FF14プロデューサー「日程的にβテストで問題点を修正するのは無理だった」 

『FFXIV』田中氏:ユーザーの要望を取り入れる余裕がなかった

 ハハハ こやつめ。

 デバッグに集中って…。つまり発売数ヶ月前時点で、デバッグしまくらないとダメぐらいの完成度だったってことでしょ? つまり「デバッグの見通しは立ってないけど、発売することにしちゃいました」ってあきらかな見切り発車だったことを明らかにしたわけか。

 だいたい、あのスケジュールが発表された時点で、素人でも「βの結果反映するのはムリだろ…」って言ってたしなぁ…。

 なんていうか、開発チームのコメントっていうか言い訳が、すべからず「それ、最初から分かってなかったの?」ってレベルのものばっかりで、むしろ先行きが不安になってくるわ…。


 なお公式サイトでは今後のアップデートスケジュールが発表されています。
 ざっと見た感じだと、UI周りなど、根本的な部分の仕上げは11月12月のバージョンアップだけでは終わらずに、その先、つまり来年にまで持ち越されそう。
 PS3版の発売が3月らしいので、その頃にやっと「完成」するのかなぁ…。
 PS3版が3月に発売されるかあやしいけど。


 ちなみに、今後の重点アップデートは以下の3点。

1:快適なプレイ環境の実現:処理負荷軽減とかUI改善。
2:目標と導線の追加:ゲーム内の目的と手段の充実。
3:目的をもったコミュニティの確立:LSよりも強固なコミュの構築。

 3はともかく、1と2は最初からちゃんとしといた方が良かったと思う。

関連記事
[ 2010/11/12 18:14 ] ネットゲーム | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1641-ca5415a2