メガネ。僕はメガネ着用者なのですが、重ねがけしても違和感なく鑑賞できました。

 この「MasterImage」方式は最近シェアを伸ばしている方式らしく、ネットでの評判はまずまずのようですが、個人的にはやっぱりIMAX3Dがオススメです。
 偏光メガネを使っている段階で、どうしたって明るさや彩度が落ちちゃうんですよね…。アクション映画のようなハデな絵作りのモノだと、3D化による明度・彩度の減少はバカにできない気がします。

 あと、立体感はやや弱めでした。MasterImageの特性なのか、アメージング・スパイダーマンの作り方によるものなのかはちょっと分かりませんが…。
 比較したいから、IMAX3Dでもう一回見てこようかなぁ…
[ 2012/07/02 23:12 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

WiMAXやイーモバイルの「最大5万円引き」って書き方はズルくね? 

 思いっきり日記記事なので、ひっそり更新。

 最近、薄型ノートが猛烈に欲しくて、ちょこちょこ電器屋行っては『Macbook Air』や『ZENBOOK』を眺めています。ガジェット的にはMBAが欲しいんだけど、実用性ではZENBOOKなのが悩みどころ。

 で、そのどちらにも、ヤマダとかビックだと値段のところに「イーモバイル同時加入で4万円サポート」とか「WiMAX同時加入で最大5万円引き」とか書いてあるんですよ。
 で、WiMAXなら入ってもいいかなぁと思って、店員さんに加入条件を確認したんですわ。

「すいません、これってどういう契約条件なんですか?」
「2年で毎月5600円(うろ覚え。だいたいの数字)の契約となります」

 え? 月5600円? すげー高くね? あれって通常4000円ぐらいだよね?

「えーと、仮に普通に入るとWiMAXっていくらなんですか?」
「月3900円(これもだいたい)ですね」
「ん? 5600円のコースって、3800円のコースと何か違うんですか? 速いとか」
「いえ、サービス内容は同じです」

 はい??? 同じサービスなのに1700円も高いとか意味が分からないんですけど。

「えーと…なんで値段が違うの?」
「割引させて頂く分、基本料金が少々お高くなってしまいます」
「???」
「月の差額が1700円ほどなんですが、それを2年分24ヶ月にするとだいたい4万円分でして、その分を商品代金から差し引かせて頂いています。それにプラスして純粋な割引として1万円分を追加して合計5万円引きとなります」
「は? つまり最初に4万円引く代わりに、その後2年間にわたって4万円分を割り増しで払うってこと? それって実際はカケラも割引いてないよね? ただの割賦払いじゃないの?」
「そういう形になりますね」

 って、しれっと答えんなよw ぜんぜん「最大5万円引き」じゃねーじゃんww しかもこっちが突っ込まなかったらそういう説明しなかったよね、池袋のビックカメラにいたWiMAXのおねーさんってば。

 ちなみにヤマダの割引もまったく同じ内容でした。

 割賦払い自体は携帯の販売方法では最近メジャーなので目新しくはないですが、それを「○○○円引き」って書くのは反則じゃねーの? 一応割引き分が1万円入っているって主張なのかもしれないけど、最大5万円って書き方はミスリードも良いところ。せめて「サポート」で統一すべきだろうと。

 とりあえず、その日は購入意欲が失せたので直帰しましたわ…。
[ 2012/01/06 23:55 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

ジュースを飲みまくって急性糖尿病になる人が増加中。飲むもの無いね! 

毎日何本もジュース飲む「ペットボトル症候群」の若者が増加中…1リットルのジュース=角砂糖20個

 清涼飲料水にはかなり多めの糖分があり、それを水代わりに毎日大量摂取することで、急激に血糖値が上がる「ペットボトル症候群」になってしまうそうです。

 ジュースを飲料水代わりに飲むなとなると、次に浮かぶのは「コーヒーやお茶」ですが、あれはあれでカフェインが入ってます。
 先日「カフェイン中毒の話」を書きましたが、だいたい「コーヒー3杯ぐらいを毎日長期間飲み続けると危険」って感じ。
 お茶と紅茶もコーヒーほどじゃないけどカフェイン多いから、お茶紅茶コーヒーだけで水分摂取しているとカフェ中毒のリスクアップと…。

 アルコールは最近だと「少し飲んでも発がん率アップ」って話もあるぐらいだし、体には良くない説が伸張中。

 コーヒーもお茶もジュースも酒もダメとか、もう飲むモノ無いね!


 となると、無難なのは「水」と「十六茶や麦茶などのノンカフェイン茶&ノンカフェインコーヒー」ぐらい?
 人工甘味料系も摂りまくるとヤバいって話がありますしねぇ…。

 まぁコーヒー&お茶と清涼飲料水を適当にローテーションして飲めばいいと思われ。適当に水とかも混ぜて。
 なんにせよ「単一のモノを摂りまくる」のは、思わぬ副作用が発生しやすいのかもしれません。


 そういや乳製品は発がん率がアップする、なんてニュースもあったなぁ…。


【おまけ】
[ 2011/07/14 14:38 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

バイオ3Dが中古対策? セーブデータ削除不可仕様に海外の小売りが反発 

 先日発売された3DS用ゲームソフト「バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D」ですが、実はこちら「セーブデータは一つだけ。さらに削除不可」という仕様とのこと。
 このため、海外の「新品返品制度」を採用している小売店がバイオ3Dの販売を見合わせようとしている、とのことです。

『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』の仕様に海外でボイコットの動き
EB Games Australia recalling Mercenaries from sale over save file debacle?

 いやー、このやり方は盲点だったわw
 ちなみに、海外版だけでなく、国内版もこの仕様とのこと(公式Q&Aに明記されてました)。

 持ってないんで具体的には分からないけど、多分「ニューゲームとかはOK。ただし隠し要素などのシステムデータの初期化は不可」ってことだよね? 以下、その前提。


 このやり方だと中古売買は厳しいですね。
 セーブスロット一つだから「中古の場合、まっさらな状態でプレイは不可能」ってことだもんなー。

 まぁ普通に遊ぶ分には「初期化」とかそうそう使わないといえば使わない。
「取り逃した場合、初期化しないと絶対取れない」みたいな要素があれば別ですが、わざわざこんな仕様にしたということはそういうケースは無いのでしょう。


 ただ、カプコンは「中古対策ではない」と言っているようですが、じゃあなんでそんな仕様にしたんだよ、という疑問は残るw どっかで説明してるのかしら?

 さっき「そうそう使わない」とは書きましたけど、消してイチからやり直したい人も少しはいるでしょうし、逆に「消せないこと」によるメリットは何もないでしょうから、ユーザーから見たら「デメリットしか無い仕様」にしてるとも言えるんですよね…。

 いっそ素直に「中古で売られると利益が上がらなくて困る。だからその対策です」って言った方がいいんじゃないかなー。「そういうことならやむを得まい」って納得してくれる人もいるでしょうし。

 その場合、中古店や中古ユーザーの反発はより大きくなるかもしれませんが、ぶっちゃけメーカーにとっては痛くも痒くも無いし。
 多少の企業イメージダウンというか反発はあるかもしれませんが、ほとんどの人はメーカーのイメージまで考えてゲーム買わないし。(僕はイメージで買わなくなりますがw)

 あえて言うなら「新品買って中古で売る人は買わなくなる」ってケースはあるかもしれません。
 その代わり「中古が無いから新品買う」って人は増えるし、「廉価版が出ても中古の方が安いから中古買う」って人も位無くなるので、トータルで見たらなんとも言えなそう。

 まぁ、これが中古対策になるようなら、今後、こういったスタイルが増えるかもしれませんね。
[ 2011/06/29 12:24 ] いろいろ | TB(0) | CM(1)

意外と身近? 「カフェイン中毒」になっていたので、カフェイン断ちしてみた 

 雑談。

 僕はアルコールが好きじゃなく甘いジュースも好きじゃない&お茶系は好きでも嫌いでも無いため、普段飲むものはほぼ「コーヒー一択」だったりします。
 だいたい、1日に1リットル前後は飲むかと。

 で、コーヒーといえばカフェイン。
 カフェインは体に良い説、悪い説が入り乱れてまして、実際のところどうなのかは良くわかりません。まぁ一日数杯飲む程度なら健康被害は発生しない模様。

 ただ、それとは別にちょっとやっかいな問題があります。それは…

 中毒性があること。

 ある程度の量を長期間にわたって飲み続けるとなるらしく、具体的な症状は「カフェインが切れると頭が痛くなったり気分が悪くなる」とのこと。
「ある程度の量」は人によって差があるのですが、目安はコーヒー4杯ぐらいでしょうか。

 まぁ中毒になったからといって、カフェイン切れによって生じる体の変調以外に害はなく、ぶっちゃけ一生カフェイン漬けになっていれば問題ないわけですが、自分がなにかの中毒かもしれないってのが単純に気持ち悪かったので、自分がカフェイン中毒なのかどうかを確かめるためカフェイン断ちしてみることに。


 余裕でカフェ中でした。


 いやー、カフェイン断って24時間たつと、ほぼ確実に頭痛がしやがります。
 タバコやアルコールのような依存性は無いらしく「カフェインを取らない」こと自体は簡単なのですが、とにかく頭が痛いので薬を飲む感覚で取らざるを得ないといったところ。

 カフェイン中毒はカフェインの摂取を減らすことで比較的簡単に直せるらしいので、とりあえずカフェインは頭痛が激しくなってきたときのみ摂取、それ以外は成城石井で買ってきたノンカフェインのネスレと麦茶でしのいでいます。
 今4日目ですが、頭痛はだいぶ緩くなってきました。


 コーヒーを常飲していてちょくちょく頭痛になる、なんて方はカフェイン中毒によるカフェイン切れを疑ってみるといいかも。
 中毒による頭痛は、コーヒーを一杯飲むことでかなり軽減されるそうです。

 なお、コーヒー以外にカフェインを含有するのは玉露、抹茶、煎茶、紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶、ココア、コーラとか。あとチョコも。
[ 2011/06/12 11:59 ] いろいろ | TB(0) | CM(6)

ハルヒの新刊を買ってきた。返本不可の買切商品で50万部ってスゴくね? 

 今回はゲーム関係でもニュースでもなく、思いっきり雑文エントリとなっておりますorz

「涼宮ハルヒの驚愕」発売へ-秋葉原では深夜・早朝販売も
「ハルヒ」新刊、ライトノベル最多部数

 本日、ハルヒの新刊が発売されました。前から随分時間たったなぁ…。

 正直言うと、間が空き過ぎたので興味はかなり減衰していたのですが、仕事的意味合いで読んでおいたほうが良いかなぁと思い買ってみました。

 本屋では普通に山積みでした。

 さて、ハルヒ新刊ですが、初版部数が51万3000部、前後編同発というか前後編セット売りのバラ売り不可という商品なので、累計で初版100万部を達成した商品となっております。

 で、正直50万部って刷りすぎじゃね? と思わなくもなかったんですよ。
 ハルヒ自体はめちゃめちゃ人気あって、シリーズ累計が国内800万部世界1650万部。9冊出ているので1冊あたり88万部。初回限定という大きな釣り餌もついているので、50万部は妥当な線かなぁと思いつつも、ハルヒ人気自体は絶頂期と比べればかなり落ち着いた印象ですからねぇ…。


 最初50万刷ったって聞いたときは「まぁ書店も話題作ってことで、とりあえず多めに発注したのかなー。返本リスクけっこうありそうだし、角川大丈夫かしら?」なんて思っていたのですが、買ってきた本を見ると、シュリンクにがっつり「分売不可・買切」の文字。
 どうやらハルヒ初回本は「買切商品」の模様。

「買切」てのはつまり「返品不可商品」のこと。
 一般的に書籍は「委託販売制度」というのがあって、売れなかった本は返品できるようになっているのですが、買切商品ではそれができない。
 つまり売れ残った場合は丸々「仕入れた書店の損」となります。ゲームと一緒ですね。
 最近では、ハリーポッターや水嶋ヒロの新作「KAGEROU」が「買切商品」ということで話題になりました。
(KAGEROUは買切ではなく責任販売制とのこと。返品可能だが仕入れ値65%、返品買取は55%となる。詳細はコチラ。)

 この買切システム、書店から見るとリスキーなことこの上ないのですが、一方でハルヒやヒロ君新刊の場合、書店が「取りあえず売れそうだから大目に発注して売れ残ったら返品すればいいや」とかやりかねない。
 それで売れればいいけど、期待を裏切って大コケしちゃうと、とんでもない数の返本が押しよせてくることになります。

 で、それを避けるために、ハルヒはあえて「買切」という手法をとったのでしょう。
 もし買切でなければ、もっと部数行ったかもしれません。まぁ返本される数もグンと増えたでしょうが…。

 逆を言えば、買切にも関わらず50万刷れちゃうハルヒさんマジスゲーと思いました。

買い切りのハリポタ売れ残りで書店が悲鳴
2chライトノベル発行部数スレまとめWiki
「特集 ライトノベル市場 大解明」より ライトノベル新刊発行データ
「委託販売」から「買い切り」へ 本の流通を変える様々な動き


--------------------------------------------------
 さて、ライノベ・漫画とゲーム、どちらも客層が似た商品だと思うのですが、かたや返本OK、かたや返品NGとなっております。

 僕は今まで「ゲームも返品OKにした方がいいんじゃね?」派でした。
 現状だとゲームショップが「売れ残り」を警戒するあまり、マイナータイトルの出荷数がかなり制限されていると思ったんです。
 実際、最近では、小さなゲームショップのみならず、大きめの量販店でもマイナータイトルは置いてないことが多くなってきましたから。

 ただ今回のハルヒやハリポタのケースを見ていたら「返品可にすると、今度はメーカーのリスクが増えすぎるのかぁ…」って気もしてきたんですよねぇ…。
 アメリカなんかは返品による収益悪化ってニュースもあるようですし。

 あっちを立てるとこっちが立たずで、いろいろ大変だよなぁ…。
 まぁこの辺の事も鑑みると、ゲームはデジタル配信への流れがが加速していくのかもしれません。アレなら返品リスクとか考えなくていいし、在庫売り切れによる販売機会の損失も少ないですからね。

 まぁゲーム屋にふらっと入って「なんとなくおもしろそうなゲームを買う」ってのができなくなるのも寂しい気もしますけど。
[ 2011/05/25 17:10 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

かなり便利な「e-Tax」。覚えておかないとダメなものが多いので注意【メモ】 

 今回はただの個人的メモっぽいエントリとなりますorz ゲーム関係の情報とかあまり無いんです。


 さて、昨日は確定申告の日だったワケですが、ここ数年は電子申告「e-Tax」を利用しております。

・締め切り間際のクソ混んでいる税務署で並ばなくてイイ。
・添付書類の提出をしなくてイイ。
・書類を書かなくてイイ。
・24時間受付なので締め切りギリまで粘れる。

と、イイこと尽くめなので、個人的にはオススメです。
 カードリーダーが必須だったり、公的認証システムの導入がやや分かりにくかったりと、多少の煩雑さはありますが、それを乗り越えるだけの価値はあるかと。

 そんなe-Taxですが、僕は毎年毎年、入力に必要なデータを忘れてしまい、再発行の手続きに追われてしまいます。
 そんなワケで忘れちゃいけないものをメモ。

・カードの暗証番号
・電子証明書の暗証番号
・利用者識別番号
・利用者識別番号の暗証番号

 以上4つ。
 カードの暗証番号は無くても大丈夫かもしれません。

 ちなみに、どの番号も忘れてしまうとオンラインでの再発行はできません。またカードの暗証番号は数回間違うとロックがかかって使用不可になります。
(ロックかかるのがカードか証明書かは覚えてないです…。回数は自治体によって違うらしいが3回~5回ぐらいが多い模様)

 カードの暗証番号は最寄りの市役所などでの再設定が、利用者識別番号はオンラインで申請できますが、通知は数日後に書面で届く仕組みになっています。

 なので、15日になって慌てて作業を始めたときに番号紛失に気がついても、その日の申告はできなくなります。
 僕は、去年は3日前にカードをロックさせ、今年は土曜日に利用者識別番号の再申請を行いと、毎年なにかしらトラブってますorz

 もう今年から全部書いた紙をカードと一緒に袋に入れておくことにしました…セキュリティ的にはアレですけど、年に1回しか使わないから、別々にしておくとワケ分からなくなるんだよね…。


 e-TaxのためにICカードリーダーを購入したのですが、コレ使ってネットの電子決済とかができるようになると便利なのになー。クレカを使いたくないケースもちょこちょこありますしね。
[ 2011/03/16 13:58 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

「ラブプラス」の3DS版が発表! カノジョが3Dでリアルに&高解像度で美しく 

『Project ラブプラス for Nintendo 3DS』発売決定

 3Dで「ラブプラス」キター!!

 まぁ3DSが発表された当時から「コレでラブプラス最強じゃね?」という声が上がっていたわけで、まぁ3D表示にはもってこいだよなぁ。3DだけじゃなくてAR機能(拡張現実)とかもうまく使えばヤバげだし、3DSでさらに強まったネネさんたちとラブリーな日々を送れそうです。



 3Dのインパクトが強いんで見逃していましたが、高解像度化によるグラフィッククオリティの向上も素晴らしいかと。ベース部分での性能アップによる恩恵も大きいんだなと改めて感じました。

 このPV見て思っけど、画面サイズが違うから縦位置だと使いづらいかもなーw
[ 2010/09/30 16:11 ] いろいろ | TB(0) | CM(1)

映画「アバター」が素晴らしくおもしろかったので感想文 

 今日はちょびっと体調不良なので駄文で更新っと…
 先日「アバター」を見てきた感想です。



 正直、最初はバカにしてたんです。よくあるハリウッド系ファンタジーだろうと。見た目はスゴそうだけど中身の薄~い作品で、見たらスグ忘れるに違いないと。
 まぁ3D映画を見たことがなかったんで、どんなものかこの目で見ておきたかったというのが動機。あぁ、あとFFの3D映像にもちょっと興味があった。

 しかし、それは大きな間違いでした。

 めちゃくちゃおもしろかったです。

 ここ1年のベストムービーと言っても過言ではないクオリティ。

 ストーリーの方は、それほど凝ったモノじゃありません。
 大体全部予定調和するステレオタイプ的なストーリーラインだし、伏線もめちゃくちゃ分かりやすいっていうかむしろネタバレレベル。最初から最後まで「予測が裏切られる」ことはありませんでした。むしろ全て予想どおり。
 もっとも、決して「つまらない」ワケではなく、むしろ定番ストーリーながらも充分楽しめるように仕上げられていると思います。

 で、軽くストーリーをフォローしましたが、この映画の魅力はストーリーではなくて、むしろ映像美。

 スゴイというか美しい。

「息をのむような景色」とでも言うのでしょうか。
 物語の舞台となる惑星パンドラの自然を、それはそれば美しく表現しています。なんか言葉で説明するのがめんどくさいぐらいw とりあえずそういうのが好きな人は見ておけと。

 僕はどちらかというと風景映像は人工物系の方が好きなのですが、アバターの自然風景はそんな好みを軽く吹っ飛ばすぐらいよかったです。

 強引にまとめるなら、並のお話を映像的な美しさによって「おもしろい映画」に変貌させているとでもいうのでしょうか。
 ありきたりな物語がダメな人にはオススメできませんが、映像美だけでお腹一杯になれる人や、正統的なファンタジー映画が好きな人なら押さえておきたい1本だと思います。


 ゲームでいうとWarcraftのナイトエルフが一番近いイメージ。和ゲーだとちょっと思いつかないな…。
 当初はアバターのデザインを見て「この見てくれでラブロマンスやらせるとか何考えてんだよwww」とか思ってたんですが、気が付けば異星人のヒロイン、ネイティルが超可愛い&セクシーに見えてきたからアラ不思議。
 むしろアレを「人間」でやったらおもしろくもなんともないだろうなって気がします。キャメロンすげぇ。

 マスエフェのリアラ&タリといい、海外作品の非人間女子キャラの見せ方って地味にスゲーと思うのは僕だけでしょうか。


 しかし、あそこまで完成度の高い映像を見せられると、ゲームで「映像を見せること」の意義というか難しさを考えちゃいますね。
 リアルタイムレンダでインタラクティブ性を持たせたモノなら意味があるのでしょうが、プリレンダ映像というか「プレーヤーが介入できない」ものだと、よっぽど見せ方を考えないと大変そう。まぁガチで映像的な美しさで映画と勝負するって選択肢もあるんでしょうが、金かかってしかたないだろうな…。

 あと3Dについてですが、僕はもうちょっとスゴいのかなと思っていたので、期待はやや裏切られた感じ。3D効果だけで考えればディズニーランドとかでやってた3D映画の方が全然スゴイ。
 ただ、じゃあ通常映像と比べたらどうかと言われれば、多分間違いなく3Dの方が迫力があると思います(通常版見てないから想像ですが)。
 少なくとも僕は今後、通常版と3D版があれば迷わずに3D版を選びます。

 ともかく、あの映像美はゼヒとも大スクリーンで見ることをオススメしたいです。DVDとかブルーレイで見ても、あの迫力と感動はかなり減っちゃうんじゃないかなぁ…。

 アバター公式サイト


 あぁ、あとゲームがDSとPS&360で出てるみたいです。
 映画がかなり良かったんで、ゲーム買おうかなって気もしたんですが、原作モノだけに微妙な地雷臭も…。近々体験版でもやってみようかと思います。



アバター THE GAME
アバター THE GAME
ユービーアイ ソフト 2010-01-07
売り上げランキング : 213

おすすめ平均 star
starやっとあった…
star良作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2010/01/08 22:38 ] いろいろ | TB(0) | CM(14)

【訃報】最高のプロレスラー、三沢光晴さんのご冥福をお祈りします 

 プロレスラーの三沢光晴さんが、6月13日、広島県立総合体育館で行われた試合中の事故でお亡くなりになりました。46歳でした。

 馬場さんや鶴田さんが無くなった時は喪失感がかなりあったのですが、三沢さんの場合はなんかあまりに急なできごとで、ちょっと現実感がありません…。まだ現役だったし若かったし…。
 ホントはここでもスルーしようかなと思ったんですけど、少しでも故人を偲べればなぁと思い、関連記事などへのリンクを張ってみました。

 僕がプロレスファンだったのはかなり昔の話で、かつ新日の方が好きだったのですが、それでも三沢さんの試合は別格。全日本後期あたりの三沢さんたちの試合は「あれはヤバい、もう人の限界を超えている」と、その妥協の無い戦いぶりに感動すら覚えていました。
 世間では、格闘技系が隆盛していくとともに、プロレスへの「格闘技としての憧れ」みたいのはどんどん下がっていったと思うのですが、そんな中で三沢光晴は「プロレスの強さ・凄さ」を表現できた、素晴らしいプロレスラーだったと思います。

 ご冥福をお祈りします。




プロレスラー:三沢光晴さん死亡 試合中倒れる(毎日jp)
プロレスラー、三沢光晴さんが好きだったゲームソフト(オレ的ゲーム速報刃)
プロレスラーの三沢光晴選手はかなりのゲーム好きだったようだ(はちま起稿)
[ 2009/06/16 12:50 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

萌え、エロ、セクシー、いろいろ集めた。抱き枕カタログ 

 ゲーム・アニメ系のサイトをぶらぶらしているとアフィリでよく「抱き枕」を見かけるのですが、よーくみるとなかなかにスゴい絵柄のものも珍しくなく。
 いったいどれほどスゴイのか気になったので、AMAZONで「おもちゃ・ホビー」「抱き枕」で検索したところ、18禁アイテムなエロい絵柄のものが出るわ出るわ。
 せっかくなので一部抜粋してカタログにしてみました。

 つか、こういうのって高いんですね。1個1万とかするのにはちょっと驚き。原価は安そうなんだけど、数がそれほど出ないから高値安定なんでしょうか…。

 あと、探しててきづいたんですが、抱き枕って見事に男性向けばっかです。女性向けが無いものかと探ってみたんですが、1個しか見つけられませんでした。

 では、日本の「抱き枕事情」をぜひご堪能下さい。
 ちなみに、18禁アイテムなので改行、折り込み、未成年な方は回れ右で。
















[ 2009/01/11 13:41 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)

グッドデザイン受賞の木製ロボット「コレジャナイロボ」が熱い件 

 クリスマスにぜひとも子供にあげたいプレゼントとして、注目を集めているのがコチラのロボット。08年日本産業デザイン振興会のグッドデザイン賞も受賞しているスグレモノです。




korezyanai.jpg
商品名:コレジャナイロボ



 マジでコレじゃねーよ…。グッドデザイン賞もやりますねー。
 僕は全然知らなかったんですけど、発売されたのは01年だとか。けっこう有名なんでしょうか、これ?

 公式サイトの説明文は
しかし人生、欲しい物が何のリスクもなしに手に入るなんて話はそうはありません。欲しい物を手に入れる為には努力も必要だという事を何らかの機会に知っておくのも良いでしょう。
「コレジャナイロボ」はその絶妙な偽物感、カッコ悪さにより、その事をお子さまにトラウマ級の効果をもってお伝えする事でしょう。情操教育玩具として是非お試しください。


 オレならお父さんキライになるね。
[ 2008/12/17 08:02 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

ドラゴンボール・ムービーが抱腹絶倒な予感!_他ニュース 

PSP-3000発売! 既存のPSP用グッズは使えるの?
 PSPの新バージョンとなる3000が発売されました。液晶性能が劇的にあがっていて、発色がよくなり、残像が減っています。ヘビーにPSPを使っている人にとってはなかなか魅力的な予感。
 リンク先では「今までの周辺機器は新型で使えるのか?」を中心に3000をレポート。ぱっと見は形に変化がないように見えますが、実は細かい部分で変更されているため、一部の周辺機器はそのままでは使えないそうです。
 もういっそ液晶じゃなくて有機EL積んだPSPとか出しちゃわないかなー。5万までなら買う気がするw

新型PSP-3000購入~2000との比較も(PS3ゲームやろうぜ!)
 こちらでは旧型新型を並べて液晶チェックしてます。いやー、ホントにキレイになってるわw

ついにXbox360の故障率の高さでマイクロソフトが集団訴訟を提起される(GIGAZINE)
 集団訴訟はいいんですが、原告の人たちはナニを求めているんですかね? 箱が壊れたことで経済的な損失を受けたとは考えにくいですし、MSはすでに3年間の無償修理プログラムを導入しているので、壊れた人はタダで修理してもらえるワケで。
 記事によれば
「マイクロソフトがXbox360を販売することによって得た利益すべてを吐き出すことを求めています」
 とありますが、さすがにそれは裁判で求めるようなことじゃ無い気が…。
 まぁ日本とは訴訟への感覚が違うアメリカなので、いろいろと理解できない部分があるのかもしれません。
 これで巨額賠償が発生してMSがゲーム業界から撤収したら、ますますHDゲームが縮小しそうでヤダなぁ…。

Marvel vs. Capcom 2がXbox LIVE アーケードかXBLAとPSNで登場?
 カプコンの人気格闘ゲーム「Marvel vs. Capcom 2」がXBLAとPSNで発売されるかも? という情報です。アメリカのレーティング組織ESRBのデータベースに同タイトルが記載されているとのこと。ただし日本でも配信されるかどうかは謎です。

実写映画版「ドラゴンボール」、公開中止になった予告ムービーはこんな感じ(GIGAZINE)
dbmov1017_1.jpg
dbmov1017_2.jpg
dbmov1017_3.jpg
dbmov1017_4.jpg
dbmov1017_5.jpg

 いやいやいや、どこがドラゴンボールなんだよw

 Dragonball - The Movie:ファンサイト?


「ファンタジーアース ゼロ」,大型アップデートで実装する国王ボイスの豪華声優陣を発表(4gamer)
エリス:鹿野優以
ティファリス:名塚佳織
ウィンビーン:中田譲治
ライル:中井和哉
ケイ:朴 ろ美
ワドリーテ:小清水亜美
イグルー:青野武
エラ:三瓶由布子
ナイアス:若本規夫
ヒュンケル:小山力也


ジャックバウアーキター。若本もキター
エウレカコンビもいますね。なかなか大物揃いなようです。

2つの銀河が生み出す「宇宙の目」 (ナショナルジオグラフィクス)
 今日の天文写真。
space-eye.jpg


ドラゴンクエストのオーケストラメドレー(ゲーム動画センター)
 今日のムービー。リンク先でご観覧ください。BGMにでも。
[ 2008/10/17 15:36 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

セクシー美女が主人公のゲーム動画を集めてみた 

 なんとなく「セクシー美女が主役をはってるナイスなゲーム」をピックアップしてみました。3Dのみ対象。

 思いついてから素材集めまで8分ぐらいなので、タイトルはかなり不備があるかもしれません。
 まぁベヨネッタ見てて思いついた衝動企画なんでざっくりといってみます。

 動画はGTメインで、内容はオーソドックスなモノがほとんど。
 ゲームプレイ動画とかセクシーシーン集とかはニコニコあたりで検索していただくのが迅速かつ確実かと。

 ではどうぞ。
[ 2008/10/12 12:00 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)

バンダイが病みつきおもちゃ「∞ペリペリ」発売へ 

バンダイから「∞」シリーズ最新作「∞ペリペリ」発売されます。

プチプチを無限に楽しめる「∞プチプチ」、無限に枝豆のつまみ感を楽しめる「∞えだまめ」に続いての登場。ちなみにプチプリは250万個、エダマメは130万個を売り上げた超ヒット商品。すげー、そんなに売れてんのかw
periperi1005.jpg

「ペリペリ」は箱菓子などで使われている開け口をひっぺがす感触を何度でも楽しめのがセールスポイント。
 というか、そんなの好きな人がいるんだろうか? と思わないでもないですが、エダマメが130万売れちゃうんだから、これも100万ぐらいは売れるかもですね。

 価格は998円。11/12から発売開始です。

バンダイ、開く感触を無限に楽しめる『∞(むげん)ペリペリ』
[ 2008/10/07 03:38 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)