「グングニル」10時間ぐらい遊んだレビュー。「分かり難さ」で損している予感 

 PSP用のS-RPG『グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-』を、10時間ほど遊んでのレビューです。
 販売はアトラスで、開発は『ユグドラユニオン』とかの『リヴィエラ』のスティングです。


 ストーリーはなんていうか、ちょっと暗めのファンタジー系戦記物。タクティクスあたりが近いかもしれない。あれよりはややキャラ寄りな気もしますが。あくまで「やや」ですが。
 まぁ基本はキャラゲーではなく群像劇だと思います。
 ちょっとありきたりすぎる部分もありますが、僕は嫌いじゃありません。戦記物好きなんで。
 遊びはじめはキャラグラと世界観がズレている気もしましたが、そのうち慣れました。



 さて、スティングといえばマニアックなゲームを作ることで名が知れていますが、この『グングニル』もかなりマニアック。
 従来のS-RPGと比べるとかなり細かいシステムになっています。

 で、このメーカーはやりすぎて取っつきにくい印象のものが多いのですが、いざ遊んでみると、基本的な部分は素直な作りでもあるので、冒頭のチュートリアルにおける文字の多さにめげさえしなければ、S-RPGゲーマーならすんなり遊べると思います。
 とりあえず細かい仕様はスルーしておき、慣れてきたらその辺りを戦術に組み込んでいくようにすれば良いかと。
 つかチュートリアルが詰め込みすぎで逆効果だと思うわ…。


 で、このゲームのツボとも言えるのが、ターン性でありながら、動かすユニットをある程度自由に選ぶことができるフレキシブルなターンシステムを採用していること。
 で、このシステムによって、ユニットの動かし方が従来のS-RPGとは考え方がまるで違ってくるため、過去のS-RPG、例えば『ディスガイア』や『FFT』みたいな感覚で遊ぶとあまり楽しくありません。
 既存のS-RPGは「速攻各個撃破」が王道でしたが、グングニルは「急がば回れ。多少のダメージは気にせず戦え」って感じかと。

 僕も、最初は今までのS-RPG的な戦い方をしていたのですが、どうしてもストレスがたまってくるし、遊んでてもあんまり楽しくない。しかし考え方を切り替えて「ゆっくり攻める」ことを心がけるようにしてからは、キャラの配置を調整したり連携ワザで堅い敵を瞬殺できるようにもなり、グングニルならではの戦いを楽しめるようになってきました。

 そんなワケで、システムとしては悪く無いと思うのですが、「グングニルならではの特殊な遊び方に気づかせるための仕掛け」がもう少しあってもよかったかなぁと思います。

 冒頭でも軽くふれましたが、このゲーム、マニアックなシステムが多いワリに、それを理解させるための努力がおざなりすぎる気がします。「ついてこれるヤツだけついてこい」みたいな。
 もう少し導入をうまくやれば、楽しめる人が増えるんじゃないかなぁ…。


 あと、システム面で気になったのは出撃できるユニットが少ないこと。だいたい5人前後。
 まだ序盤なので、後半になれば変わってくるのかもしれませんが、だからって序盤がざっくりしていてイイというモノでもなく…。

 マップがかなり考えられた作りになっていて、進軍ルートや戦術的なポイントとなる部分などがしっかり用意されているので、作戦を考えることは楽しくなるのですが、一方でとにかくユニット数が少ないうえに、キャラがなかなか死なない仕様なので、戦闘が局地戦になりやすく、攻略全体ではあまりシミュレーションな感じは受けません。
 むしろRPGのタクティカルバトルをマニアックにしたと言えるかも。

 まぁ最近のS-RPGはタクティカルバトル系が増えてきているので、こっちこそが王道なのかもしれませんが。


 あと、システムがマニアックなのはいいんですが、宝箱とか敵が落としたアイテムをいちいち拾わないと行けなくなっているのは、マニアックを通り越してめんどくさいだけでした。
 このゲーム、システム設定的に「無駄なユニット」が発生しにくいので、結果として「宝箱を集めるユニット」を用意できない。
 したがって宝を回収するには、主戦力を割いてチマチマと集めなければならず、正直非常にウザい。
 落ちてるアイテムはクリア時に全回収してくれればいいのに…。
 まぁドロップアイテムをシカトすればいいだけなのですが、性格的にそうもいかず、ここは大減点ポイント。


 アマゾンのレビュー読んでたら、不満点として「途中セーブできない」「敵のガードが高い」あたりが上げられていました。
 個人的にはそこはあんまり気にならなかったですねぇ…。
 途中セーブできると楽ですがリセットゲーになって作業っぽくなるので善し悪しな気がしますし、ガードは横か後ろに行けば普通に当たりますしね。
 遠隔がやたらミスるのは閉口しましたが…。
 まぁ良くも悪くも「優しくないゲーム」とは言えるかもしれません。

--------------------------------------

 以上、ちょっとキツいことも書きましたが、いまのところ楽しく遊んでいます。
 宝箱取り損ねて2回ほどクリア直前にリセットかましたのもイイ思い出です。

 まぁアマゾンのレビューはかなり宜しくないので、好き嫌いが出やすいのかも。
 さいわい公式サイトにて体験版をダウンロードできるので、興味がある方は「とりあえず遊んでみてから」手を出すのが無難かもしれません。


・【『グングニル』レビューその2。心が折れたので積むことにしました】に続く。


『グングニル 魔槍の軍神と英雄戦争』公式サイト
『グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-』魔槍が導く、革命の戦記SRPG
PSP用本格SRPG「グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-」インプレッション

B004PEHFEQグングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-
アトラス 2011-05-19

by G-Tools


関連記事
[ 2011/05/29 18:30 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(2)


誤字っぽいです。「ついれこれるやつだけついてこい」
[ 2011/05/29 20:02 ] [ 編集 ]

なおしましたorz

指摘ありがとうございます。
[ 2011/05/29 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1827-e600b249