任天堂の新型ゲーム機について日経が報道&NGPとWii2ではNGPが人気 

 噂になっていた任天堂の新型ゲーム機について日経が報じています。
 内容は従来リークされていたものとほぼ同じですが、日経が報じたことによって、その内容の信憑性がかなりあがったと言えるでしょう。

「Wii」後継機、コントローラーが携帯ゲーム機に任天堂、タッチパネルとカメラを搭載
 任天堂は 2012年半ばにも発売する据え置き型ゲーム機の「Wii」後継機で、タッチパネルを搭載した新型コントローラーを採用する。タブレット端末のような操作でゲームを楽しめるほか、携帯型ゲーム機としても遊べるようにする。
 06年に発売したWiiはブームが一巡。利便性を高めた後継機の投入で巻き返しを図る。

 新型コントローラーは、画面サイズが約6インチのタッチパネルを搭載。
 コントローラーには2次電池も内蔵しており、テレビが使えない状況では、コントローラーを携帯型ゲーム機のように利用することができる。 据え置き型として使う場合は、例えば画面を指先でなぞってテレビ画面上のキャラクターを動かすようにする。

 コントローラーにはカメラ機能も搭載。撮影した人物の特徴を反映した分身をゲーム内に登場させるなどの遊び方も盛り込むとみられる。現行のWiiの累計販売台数は世界で8600万台に達したが、足元では苦戦が続く。人気ソフト不足と、低価格で気軽に遊べる交流サイト(SNS)や、スマートフォン(高機能携帯電話)、タブレット端末などを通じたゲーム市場の拡大が背景。

 Wiiの10年度の世界販売は前年度比27%減の1508万台にとどまった。任天堂は新型Wiiを携帯型としても利用できるゲーム機にして、ユーザー層を広げる。


 スペックよりもギミック山盛りなのが任天堂らしいといえばらしい。
 それにしてもコントローラーに6インチってかなりデカいよなー。重くて疲れるんじゃねって気がw


 Wiiの累計8600万台ってPS2と比べてもかなりの数字だと思うんですが、普及というか売れ方が従来のゲーム機とはちょっと違い、売れ行き急ブレーキ&新作ゲームが任天堂モノしか売れないと、現状はかなりネガティブな印象。
 WiiHDでその流れをひっくり返せるかどうかは結局ソフト次第だと思うのですが、まぁ公式発表こないとなんとも言えないですよねぇ…。任天堂モノ以外は何が出るかなー?

 まぁ任天堂の特徴でもある「開発が楽」という路線が守られているのであれば、ある程度の台数さえ売っちゃえば、現行HDタイトルのマルチ発売が1機種増えるってことでソフトの本数はある程度キープできるんじゃないですかねぇ…。
 性能的には3つの中で最上位なんだし、Wiiのときみたいな「完全ぼっち状態」は避けられるような気がしないでもないです。


PSP次世代機「NGP」 vs. Wii後継機、購入意欲が高いのはNGP ― 首都圏ゲームチェーンが独自調査

 Wii後継機買いたい人:23.8% vs NGP買いたい人:39.1%

 Wii後継機は公式に発表されていない対応タイトルはまるで分からない状況なので、買いたいとまで思う人は少ないでしょうねぇ…。
 まぁ任天堂のゲーム機ってスペックが今ひとつでコンセプトで売る路線に走っているから、スペック大好きハードゲーマー層からは微妙な評価になりやすいですね。僕もWiiは「他の2つとは別モノ」的な感覚ありますし。

 E3で詳細が発表されるでしょうから、果たしてどんなゲーム機なのか、そしてそれを受けてどういう評価を受けるかに注目です。
関連記事
[ 2011/06/04 14:23 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)


国内のWiiは週販でPS3にダブルスコアで負けているから後継機の期待度しては妥当な結果なのでは?
PSPは今国内で一番売れているハードだし、携帯機と据え置き機で比べるなとかソニー寄りアンケートとか言ってる人は冷静になった方がいい
[ 2011/06/04 19:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1838-7f25db0a