「ネットを使った地上波テレビ番組の転送サービス」を最高裁が違法認定 

 最近著作権関係のニュースばっかりでアレですが…。
 今日気になったニュースはコチラ。

番組ネット転送訴訟で著作権侵害を認定 テレビ局側逆転勝訴 最高裁
ネット時代の著作権保護、厳格に判断。最高裁、「まねきTV」訴訟で(日経)
まねきTV 公式サイト(サービス詳細などはコチラで)

 要は「海外在住の人のために、ロケーションフリー機器を使って日本の番組を見られるようにする」というサービスが「そりゃ著作権違反だよ!」って最高裁が判断したという話。

 番組配信というと動画サイトに、番組をそのままアップロードするようなものを想像しますが、こちらのサービスはそういったものではなく、海外在住の人がロケフリ機器を購入し、その機器をサービス主体(ニュースでは「まねきTV」)に預け、海外からネットを使ってロケフリ経由で番組を視聴するというもの「らしい」。(サイトでざっと見ただけなので、誤認してたらすいませんorz)

「海外に住んでいるアナタのために、日本でチューナーを置く場所を貸すから、あとはネットを使ってリモートコントロールして自由に番組見てね」って感じでしょうか。

 なお、視聴できるチャンネルは「NHK、NHK教育、日本テレビ、TBS、フジTV、テレビ朝日、テレビ東京の7チャンネルでBS.UHF局は受信出来ません」とのこと。


 最初、このニュースを見たときは、てっきりCSとかの有料契約番組を転送してるのかなと思ったんですけど、そういうワケではなくて、日本にいれば無料で視聴できる番組を、シンプルに海外に住む人に向けて飛ばしているだけのようです。
(NHKは違うかもしれませんが。そこが問題なら著作権うんぬんじゃなくて受信料契約で争うがよろし)

 まぁ、有罪判決そのものに釈然としないものは残るんですが、そこを話し出すとややこしくなりそうなのでスルーするとして…。そもそもテレビ局側は、このサービスをつぶして何の得があるんですかねぇ? 見てくれる人を減らすだけだと思うんだけど。

 日経の記事によれば、テレビ局側の言い分は「地域性を無視して見られるようになるとローカル局が困る」ってことらしいけど…それは番組のクオリティで解決すべき問題じゃねーのって気がする。
 クオリティが一定水準に満たないものを「地域性」によって保護・強要するのは、結果として「テレビ離れ」を引き起こすだけじゃないかな。昔と違ってテレビ以外のコンテンツが猛烈な勢いで充実している今は特に。



 ていうかですね、権利者が権利を主張するのはイイんですけど、結果として利便性が猛烈に損なわれるのはなんとかならないかなぁ…。地デジとHDDレコーダーになってからの、放送番組を録画する際のややこしさはちょっと異常。
 ここまで不便になるんだったら、多少画質が劣化してもいいんで、アナログ録画基準に戻して欲しいわ…。
関連記事
[ 2011/01/18 20:23 ] ニュース | TB(0) | CM(3)


ああ

サイトなりサービスを通すのはダメだと思うけど
自分で設定はありって事なんじゃない?
国ごとの価値観があるから裸OKとか宗教的な事とか
他の国の人間が観れないようにしないといけないし
サービスを許すと世界中にばらまく事と同じだからね
それに価値観の共有は色んな意味で結構危険だよね…
[ 2011/01/18 22:10 ] [ 編集 ]

 

損得の問題じゃねぇんだよ、これがおkなら他にも色々問題がおきてくる

テレビ局の批判と仕方が地方じゃ見たいアニメがやってない
だからしょうがなく動画サイト・shareでDLして見てるんだ、ネットで課金してもいいから見れるようにしないサービスの悪いテレビ局が悪いとか言ってるやつといっしょ

我慢しろの一言だ
[ 2011/01/19 06:12 ] [ 編集 ]

TV局に無断で番組ソースを使って金儲けしている事が問題なんだろ。
[ 2011/01/19 08:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1696-e663c666