「キャサリン」を遊んでみた。ノーマルはストレスフル、イージーだと丁度イイ 

 諸事情により我が家に「キャサリン」があったので、ちょっくら遊んでみました。

 体験版そのままに「パズル+アニメイベント」なゲームです。
 ゲームの大部分を占めるのは「パズル」パートなので、パズルゲーが好きな人は楽しめるでしょうが、そうでなければ厳しいと思われ…。

 果たしてパズルがメインのゲームを「大人のジュヴナイル」と呼ぶのはどうなんだろうとちょっぴり考えなくもありません。
「ビジュアルとペルソナチーム&アトラスという看板につられて買ったけどコレは困った」という人も少なくなさそう。
 事前の情報収集は欠かさずに!


 さて、ネットでもちょっと話題になっていましたが、パズル部分はなかなか難しい。「難易度:ノーマル」だとコントローラーを叩きつけたくなるぐらい。
 僕はほとんどのゲームは「ノーマル」で遊ぶんですが、コレは早々に諦めて「イージー」にしました。
 イージーにしちゃえば、ほどほどの難易度だと思います。

 パズルには「テトリス」や「ぷよぷよ」のような直感的な思考力が求められるものと、「数独」や「ピクロス」「倉庫番」のようなじっくり考えながらロジックで解いていくものがありますが、キャサリンのそれは本質的に「後者」になります。

 ただ、そのくせ時間制限が厳しい・敵の攻撃が激しいという“アクションゲーム的な妨害要素”がかなり強烈。そのおかげで「解くのが難しい部分をじっくり考えたいのに、そんな余裕がまるで無い」というゲームになっています。

 個人的には、これってけっこうなストレスなんですよね…。

 パズルゲームとして見た場合、思考性とアクション性のバランスが悪いと思います。あそこまでアクション性を高めるのであれば、もう少し直感的なパズルにした方が良いかと。
 今のママだとパズルゲームの魅力である「解くのが楽しい」って感じがあまりしないんだよね…。

 まぁ以上はノーマルでの話でして、イージーにすれば、時間制限は大幅に緩和されますし、「やり直し(アンドゥ)機能」が利用できるようになるので、かなり遊びやすくなります。
 とくにアンドゥの存在は非常に大きく、これの有無で遊びやすさがまるで変わると言っても過言ではないほどでした。

 あとは、操作性があまり良くないのもちょっと気になりました。なんていうか…誤爆が致命的なゲームなのに誤爆しやすいんですよ…。
 クォータービューのタイトルだと、ある程度はやむを得ないのかもしれませんけど。


 なんか文句が先行しちゃいましたが、ゲームとしてはまずまず楽しめています。
 ビジュアルは好みだし、ストーリーも悪くない。キモい系ビジュアルにちょっとクセがありますが、まぁそれは「ペルソナ」の頃からだしねw

 いっそペルソナみたいにパズル部分をRPGにするのもアリだったかもなーw


 購入を検討しているのなら、体験版をやっておくことを強くオススメします。製品版は、あれのパズル部分がどんどん難しくなっていく感じ。
 ストーリー部分を見て「あれの続きが気になる!」という購買動機もアリだと思いますが、パズルで引っかかるとかえってイラっとしそうなので、総合的に判断するのがよろしいかと。
 遊ぶ時間はパズル部分の方が圧倒的に長いですしね。
(追記:体験版ですがPS3は期間限定だったらしく、すでに配信が終了していましたorz。360は配信中。PS3は体験版期間限定ってけっこうみかけますね…。なんとかならないのかなー)


 なお、アマゾンでのレビューはなかなか高評価となっていました。

アトラス
2011-02-17

2011-02-17


体験版プレイムービー


おまけ:キャサリン体験版のPS3と360の比較動画
Youtubeとんでデカい画面で見た方が分かりやすいかと。

関連記事
[ 2011/02/22 22:59 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1726-ed53a2cb