ミリオンタイトルが8本。2010年ゲームソフト年間売上げBEST30【ランキング】 

「ゲームソフト年間売り上げ本数ベスト30」&タイトル別の傾向が分かるマトリックス表

 4gamerで2010年の年間売上げ本数を発表していたので便乗。
 また同記事ではアンケートをもとにしたゲーマーの嗜好分析記事も掲載しています。ゲーム業界分析ネタが好きな人にはなかなか面白い記事かと。

1 DS ポケットモンスター ブラック/ホワイト 4,494,106(4,494,106)
2 Wii New スーパーマリオブラザーズ Wii 4,043,637(4,043,637)
3 PS3 ファイナルファンタジーXIII 1,903,186(1,903,186)
4 DS トモダチコレクション 1,708,575(3,456,091)
5 DS ドラゴンクエストVI 幻の大地 1,339,352(1,339,352)
6 Wii Wiiパーティ 1,232,562(1,232,562)
7 DS ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 1,222,496(1,222,496)
8 Wii Wiiフィット プラス 1,132,500(2,125,139)
9 Wii スーパーマリオギャラクシー2 882,880(882,880)
10 DS イナズマイレブン3 世界への挑戦!! S/B 867,600(867,600)
11 PSP メタルギア ソリッド ピースウォーカー 810,089(810,089)
12 PSP キングダム ハーツ バース バイ スリープ 767,348(737,384)
13 DS ポケットモンスター HG/SS 718,148(3,808,535)
14 DS ゼルダの伝説 大地の汽笛 668,725(668,725)
15 PSP ゴッドイーター 634,244(634,244)
16 Wii スーパーマリオコレクション スペシャルパック 613,415(613,415)
17 Wii Wiiスポーツ リゾート 593,212(1,989,124)
18 PSP ファンタシースターポータブル2 589,837(589,837)
19 PS3 龍が如く4 伝説を継ぐもの 574,951(574,951)
20 PS3 北斗無双 548,032(548,032)
21 Wii マリオカート Wii 527,257(2,987,118)
22 DS イナズマイレブン2 ~脅威の侵略者~F/B 510,208(1,173,723)
23 DS ポケモンレンジャー 光の軌跡 487,619(487,619)
24 PSP モンハン日記 ぽかぽかアイルー村 483,736(483,736)
25 PSP モンスターハンターポータブル 2ndG(Best) 480,319(480,319)
26 DS New スーパーマリオブラザーズ 435,424(6,023,845)
27 PS3 グランツーリスモ5 430,707(430,707)
28 PSP ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS 407,177(407,177)
29 PSP ゴッドイーター バースト 388,065(388,065)
30 PS3 戦国BASARA3 385,302(385,302)

DS 10本 1245万2253
PSP 8本 456万0815
Wii 7本 902万5463
PS3 5本 384万2178

※集計期間:2009年12月~2010年11月。カッコ内は累計。


 以下、個人的な所感を書きなぐり。



 ランキングでみると任天堂の強さが浮き彫りに。ポケモンを含めると13本が任天堂と、30位までの約半数を占めています。
 ただ、DSとWiiはちょっと性格が違っていて、超キラータイトルやサードパーティタイトルなど、比較的バランスのよいラインナップとなっているDSに対して、Wiiはランクインした7本がすべて任天堂産で、さらにそのうち3本は昨年発売されたタイトルだったりします。もっといえば7本中4本がマリオと。

 Wiiはもともと「ファーストパーティ定番タイトル専用マシン」的な性格が強いところがありましたが、今年はそれがさらに進んだと言えるかもしれません。
 ゲーマー的には魅力的な新作に欠けるということにもつながり、あまり嬉しいことでは無い気もしますが、任天堂にとってデメリットなのかどうかは分かりません。むしろローコストで売れまくりというめちゃめちゃ美味しい状態なのかも。

 PSPはミリオンこそありませんが、50万オーバーが4本、さらにゴッドイーターといった新シリーズが売れていることもあって良い感じに伸びています。
 PS2の受け皿ポジションを確立しつつありますし、集計期間外のモンハン3が300万突破、それに引っ張られて本体販売台数もかなり伸びたことを考えると、2011年のPSPはかなり期待できるのではないでしょうか。

 PS3は1位のFF13こそミリオン達成していますが、その下になると龍4&北斗の50万まで下がってしまい、50万の壁は感じる一方で、20万あたりはコンスタントに狙えるようになったきた気もします。
 PS全盛期と比べればまだまだかもしれませんが、昨年よりはかなり上向きだったんじゃないでしょうか。

 360は30位内には1本も入らず。現状では20万到達も難しい状況で、残念ではありますが日本ではマイナーポジション確定といったところ。
 とはいえ北米ではナンバーワンハードですし、国内でも100万は超えているのでローカライズ市場としてはまずまず成立もできることを考えれば、マイナー機種ではあるけどリリースタイトルは豊富という状況はキープできそう。
 まぁ新作がしっかりリリースされていればユーザーとしてはOKなんで、日本での不振はあまり深刻に考える必要はないのかもしれません。
関連記事
[ 2011/01/01 16:18 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1682-cbcf5b58