ついにマジコン販売に刑事罰? 経産省がアクセスコントロール回避を規制へ 

 DSで違法コピーを動かすための「マジコン」。
 数年前は秋葉原でフツーに売っていたのですが、その後民事裁判で輸入販売禁止の判決が出たため、一斉撤去。まったく見かけなくなった…はずだったのですが、しばらくたつとまた普通に売られるようになりまして、最近の秋葉原では数カ所で「マジコンあります!」の看板を見かけることができます。

 そんな状況に業を煮やしたのか、経済産業省がマジコンの販売を「刑事罰」の対象とするべく、不正競争防止法の改正法案を提出することを発表しました。

マジコン:規制強化へ 不正競争防止法を改正し刑事罰(毎日)
マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ…年内施行を目指す(inside)
海賊版ゲームの装置販売に刑事罰 経産省が法改正案 (日経)

 毎日が1番詳しい。一部引用。
経産省の審議会が同日まとめた報告書によると、正規品だけを使えるようにする技術的な制限(アクセスコントロール)を無効にする装置の譲渡に刑事罰を科す。具体的には5年以下の懲役・500万円以下の罰金を軸に検討している。また、関税法を改正し、マジコンなどを輸出入禁止品に加えて水際対策を導入する方針だ。

 で、これ「マジコン販売が刑事罰」って見出しになってますけど、むしろポイントとなるのは「アクセスコントロールを違法化」ってところかと。
 今までの違法コピー規制は「コピーガードの突破」はダメだったんですが、「アクセスコントロールの回避」は規制されていませんでした。(コピーガードとアクセスコントロールの違いは非常に微妙なので気になる人は自分で調べてください orz)

 さて「マジコンがダメ!」じゃなくて「正規品だけを使えるようにする技術的な制限(アクセスコントロール)を無効にする装置がダメ!」となると、規制対象となる範囲がけっこう広くなります。
 マジコンの販売やPSPのCFW配布がダメになるのは当然として、DVDやブルーレイのプロテクト回避系アイテムやプログラムの販売・配布もまっ黒に。
 ケータイの着うたやiPod用の保護された楽曲を、ダウンロードした端末以外で再生しようとするのも違法となります。
 あとPCのフリーなDVDプレーヤーとかも、アクセスコントロールがらみで使えなくなるのが出てくるんじゃないですかねぇ…。


 まぁ「ダメでいいじゃん」って意見もあると思うんですが、DVDはともかく最近のブルーレイ&HDDレコーダーのプロテクトのかけ方はちょっと尋常じゃない。
 例えば「ブルーレイレコーダーで3倍速録画した地デジ番組を、MPEG4/AVC形式でブルーレイにダビングした場合、将来的な再生環境は担保されるのか?」とか、僕にはまるで分からない。
 プロテクトがかかっていなければ、年月がたってもPCで再生できそうな気がするんですが、保護技術でガッチリとガードされたブルーレイコンテンツは非常に不安。

 で、今回の法律が通ると、数十年後に「思い出たっぷりのマイ映像コレクション」を見ようと思ったらプロテクトの関係で再生できず、いっそプロテクトを外そうとしても、そのための道具を売ってないってコトになるんですよねぇ…。

 なんか微妙に納得いかない…。
 とはいえ、なんらかの規制が必要ってのも事実でしょうし…いろいろメンドくさいですね。

 まぁ、アクセスコントロールが規制されると、ユーザーの利便性がどの程度犠牲になるのかは知っておいてもイイと思います。メンドくさい&知識が足りないので僕は書き(け)ませんがww
「アクセスコントロール 規制」あたりで検索どうぞ。


 そういえば、この法律通っちゃうと、昔で言うところの「互換機」もダメになる…のかな?


【関連】
・MIAU、「アクセスコントロール回避規制」に対し反対声明を発表
関連記事
[ 2011/02/21 23:59 ] ニュース | TB(0) | CM(1)


昔、何かの記事で読んだんだが、
記事の内容と同じ疑問を権利者に問い合わせている記者がいて、
権利者からは買い直してくれとの一言で済まされていた。

つまり高画質の映像を保存されて何時までも手元に置いて置かれたくないんだろ
配信事業の利益に差し支えとかあるだろうし。

2011年アナログHD出力規制も含めて、最近のプロテクトは消費者の事を一切無視した鬼畜仕様ばかり
団体でも立ち上げて反対運動でもしない限り、ずっと彼らの思うがままにされる
[ 2011/02/22 16:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1725-cc11af57