「理想のRPG」…一つの答えがここに。SF-RPG「マスエフェクト」レビュー 

mseffec.jpg

 最近積んだゲームを次々と遊んでいるのですが、どうも買ってくるのは海外タイトルが中心。遊んでみると、やっぱりテイストというか立ち位置の違いを感じます。「ディスガイア3」→「ギアーズオブウォー2」みたいな流れだと特に。

 そんな中、最近遊んだゲーム、いやもしかすると今年遊んだ中でも最も面白かったのではあるまいかと感じたのが今回紹介する

 『MASS EFFECT』

 です。日本語表記はマスエフェクト。

 360専用のSF-RPGで、海外では非常に高い評価を受けている作品。
 Metacriticの平均スコアは「91点」という高得点をマーク。これは歴代360タイトルの中で17位、RPGに限定すればオビリビオン、フォールアウト3につぐ第3位となります。

 海外では07年の11月に発売されダブルミリオンを記録した本作ですが、日本語化は遅れに遅れ、結局発売されたのは今年の5月。
 国内360ユーザーの少なさや、日本の「SFモノは売れない」という伝統に阻まれ、売上も話題もかなり地味な感じとなっています。

・Launch Trailer


 マスエフェクトのウリはいろいろあるのですが、一番の特徴は「会話テキストが非常に豊富で、かつ返事や行動パターンを自由に選択できる」というコト。そしてそれを「非常にストーリー性の強いシナリオで実現している」ことです。
 例えば「ちょっといけすかない上司に命令された時」に、あなたは礼儀正しく受け答えして模範的な部下を演じることも、皮肉を交えつつアウトロー的な男を演じることも、さらには完全に無視することもできます。

 会話の受け答えや行動を自由に選択できると言うと、洋ゲーにありがちな「自由度が高いけど、何をしていいのか良く分からない」、つまりストーリー性の低いものを想像しそうですが、マスエフェクトはものすごくストーリー性が高いゲーム。むしろJRPGなみにストーリー性の強いゲームだったりします。

 RPGとはもともと「ロールプレイング」つまり、役割を演じるゲームでしたが、ストーリー性を重視するようになってきたころから「役割を演じる」というよりは「役割をなぞる」ゲームになっていきました。
 それも仕方がないことで、王様に魔王退治を命じられたときに「イヤだ」と言ってしまったら、そこで物語が終わっちゃう。
 RPGの思想から言えば、本来は「イヤだ」と言った先の物語も作っておくべきなのでですが、かってのゲーム機のスペックを考えるとそれは非常に難しい。となると「イヤだ」と言うと「そんなことを言わずによく考えてくれ」という返事が返ってくるわけです。

 結果としてRPGは「キャラクターの意志はあるが、プレーヤーの意志は無い」ゲームになっていきます。

 しかしマスエフェクトは違います。
 会話パターンと分岐を豊富に用意することで、キャラクターの個性をプレイヤーが決定することができます。
 僕がプレイしたマスエフェクトでは主人公は「模範的軍人の王道英雄」になり、別の人が遊んだマスエフェクトは「斜に構えた皮肉屋ヒーロー」になりうるのです。

 今までのゲームは「作られたストーリーをなぞる」のが主流でしたが、マスエフェクトでは映画的なストーリーをなぞりつつ、そこで活躍する主人公をより「自分の分身」として見られるようになっているワケです。

masseffect1012_07.jpg
リアル系のグラフィックのデキはかなり良くて、
今までありがちだった「ポリゴンモデルならではの妙な違和感」をあまり感じず。
手前が主人公で、顔モデルはオブリやFalloutのように細かくカスタマイズ可能。
カスタマイズの限界はあるので「理想のルックス」は難しいかもしれませんが、
少なくとも「生理的にムリ」はかなりの確率で解消できる。


masseffect1012_05.jpg
主人公は男でも女でもOK。「ビッチな女軍人。でもたまにツンデレ」みたいな
脳内設定をつくってからプレーすると面白さ倍増です。
僕は3週目にビッチ女で遊ぶ予定ですorz ちなみに英語ボイスの日本語字幕。



 会話を自由に選べるとは書きましたが、実はどのような答えを選んでもストーリーが分岐しないことも多いです。
 不条理な指令に対し「ふざけんなクソ野郎!」と答えても「サー、イエスサー」と答えても、最終的には任務達成のために目的地に向かうことになります。
 つまり「マルチ会話」であっても「マルチストーリー」ではなかったり。
 また、こちらがどんな態度を取っても、答えは同じということも珍しくありません。(もちろん違和感のないよう整合性をとって話は進んでいきますが)

 こう書くと大したこと無さそうですが、実際に遊んでみると「答え」よりも「自分が発する言葉」の方が、没入感に与える影響ははるかに大きいということが良く分かります。
 自分の思うような言葉・態度を取れることで、画面内のキャラクターが「与えられたもの」から「自分が演じているもの」に変貌を遂げるのです。


 海外のゲームって「映画的なおもしろさ」を目指す&追い越そうとしている気がするんですが、その理想を高いレベルで実現しているタイトルが2つあります。

 一つが「アンチャーテッド」で、もう一つが「マスエフェクト」です。

 アンチャーテッドが「お話を楽しむ」という映画本来の楽しみかたをゲーム的な手法・表現で進化させているのに対し、マスエフェクトは「自分がゲームの中に入り込むこと」で映画以上の興奮を与えてくれます。

 今までのゲームでは「まるで自分が映画の主人公になったようなゲーム」は実現不可能でした。「映画以上の娯楽」を表現するにはゲーム機のスペックが圧倒的に不足していたからです。
 しかしマスエフェクトは、それを完璧に実現したとは言えませんが、その理想に、現時点でもっとも近づいているタイトルの1本なのです。

masseffect1012_03.jpg
ゲーム内にはいろんな「異星人」が登場します。
スターウォーズやFF12のような「異なる種族が当たり前のように一緒に生きている世界」が
好きな人にはストライク確実。ちなみに写真の3種族は全部仲間になり、
手前の青いハダの種族がヒロインだったり。
最初はアレですがずっと見てると可愛く見えてくるから不思議。



 個人的な感想では、主人公のシェパードが「スペクター」になったシーンのカタルシスは最近のゲームの中じゃぶっちぎりで高かったです。終わりに向けてのお話の盛り上がりも、ありがちといえばありがちでしたが、良い感じで盛り上がっていくし。

 SFである、戦闘がアクション、可愛いヒロインは出てこない等々、好き嫌いが出やすいゲームなので、のべつくまなく誰にでもオススメできるゲームではないかもしれません。
 しかしある程度気心の知れた友人に「これ面白いから遊んでみ」と勧めたくなるぐらいの「マイお気に入りゲーム」であることは断言します。


 ほんとはゲームの細かいレビューもしようかと思ったんですが、やたら長くなったんで略。仕様についてはザクっと羅列で。

・SF-RPG
・ストーリーはSFオペラっぽい感じ。設定はSF的なものが多く、スターオーシャン辺りの「SFファンタジー」とは別物。ジャンル的にはハードSFだと思うが、いわゆる「ハリウッド的」な部分も多いので重厚な本格ハードSFを期待するとちょっと違うかも。
・SF的な設定はかなりこまく決められていて、世界、歴史、種族、文化、技術などについての「百科事典」機能があり、ゲーム内の設定を楽しむことができる。このあたりを読んでいるだけで「設定好き」なら楽しめるはず。
・宇宙船に乗って宇宙を自由に航行できる。
・ストーリーラインはメインシナリオが20~30時間ほどか。サブシナリオもなかなか豊富。
・サブシナリオの数は多いが、マップや手順がダブるものも多く、少々飽きがきやすいかも。

・システムは3D-TPS。戦闘モードへはシームレスに移行。
・戦闘はアクション。いわゆるシューターゲームっぽく銃で撃ち合うことも、時間を止めて超能力などで攻撃することも可能。
・戦闘の見た目はTPSだが、あくまでRPGなので難易度はアクションゲームと比べればかなり低い。
・スキルシステムによるキャラクター成長あり。
・スキル、アイテム、アビリティなどが豊富でRPG的な「キャラカスタマイズ」の楽しみもフォロー。
・仲間キャラ6人から2人を選ぶ3人PT制。
・仲間はAIで行動。

・イベントはリアルタイムレンダリングで表示。
・映画的なカメラワークとなめらかなモーションで動くキャラクターによるイベントのクオリティはかなり高い。
・イベント数は多いが、一つのイベントはそれほど長くない&会話選択シーンが多いので「ムービーを見ているだけ」にはならない。

・インターフェースはぶっちゃけ良くない。「遊びやすさ」って面ではイラっとすることもしばしば。

masseffect1012_04.jpg
プレーヤーの船「ノルマンディ」の中。これにのっていろんな星を自由に行き来できる。

 こんな感じでしょうか。
 最後にマスエフェクトWikiに掲載されている海外ゲームサイトの寸評を引用しておきます。

● Official Xbox Magazine : 10/10
個人的には、私がこれまでプレイしてきたベストゲーム。しかし、たとえ私のようなハードコアなSFオタクではなくとも、Mass Effectは飛びぬけて優れた経験をもたらしてくれる。ゲームはこうでなくては、という新たな基準を作った。あなたはプレイしなければならない。たとえあなたが全てのプレビューを暗記し、全てのトレイラーを目に焼き付けたとしても、このゲームがどれだけ驚くべきものかについては全く理解できないだろう。

● GameSpy : 10/10
ひとつのゲームがプレイヤーの感情を突き動かす力を持った稀有な例。Mass Effectは、インタラクティブエンターテインメントを、息を呑むような新たな高みに引き上げる。

● Game Informer : 9.8/10
これは既に続編のカウントダウンをしたくなるほどの魅惑的な大冒険だ。新たな高みへインタラクティブストーリーテリングを引き上げ、以前にもましてプレイヤーを物語の近くに連れて来る。今年のベストタイトルのひとつに挙げることは簡単だ。

● EuroGamer : 8.0/10
私が点数をつけられないところはそのアクション要素にある。よりディープで、よりインテリジェンスで、ひきつけられる経験をさせてくれる様々な素晴らしいアイデアがこのゲームを支えているけれども、真実はもっとシンプルだ。戦闘は単純で、期待していたほどの激しさや熱中度は無い。


マスエフェクト公式サイト

Mass Effect(マスエフェクト)(「ボーナスディスク」同梱)
Mass Effect(マスエフェクト)(「ボーナスディスク」同梱)
おすすめ平均
stars本作の魅力は戦闘ではなくストーリーやキャラ育成にある
stars迷うくらいなら買ってみよう
starsモダン
stars結局ハマってしまった
stars壮大

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


序盤のプレイ動画。戦闘中心。ネタバレってほどではないですが一応注意を。
関連記事
[ 2009/10/12 23:30 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(10)


まあ戦闘はTPSとしては糞だけどな
会話ゲーとしては楽しいのかもいれんけどオレ的には糞ゲーだったわ
[ 2009/10/13 00:11 ] [ 編集 ]

そですね。純粋なTPSを期待すると裏切られそう。
あくまで「RPGの戦闘部分」な設計だからエイムとかかなり適当だし。

まぁ本格TPSとして作っちゃうと、RPGゲーマーお断りに
なっちゃうかもしれませんし、その辺のバランスは難しそうですね。
僕は「RPGの戦闘」としてとらえていたせいか、普通に楽しめました。
[ 2009/10/13 00:58 ] [ 編集 ]

ハイティーンの頃の自分がこの記事を読んだら
「TRPGに比べたら所詮どうたら」とか中二病全開なコメを書きそうだw
それはさておき、マスエフェクトは、遊んだことはないけど楽しそうだなあ
買ってみようか
[ 2009/10/13 01:20 ] [ 編集 ]

2は戦闘が改善されてるみたいなんで期待してます
[ 2009/10/13 01:44 ] [ 編集 ]

モンハンもRPGなのかなあ
だとしたら、あれも理想の一つではあるかも…
[ 2009/10/13 02:20 ] [ 編集 ]

JRPGって蔑称なのに日本人てバンバン使ってるなw
[ 2009/10/13 05:26 ] [ 編集 ]

>JRPGって蔑称なのに日本人てバンバン使ってるなw

え?
洋RPGはよくWRPGって言われるけどこれも蔑称だったのね
[ 2009/10/13 08:06 ] [ 編集 ]

宇宙の移動がかったるくて投げた><
会話は面白いし、戦闘もターン性みたいな退屈はない。
ただ、自由すぎて何から手をつけるか迷うのとクエスト全回収しようとがんばりすぎて途中で燃え尽きる。
[ 2009/10/13 17:50 ] [ 編集 ]

wizを超えるRPGがやりたいよぉ
[ 2009/10/13 20:42 ] [ 編集 ]

アクションがもうちょっと良ければなあ
世界観とか雰囲気はいいね
[ 2009/10/13 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1148-a1293ef0