任天堂の新型機は「Wii U」。液晶付きコントローラー搭載&Wiiと完全互換 

 任天堂の新しい据え置き用ゲーム機の名前が発表されました。

 Wii U(ウィーユー)

 Wiiの名前は残しました。
 語呂はいいけど、字面の見た目はあんまりだなーw
 発売は2012年。値段には触れず。


 スペックは以下。
  • サイズ
     高さ約46mm×幅約172mm×奥行き268.5mm (突起物含まず)


  • 新コントローラ
     6.2インチ、16:9のタッチスクリーンとボタンコントローラが合体した充電式コントローラ。
     2つのスライドパッド、電源ボタン、HOMEボタン、十字ボタン、A/B/X/Yボタン、L/Rボタン、ZL/ZRボタン、加速度計、ジャイロセンサー、振動機能、カメラ、マイク、スピーカー、センサー部、タッチペンを備えている。


  • 他のコントローラ
     Wiiリモコンは最大4本まで同時接続可能。ヌンチャクやクラシックコントローラ、バランスWiiボードなど、あらゆるWiiコントローラや入力装置に対応。


  • メディア
     新ハード用12cm高密度光ディスクおよび、Wii用12cm光ディスクをプレイ可能なセルフローディング式ドライブ搭載。


  • ビデオ出力
     1080p、1080i、720p、480p、480iに対応。 HDMI、コンポーネント、D端子、S端子、コンポジット。


  • オーディオ出力
     AVマルチ出力およびHDMI端子からの PCMリニア6CH出力対応。


  • 容量
     内蔵フラッシュメモリ。SDメモリーカードや外付けUSBハードディスクドライブによる拡張可能。


  • CPU
     IBM PowerRを基にしたマルチコアプロセッサ。


  • その他
     4つのUSB 2.0端子。Wiiとの後方互換性。



 コントローラーのモニターには、Wii U本体で作られた映像が遅延無く転送される。とのこと。
 イメージ的には本体にTVとコントローラーのモニタをくっつけたデュアルモニタ環境ってところでしょうか。

 TVとコントローラーは、両方に同じ画面を表示するクローンモード的な使い方と、それぞれの画面に別々の映像を表示する拡張モード的な使い方が可能。
 TVの画面を使わずコントローラーの画面だけでゲームを遊んだり、一方でコントローラーの画面でTVのゲーム画面をズームして狙いをつけたりといった2つの映像を連動させた遊び方もできる。

 スマブラを3DSとWii Uで作成&それぞれのプラットホームのものが連携する。
 3rdパーティタイトルでは、ダークサイダー2、鉄拳、アサシンクリード、ゴーストリコン、EAスポーツ、ニンジャガイデン、バットマンなどのタイトルが開発中。


 これ、コントローラー部分のコンセプトについては、かなりスゴイと思う。

 ナニがスゴいって「TVとコントローラーで2つの映像を同時に表示しつつ、その映像を連動させてゲームができる」ってこと。コントローラー部分には各種センサーやパネルが付いているから、単純なモニター2つとは次元の違う連動性を持たせられるワケです。

 プレゼンでは「コントローラーを足下に置き、そこにボールを表示、Wiiコンでスイングして、TV画面でボールの飛んでいく様を表示する」って使い方が表示されていました。
 これクチで説明しても分かりにくいと思うんで、動画で見ることオススメします。
 Liveの方はシークできないんで該当部分見るのめんどうですが、日本語同時通訳付き。
 Youtubeの方はWii U部分のみ閲覧できますが、英語のみです。

Nintendo E3 2011 プレゼンテーション



 ともあれ、プレゼンを見れば「ゲームの表現力、ゲームのプレイ体験が革新的に向上する可能性」を感じることができると思います。
 妄想膨らむわぁw

 不安は「コントローラーが重そう」ってトコかなぁ…。あれ持って何時間もゲームするのはキツい気もする。
 あとストレージがデフォルト内蔵フラッシュのみでHDDは外付けオプションってのもちょっと心配。外付けHDDでキャッシュ的な使い方ができればいいんだけど…。


 まぁコンセプトが革新的でも売れるとは限らないのがゲームの世界。
 実際に成功するかどうかは、いつも言いますがソフト次第。このハードだから実現できるゲーム体験のアイデアとそれを実現したタイトルをクリエイターの人たちに期待したいところです。


任天堂 E3特設ページ
 スペック、ラインナップ情報はコチラで。
社長が訊く E3特別編
 岩田社長と宮本氏がWiiUについて対談。
関連記事
[ 2011/06/08 02:45 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(6)


まさか3DSより駄目なハードを出してくるとは思わなかった
[ 2011/06/08 03:46 ] [ 編集 ]

案外沢山のことができてますねえ
Wiiのパクリで進化版のmoveやキネクトをパクり返して「これがWii2だ!!」より100倍斬新です
任天堂はアイディア屋ですね

あと動画最後のゼルダのメイン画面もコントローラーに表示できてるって所を評価したいです
家の中限定ですけどNGPみたいじゃないですか
コアゲーマーにも向けたハードという根拠はここ?
[ 2011/06/08 03:58 ] [ 編集 ]

 

結局次世代は据え置きと携帯機の連携が肝ってことかな。
PS3とNGP,wiiとwiiuどっちが受けるのか。
こう見るとMSだけおいてけぼりだけど。
[ 2011/06/08 09:29 ] [ 編集 ]

3Dをパクった次はipadのパクリですか
任天堂らしいですよね
岩田社長に言わせると、任天堂ハードのコンセプトは開発中は世間では盛り上がってないのに、発売する時には常に市場で盛り上がってて受け入れられる準備が整ってるだそうで
言葉がありませんでしたねそれを世間ではパクリって言うのにね(苦笑)
[ 2011/06/09 07:21 ] [ 編集 ]

それをパクリとは言わないと思うよ(笑)

3DSが3Dをパクったって強引すぎだろw
VITAはDSのパクりなのかと。
[ 2011/06/09 10:59 ] [ 編集 ]

箱とPSにHD市場を暖めてもらって、後からのうのうと参入して色々掻っ攫おうと目論んだんだろうが、時期と投入するマシンを間違えたなww

パクリじゃないだろうが3Dを散々否定しといて、しゃあしゃあと3DSなんぞ出してるのにはとてつもない面の皮の厚さは感じる。
[ 2011/06/09 21:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1846-4dc3c94d