自転車を盗まれないように、ゴツいU字ロックを探してみた&買ってみた 

 自転車のカギの話。

 自転車を買ったので、カギをどうしようかと。
 自転車と泥棒とカギについては、いろんなところで書かれているのでここでは省きますが、自転車においては「絶対的な防犯対策」が存在しないのが悩みどころ。


 ・CSI 自転車特捜24時:自転車の盗難報告があった場所を、地図上で確認できるサイト


 とくに街乗り目的のクロスバイクの場合、どうしても駐輪してバイクを離れる時間が長くなりがちなので不安になります。

 一方で、そこらじゅうに10万オーバーのロードバイクが溢れているなかで、果たして相対的に安いクロスバイクが盗まれるリスクはたいして高くないんじゃね?…とも。

 いろいろ悩んだ結果、

「足代わりに盗んでいくヤツ対策として、そこそこゴツいカギ」
「プロ泥棒対策としては、そこらのクロスよりはバラしにくいカギ&カギを2個使う」
「カギが重くなりすぎないようにする。目安は1kg程度」

という方針でいくことにしました。
 盗まれるのを不安がって、楽しく自転車乗れないのも本末転倒ですしね。

 足代わりに盗むヤツの最悪パターンを「バッグに携帯型ワイヤーカッターを忍ばせているヤツ」と設定。
 ワイヤー錠は悪意の塊に対して無力とし候補外。
 小型カッターで壊される心配が少なく、かつチェーンやワイヤーより泥棒への威嚇効果が高そうなU字ロックを使うことにしました。
 U字以外ではブレードロックという選択肢もあったのですが、U字と比べると重くなりがちなので却下。
 地球ロックしやすそうなのは魅力ですけど。

 結果、選んだのは以下の2タイプ。

・大きめ&軽量型のU字ロック。
・ダイヤル式の小型U字ロック。


 重量は、ふたつ合わせて約1kgです。

 ダイヤルU字はサブのロック。
 防犯性だけ考えると、太めのチェーンか軽量定番U字のパルミーあたりが良さげなのですが、個人的に「カギを2つとり出して開け閉めする」ってのが、猛烈にめんどくさそう。
 さらに「コンビニでジュース買う」みたいな、ちょい離れる程度で毎回U字ロックするのもダルそう。

 カギの場合、堅牢性も大事だろうけど、ある程度「手軽さ」がないと、結局カギをかけなくなるのではないか? と考え、2つ目は、ささっと開け閉めできるダイヤルタイプをチョイスしました。

 なお、U字が2つだと地球ロックに不安があるため、軽いチェーンを買ったのですが、都内だとほとんど出番がありません。
 ガードレールか交通標識があれば、15cmのU字で固められます。

 今のところ、イイ感じで使えてます。
 ていうか、高めのカギだと開け閉めが意外と楽しいww

 セキュリティ面だけでなく、「所有感」を満たすという意味でも、ちょっと良いカギを選んでみるのはオススメです。




 では、以下、僕が調べたU字ロックの紹介&コメントです。

[ 2015/02/25 14:51 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)