小島監督「日本のメーカーは海外で成功する必要があるのか?」@ファミ通 

 今週のファミ通の巻末記事「VIPに聞く」にて、コナミの小島監督へのインタビューが掲載されています。
 そこに「日本のゲームメーカーが海外で成功するには?」的な内容があったので、ちょっと引用。
 詳細は今週発売のファミ通巻末のインタビュー記事をどうぞ。これ以外にも新ハードのことや小島監督の今後の展望などが書かれています。

  •  海外海外言っているが、ほんとに海外で成功する必要があるのか? 日本のメーカーは海外で成功するための意識が低いと言わざるを得ない。


  •  海外でゲームを売るためには、開発チームを日本向けとグローバル向けで完全に分けるしかない。一つのチームですべてをやるのは不可能だ。


  •  アメリカ人は銃でエイリアンを倒すのが好きだ。どうして「それ」が楽しいのかを理解していなければ海外向けのゲームを作るべきではないし、作る必要も無い。


  •  日本人は「どうしてエイリアンなの?」と言うけど、アメリカ人は「どうしてフェミニンな少年がバカでかい剣を持って日本で戦うの?」と考える。客層がそのように分かれているのだから、それぞれに細分化して物作りをするのは当然のこと。


  •  8bitの時代のゲームデザイナーの仕事は物事を記号化しルールを作ることだった。しかし欧米ではそれらはPS2とともに180度変わった。今や、ゲームデザイナーの仕事はルールを考え出すことではなく、ゲーマーの嗜好を分析して彼らが夢中になれる世界を作ることにある。

  •  もともと海外志向(というか上昇志向かな?)の強い方なので、インタビュー記事からは日本のゲーム業界のあり方が海外のそれと比べて差を付けられているとの認識が強く感じられました。

     出だしが「海外で成功する必要があるのか?」で始まり、「海外海外言うワリに、真剣に考えているところは少ない」と続き、「嗜好に合わせて細分化するのは当たり前」と〆ているので、本意が「日本でガンバりゃいいじゃん」なのか「日本メーカーはワールドワイドでやる気あんの?」なのか、はたまたその両方なのかは良く分からず…。
     素直に読めば「ムリに世界で勝負しようとしないで、日本向けなら日本向けをしっかり作りゃいいんじゃない」ってとこでしょうか。


     で、内容的には全面同意っていうか、そもそもこういう考えの人ってけっこう多そう。ネットの海外日本比較記事のコメントなどを見ているとそんな気がします。

     アメリカと日本じゃ明らかに「面白い」の基準が違う。
     それはゲームの内容がどうとかいう上っ面の部分じゃなくて大元の感覚的な部分での違いだから、その差を埋めるのがとても難しいのは間違いない。

     いくら面白いゲームでも、日本じゃ中年のオッサンが主人公のゲームは売れにくいもんw 中年主人公っつーと桐生さんとかもいるけど、アノ人も基本美形だしなー。ニコとかマーカスが日本で人気者になれるとは考えにくいw

     ただ、最近は小島監督の言っている方向性が強まってきている気がします。

     ちょっと前は「国産だけど洋ゲー的要素もちょっと入れてみました」的なゲームが目立ちましたが、この頃はあきらかに日本市場しか狙ってないゲームと、日本メーカーのタイトルだけど中身は完全洋ゲーってタイトルに分化してきたような印象が。
     日本資本だけど海外スタジオ産ってのも増えてますし。

    「完全日本特化ゲーム」が増えてきたのは、日本の据置ゲーム市場だけである程度商売できるようになってきたのが大きいのかな? 一時期は、ヘタすりゃ和風ゲームの据置きタイトル全滅&総携帯化なんて雰囲気もありましたしねぇ…。
     そこから考えればだいぶ状況が良くなっているかと。

     まぁ日本向けのテイストで海外の大作みたいな作り方したら、とてもじゃないけど資金回収できないんだろうなぁ。市場のデカさが違いすぎですよね…。
     その辺はちょっと残念ですが、まぁ諦めてあるモノで楽しむしかないかなぁとも思います。


     そうは言いつつも、洋ゲも和ゲも好きな僕としては、両方がキレイに融合したゲームもやりたいんですがw
     でも商売として成り立つかどうかを考えると中々難しいのかなー。




     以下雑談。


     さて今回の記事、実は僕がこのネタを仕入れたのは海外サイトのVG247。
     で、VGは1UPをソースにしてて、1UPは23日発売のファミ通がソースという猛烈なたらい回し状態だったりします。

     僕はVG読みながら記事をざっと訳し終えたところで「ソースはファミ通」ということに気づきまして…あわててコンビニへファミ通を探しにいくハメに…。
     というワケでこの記事は

     日本語がソースの記事なのに、英語サイトで見た情報を元にして書きましたw

     いや、最終的にはファミ通読んだんですけどね…。俺の英語翻訳にかけた苦労はなんだったのかとw
     ゲーム情報ってグローバル化してますね^^^ 


     一応、海外の記事はコチラ。まぁこっち読むよりファミ通読めば万事快調。

    Hideo Kojima asks if Japanese developers need International success

     1UPはURLが切れてて、サイトが繋がらなくなってるのでリンクは無しw
    関連記事
    [ 2011/06/23 19:17 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(2)


    >いや、最終的にはファミ通読んだんですけどね…。俺の英訳にかけた苦労はなんだったのかとw

    英訳ではなく、和訳では?和に訳すのですし。
    [ 2011/06/24 09:59 ] [ 編集 ]

    あ……

    直しました。ありがとうorz
    [ 2011/06/24 10:07 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿


    蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

    ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

    スパム対策のため「http」が使えません。

    お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1876-0124d49b