ゲームの年齢制限「CERO」のレーティングは、あまり意味が無いらしい 

一体CEROとは何なの? 有効性あるの?(読みゲー)

 まぁ正直、自主規制としての効力は薄いですよねぇ…。「多少は効果あるかも?」ぐらい。

 ざっと「CERO」のレートをまとめておくと、まずA~Dは、あくまで「推薦」でしかなく、強制力を持たせていません。正直「自主規制」ですら無いレベル。メーカー自ら「子供相手に売ってもかまわない」的なスタンスを取っていることも多いです。

 15歳以上対象の「モンスターハンター」が、どう考えても小学生メインの「コロコロコミック」でハデに紹介されているのは有名ですが、それ以外にも「子供が遊びそうなゲーム」が12歳以上とか15歳以上推薦なのは珍しくありません。スト4とか逆転とか。でも、そういうのって普通に子供向け雑誌で紹介されちゃいますからね。
 以前、僕がとあるメーカーにその件について聞いたときも「あれはあくまで「推薦」。メーカー側としては、その後の判断についてはメディアや保護者にゆだねる」って返事が返ってきました

 つか、最近のゲームって全年齢モノほとんど無いですからねぇ…。「ゼノブレイド」とか「テイルズ」とか「シレン3」とかぜーーーんぶ「12歳以上推薦」。厳密にやりはじめると小中学生ってゲームやらなくなる気がするわw

 そんなわけでCEROの「D」までは、あくまでお父さんお母さんに対する「目安」程度に考えるのがよいかと。
 自主規制なんでそれでもいいとは思いますが、せめてもう少し「レーティング」ってものの存在を告知すべきかなとは思います。売り場にデカデカとポスター貼って、パパママに「あぁゲームはこういう分類があるんだな」って分かるようにした方が、一般の理解が得られるんじゃないかなぁ…。


 最後のひとつは「18歳以上のみ」の「Z」。
 こちらは「推薦」ではなく「禁止」でして、「18歳以上にしか売っちゃダメ!」という「業界の努力目標としての強制力」が付いています。お店には展示を分けるとか、子供に売らないようにするという努力義務が発生します。
 なので「Z」はそもそも取り扱わない店があるますし、売り場にしっかり告知分が提示されていることも多く、「ゾーニング」の効果がある程度はあると思います。

 ただ、一方で「Z」のタイトルを子供に見せないための配慮をしているケースはほとんどなく、子供がその気になればいくらでも手にとって眺めることはできますし、ひどいケースではそもそも分別展示すらしてない場合も。

 さすがにコレだと、青少年の健全育成に熱心なお父さんお母さんからしてみたら、突っ込みどころ満載。
 仮に今、子供による凶悪犯罪があって、その子が大の凶悪ゲームマニアで、国会でゲームと犯罪の関係性が議論されたときに、「あんな子供が簡単に人殺しゲームを買えるのが問題だ! 業界の自主規制はまったく機能していない」と断じられても反論できないレベル。

 まぁ単純に「規制無しでゲームが遊びたい」だけであれば、CEROとか無くして法規制されるのを待てばいいのかもしれませんが、まぁそうなると「子供に見せちゃいけない表現」を国が検閲することになり、規制嫌いの僕としてはあまり喜ばしくない事態に。

 そんなワケで「国による表現規制」が行われないようにするためにも、CEROの「Z」は、もう少し「子供に買わせない!」という強い意志を持つべきだと思います。せめて18禁のエロゲー並にはすべきでしょう。あっちも自主規制だけど、ゾーニングははるかにガッチリしてますし。

 逆に言えば、ゾーニングがしっかり機能すれば「Zなんだから表現規制とかいらないでしょ」って議論も可能になってくるかもしれませんね。


各国の「ゲーム検閲」事情


おまけ:記事元のスレまとめに載っていた有名タイトルのCEROレーティング一覧。
A:全年齢 B:12歳 C:15歳 D:17歳 Z:18歳

任天堂
スーパーマリオギャラクシー A
ゼルダの伝説トライライトプリンセス B
ポケットモンスターブラック・ホワイト A

SCE
グランツーリスモ5 A
白騎士物語光と闇の覚醒 B
アンチャーテッド黄金刀と消えた船団 C

セガサミー
龍が如く4伝説を継ぐもの D
ソニックカラーズ A
ファンタシースターポータブル2インフィニティ B

スクウェアエニックス
ファイナルファンタジー13 B
ドラゴンクエスト9星空の守り人 A
キングダムハーツバースバイスリープ A

カプコン
バイオハザード5 D
スーパーストリートファイター4 B
モンスターハンターポータブル3rd C

バンダイナムコ
テイルズオブグレイセスf B
SDガンダムGジェネレーションワールド A
アイドルマスター2 B

コナミ
メタルギアソリッドピースウォーカー C
ウイニングイレブン2011 A
ラブプラス+ C

コーエーテクモ
真三国無双5 B
信長の野望天道 A
ニンジャガイデンシグマ2 D

以下洋ゲーのローカライズ
Halo: Reach D
グランドセフトオート4 Z
レッドデッドリデンプション Z
Call of Duty モダンウォーフェア2 D
アサシンクリードブラザーフッド Z
FIFA11 A
ザエルダースクロール4 オブリビオン D
FallOut new vegas Z
スプリンターセルコンヴィクション C
関連記事
[ 2011/03/10 14:15 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(5)


仮に今、子供による凶悪犯罪があって、その子が大の凶悪ゲームマニアで、国会でゲームと犯罪の関係性が議論されたとしたら、「業界の規制が機能していない」と断じられても反論できないレベル

反論できるだろ
A方向の趣向を持つ人間がA方向のモノを集めていたに過ぎない
仮にA方向のモノが起因となったとしても、それを基準に一般化しだしたら表現物が全滅するレベル
子供はかなり判断能力無しって前提で物事が進んでいるが、公務員含めてわいせつ犯罪起こす大人が数多くいる以上、子供ばかりを公権力で縛る前提は崩れている
[ 2011/03/10 15:01 ] [ 編集 ]

>仮に今、子供による凶悪犯罪があって、その子が大の凶悪ゲームマニアで、国会でゲームと犯罪の関係性が議論されたとしたら、「業界の規制が機能していない」と断じられても反論できないレベル。


脳科学者が残虐なゲームと凶悪犯罪について関連性は無いと発表されたんだけどまだゲーム脳について言うわけ?
はっきり言ってゲーム脳を叫ぶ人間は軽蔑に値する
ゲーム脳脳だろ
[ 2011/03/10 16:58 ] [ 編集 ]

ゲームの年齢制限とかまったく気にした事ないわ
消防の頃から18禁ゲーとか普通にやってた
親もゲームに無関心だから何も言ってこないし
[ 2011/03/10 17:11 ] [ 編集 ]

 あ、書き方足りなかったですね…。テキストをちょびっと加筆しました。誤解させて申し訳ないorz

 言いたかったのは「子供に見せないための規制が機能していない」って言われたら、実際に子供があっさり買える状況なんだから「その部分では」反論できないでしょ? ってコトです。

 ゲームと犯罪率の話はまた別の話ですし、僕もゲームと犯罪発生率を学術的根拠なく結びつけるのはどうかと思いますが、今までの例を見れば、そういった議論になったときに、理論じゃなくて印象が優先されるのは目に見えていると思うんです。
 だからヘタに付け入る隙を与えないというか、そうなった時のエクスキューズとして「機能しているゾーニング」があった方がいいんじゃないかなーと。
[ 2011/03/10 20:18 ] [ 編集 ]

おぜうおぜう

こぜうおぜう
[ 2016/11/11 20:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1741-8492a85e