『マスエフェクト2』レビュー。面白いけど、「3部作」ゆえの弊害も… 

 マスエフェクト2が終わりました。

 アメリカでは「2010年度最高のRPG」「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」とまで讃えられている本タイトル、実際にプレイしてみると、それだけのクオリティの高さを感じずにはいられませんでした。

「2」の特徴は「1」と比べて、戦闘シーンにかなり手を入れて「アクション要素」のクオリティを向上させたこと。
 もはや「RPGの戦闘シーン」という枠を超えて「よくできたシングル専用TPSアクション」と言っても過言ではないと思います。

 戦闘がよりTPSライクになると同時に、スキルシステムや装備品やアイテムの収集・管理といったRPG的要素は大幅に簡略化されました。キャラクターステータス回りは、RPGというよりは、CoDあたりのFPSと同レベルと言ってもいいかもしれません。
 この改変を受け、一部では「RPG要素が減った」という批判もあるようですが、もともとアイテム収集部分やスキルツリー部分が魅力の柱となっているシリーズではなかったので、個人的には「どうでもいい」ってのが正直なところです。

「2」がTPS寄りになってRPG要素を簡略化したのは、開発元のバイオウェアがRPG客よりはTPS客の方を向いたってことなのでしょう。
 RPGってジャンルがあまり人気が無く、シューターがバカ売れするUSAでは、当たり前の選択なのかもしれません。
 実際、海外のメディアではほとんどが「1」より「2」の方が評価が高いようですしね。


 まぁRPG要素こそ減ったものの、それを補ってあまりある戦闘システムの向上のおかげで、ゲームシステム全体を見れば「1」より「2」の方が洗練されていると思うのですが、それでも僕は「1」の方が好きです。

 なぜかというと、「1」の魅力だった「壮大なスペースオペラ」が、「2」では妙にこじんまりというか、中途半端に感じられたから。
 つまり「ストーリーに対する不満」ですね。

「1」では物語の展開は極めてオーソドックスに進みました。映画的とでも言いましょうか。
 ところが「2」は、ストーリー全体の半分以上を「仲間集め」と、その仲間の「信頼獲得エピソード」に費やしてしまいました。
 マスエフェクト2の物語の中で、本来語られるべきことは、「宇宙が侵略されている。侵略者の野望を砕け!」であるべきはずなのに、2はその前段階である仲間集めの比重がデカすぎます。

 仲間を集めるということは、物語において重要なファクターかもしれませんが、それは物語の半分以上もかけてやるようなことじゃないはず。せいぜい序盤1/5~1/4程度でおなか一杯です。
 悪いことに、仲間関連のミッションは宇宙の危機とはほとんど関係ない極めて個人的なエピソードばかりなんで、そこを一生懸命に進めても「本筋の物語」が広がっていかないし…。

 で、宇宙の危機とは直接関係ないところで、仲間を集め、彼らとの絆を深めていき、それらがやっと一段落したと思ったら、今度はクライマックスに一気になだれ込んでしまいました。

「1」では物語がはじまると、序盤から中盤にかけて侵略者ゲスの脅威がじわじわと描かれ、さらに中盤になると惑星ヴァーマイアで劇的なドラマが展開されて中盤の山場を形成していたりというのがあったのですが、今回はそういったタメや山場があまり感じられませんでした。

 後半に関してはネタバレになってしまうので言いませんが、あの話の流れを見ると、明らかに

「2」と「3」で1本の話。

になっているはず。
 そのせいで「2」だけだと消化不良になっちゃうんです。

 マスエフェはもともと3部作らしいので「3」発売が前提とはいえ、バラバラにして売る以上「2」だけでもちゃんと成立すべき。
「1」「2」「3」のそれぞれで成立させつつ、全体を通した物語もある、というのがトリロジーのあるべき姿でしょう。
 マスエフェクト2は「ボリューム的にこれぐらいで十分だから真ん中でぶった切りました。「3」とあわせて楽しんでね!」って言われているような気がします。


 と、ちょっと厳しい評価になってしまいましたが、ストーリー構成には文句があるものの、豊富な選択肢と受け答えによって、より自分らしい「スペースヒーロー」を楽しめるという、マスエフェクト本来の魅力は「2」でも「1」と同様に十分に楽しめます。

「1本道のストーリーを見せる」というマスエフェクトの基本コンセプトは、「FF」や「ラストストーリー」といった国産ストーリー系RPG同じ方向を向いていると思いますが、完全に一本道でプレイヤーが介入する要素がほぼない国産モノに対して、マスエフェクトは全体のシナリオは一本道でありながら、個々のシーンでの会話展開やキャラクターの人格形成をプレーヤーに委ねることで「自分が物語を紡いでいる」印象を与えることに成功しています。

「ゲーム」の大きな特徴の一つが「インタラクティブ性」であるなら、ストーリーRPGが目指すべき一つの形が「マスエフェクト」シリーズであるというのは間違いないと思います。


 そんなわけで良作であるのは間違いないのですが、キャラ造形・ストーリー・キャラクター性など全編にわたって「洋ゲーっぽさ」が全開のゲームなので、日本では受けにくいゲームなのは間違いないかと。
 実際まるで売れなかったですし。

 同じ洋ゲーでもアンチャはキャラクターたちが明るいせいもあって受け入れやすいし、CoDとかは戦争ゲームなので世界観そのものには違和感をあまり感じない。
 ところがマスエフェはキャラ造形がバタくさいし人外キャラが出まくるし、さらに世界観やストーリーが全体的に硬いというか暗い方向に振ってあるせいで、日本では馴染みにくいテイストなんですよね…。

 そんなワケで洋ゲーが苦手な人にはまったくオススメできませんが、洋ゲーもOKで、なおかつストーリーRPGやスペースオペラが好きな人なら(SF的なノリとしては「スタートレック」あたりが近いかと。スターオーシャン的なものを想像すると泣く)、遊んで損は無い名作だと思います。


 日本語PVが見当たらなかったのでアジア版。

 ちなみに日本語版の翻訳は、概ね良くできていると思うのですが、よく分からない訳もたまに。あと、ところどころ意訳しすぎで「ちょっとニュアンスが違うんじゃね?」って感じるところもありました。

海外レビューハイスコア 『Mass Effect 2』(Game Spark)
『マスエフェクト2』 レビュー(Xbox360mark2)



B004AHKV3UMass Effect(マスエフェクト) 2
マイクロソフト 2011-01-13

by G-Tools


マス エフェクト Xbox 360 プラチナコレクションマス エフェクト Xbox 360 プラチナコレクション

by G-Tools




 以下マスエフェクト雑談



「2」になってやっとタリとアバンチュールできました。やったねクォオリアン!
 しかし「普通の人間ヒロイン」が人気でないゲームってのもスゴいよなー。

「1」のときは、唯一の「人間ヒロイン」でありながらも、ちょっぴり頭が悪いアシュリーをガン無視で、全身真っ青でやや爬虫類ライクなリアラにご執心。

「2」では、本命ヒロインと思われる人間のミランダを「顔がゴリっぽい」という理由であっさり見捨て、同じく人間でありながらもスキンヘッドな新感覚ヒロインのジャックを「かわいいけどスキンヘッドはムリ」という理由で諦め、常時スーツ&ヘルメット着用の異星人アイドル「タリちゃん」に夢中になっていました。

 ネット見ていると、別に僕が特別に人外萌えってワケでもなく、多くの人が異星人ヒロインであるタリやリアラに参っている模様。
 異星人が超ラブリーに思えてくる「マスエフェクト」のキャラクター描写スゴすぎw

 今から「3」でタリちゃんとリアラたん、どっちを取るか悩ましいです。


 あと、ストーリー構成への文句は最初に書いたとおりなんですが、それとは別にちょっと気になったのが「1」と比べると、「宇宙を冒険している感」が減ったかなぁって気がするんですよね…。
 なんでかはよく分からないんだけど、選択肢やシナリオそのものが、「1」の方が楽しめたような気がするのと、あとサブクエのバリエーションというか雰囲気が「1」の方が良かった印象があります。

 古い例えでなんですが、僕がマスエフェクトに求めているものって「トラベラー」だったりするんです。
 だから「1」のサブクエで扱われていたちょっとした「密輸話」とか、「非合法企業の陰謀」的な話に、自分が絡めるのが楽しかったし、あれのおかげで「宇宙を飛び回っている活動員」的な気分を満喫できたんですが、「2」はそういったフレーバーが減っているような…

 もしかしたら「1」の思い出を美化しているだけかもしれませんけど。。
 2本目ってことで感動はどうしたって薄れますしね…。


 マスエフェ2終わらせてからラストストーリーやったんですけど、同じ「ストーリーを楽しむRPG」でありながら、やり方は随分違うんだなぁ…ってのが興味深かったです。
 マスエフェやってたから、ラスストの日本的キャラクター掛け合いが妙に印象深かったってのもあったし。
 意外と両方連続で遊んでみるのも悪くないかも。
関連記事
[ 2011/02/08 19:23 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(7)


僕は資源発掘が何より退屈でした。
普通にミッションをこなしても満足に強化出来るほど資源が集まらないので、発掘作業をせざるをえないのはどうかかと思いました。

ちなみに僕はジャックが好みですw
[ 2011/02/08 19:53 ] [ 編集 ]

2も面白かったけど
ストーリー的には秀作の域を出ないな。
惑星資源探索がだるかったし。
後なんていうか思い出に残るシーンが無いような。
[ 2011/02/08 21:53 ] [ 編集 ]

マスエフェクト2から入って結構面白かったけど
その後1やると結構だるい箇所多くて続けられなかったなぁ・・
RPGチックなところは1のが大きいんだろうけど、めんどくさい・・・
2のパッケージはセインより、ギャレンのが売り上げ上がった気がする・・・
[ 2011/02/08 23:20 ] [ 編集 ]

皆さん仰っている資源発掘…。やり始めると止められないという変な衝動に駆られ、終わってみるとPlatinumとか500000くらい貯めてました。(笑)
個人的には、2では乗り物がなくなってほっとしました。あれは結構イライラ度が高かったような…。
3の登場キャラなどは未発表ですが、是非ギャレスをっ!と声高に主張したいです。
[ 2011/03/02 11:24 ] [ 編集 ]

実は僕も資源採掘けっこう好きなんで、黙々とスキャンしまくりました。表面スキャナーってなんかワクワクしてこね?

まぁもうちょっと楽に…例えば惑星表面をエリア分けしてくれるとやりやすいなぁとは思いますがw

[ 2011/03/02 16:31 ] [ 編集 ]

3やりました?
[ 2012/04/16 13:58 ] [ 編集 ]

インストだけして、まだ始めてないです…
[ 2012/04/16 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1715-870aa93f