「ファイナルファンタジー14」が中国でサービス開始へ。日米欧とサーバーは別 

 FF14の中国展開をスクエニが発表しました。

スクエニ、FF最新作を中国投入 オンラインゲーム大手と提携 (日経)
スクエニとシャンダ、オンラインゲーム分野における戦略的提携に合意(公式)

株式会社スクウェア・エニックスと、シャンダゲームズは、オンラインゲームの提供において戦略的提携を行うことに合意し、第一弾として、全世界で累計9,700万本以上を出荷するスクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー」シリーズ最新作であるMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の中国本土における独占的販売をシャンダゲームズに許諾することに合意いたしました。

なお、中国において「ファイナルファンタジーXIV」は、日本・北米・欧州とは別のサーバー、独立したサービスとして運用される予定です。その他中国における「ファイナルファンタジーXIV」のサービス開始時期等の詳細については、今後の発表をお待ちください。

 中国サービスとは別サーバーのようです。

 以下ネトゲとマルチリンガルについての戯れ言。



 正直、このニュースを聞いたときはネガティブな印象を持ちました。
 中国のまっとうなプレーヤーの方には大変申し訳ないんですが、RMTやそれにまつわるファーミングなど、中国系プレーヤーの方にはあまりいい印象がない。個人ではイイ人をいっぱい知っていますが、全体となると「業者行為をしているのは極一部」と思いつつも、悪いイメージを抱いてしまいます。

 結局、別サーバーということが判明して「ネガティブな印象」はそれ以上発展することはなくなったのですが、よくよく考えれば中国で正式サービスを展開してなくても中国系業者はいくらでも入ってくるわけで、実は何も変わらないのかもしれません。

 で、ふと「じゃあ無茶なファーミングさえしなきゃ外国人と楽しく遊べるの?」的なことを考えてみたり。

 僕は海外の人と遊ぶのは嫌いじゃないし、実際最近は海外MMOであるWarcraft三昧だったりします。で、イヤな重いをすることはありませんが、日本人と欧米人の間には明らかに「習慣の違い」「マナーの違い」があることに気づかされます。
 欧米人の方がドライだし、気に入らないコトはハッキリ言います。知らない人とパーティを組んで「このヘタクソ」とか「ファッキンヒーラー」なんてセリフは珍しくありません。パーティ組んでで致命的なミスを連発すると無言でキックとか余裕であるしw
 和を尊ぶジャパニーズFF11パーティでは絶対ありえません。

 でもWarcraftは海外のゲームなので、そういった海外的マナーに従うことに抵抗感はありません。むしろ当たり前。僕が向こうの人に「このド素人がっ!!」と罵倒されても「うひょwアメリカ人厳しいよwwww」とむしろ笑いのタネだったりします。郷に入っては郷に従えと。
 逆に日本のゲームであれば、欧米人の強引さに対して「これは日本サービスなんだから、日本の文化に従えよ」と主張することもできるでしょう。実現するかどうかはともかく、正当性を主張できるだけでも精神的なストレスはかなり軽減できるかと。

 でもFFシリーズのような「世界共通サーバー」だと、こういった慣習の違いがモロにぶつかって、かつどちらも「悪くない」となるんですよねぇ。基準が無いから「お互いが我慢する」か「やったもん勝ち」になる。

「我慢できる」ならまだしも「それは勘弁」ってケースもあると思うんです。
 例えば日本と中国で言うなら、中国の人はあまり順番を守らないらしいんで、トリガー待ちとかでバンバン割り込みしちゃいそう。中国人は悪気が無いでしょうが、日本人はふざけんな!ってなって、結局対立するんじゃないかと…。

 そういった違いを消化していくのが、これからのボーダーレス時代の常識だと言われればそれまでですが、ゲームでそんなメンドクセーのはどうよって気も少しします。

 まぁ何が言いたいかというと、インターナショナル気分を楽しみたい人もいれば、文化的軋轢を避けたい人もいるだろうから、いくつかでいいんで国別サーバーもしくは主言語が決まっているサーバーを用意してくれてもイイんじゃないかなぁ…と思います。

 FF14について言えば、最低限でも、サーバーを選ぶ段階で国籍別プレーヤー数が分かるようにすべきじゃないかなぁ。母国語コミュニティの規模ってネトゲではかなり重要な気がします。
関連記事
[ 2010/09/17 19:13 ] ネットゲーム | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1595-ffd284d9