バイオ3Dが中古対策? セーブデータ削除不可仕様に海外の小売りが反発 

 先日発売された3DS用ゲームソフト「バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D」ですが、実はこちら「セーブデータは一つだけ。さらに削除不可」という仕様とのこと。
 このため、海外の「新品返品制度」を採用している小売店がバイオ3Dの販売を見合わせようとしている、とのことです。

『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』の仕様に海外でボイコットの動き
EB Games Australia recalling Mercenaries from sale over save file debacle?

 いやー、このやり方は盲点だったわw
 ちなみに、海外版だけでなく、国内版もこの仕様とのこと(公式Q&Aに明記されてました)。

 持ってないんで具体的には分からないけど、多分「ニューゲームとかはOK。ただし隠し要素などのシステムデータの初期化は不可」ってことだよね? 以下、その前提。


 このやり方だと中古売買は厳しいですね。
 セーブスロット一つだから「中古の場合、まっさらな状態でプレイは不可能」ってことだもんなー。

 まぁ普通に遊ぶ分には「初期化」とかそうそう使わないといえば使わない。
「取り逃した場合、初期化しないと絶対取れない」みたいな要素があれば別ですが、わざわざこんな仕様にしたということはそういうケースは無いのでしょう。


 ただ、カプコンは「中古対策ではない」と言っているようですが、じゃあなんでそんな仕様にしたんだよ、という疑問は残るw どっかで説明してるのかしら?

 さっき「そうそう使わない」とは書きましたけど、消してイチからやり直したい人も少しはいるでしょうし、逆に「消せないこと」によるメリットは何もないでしょうから、ユーザーから見たら「デメリットしか無い仕様」にしてるとも言えるんですよね…。

 いっそ素直に「中古で売られると利益が上がらなくて困る。だからその対策です」って言った方がいいんじゃないかなー。「そういうことならやむを得まい」って納得してくれる人もいるでしょうし。

 その場合、中古店や中古ユーザーの反発はより大きくなるかもしれませんが、ぶっちゃけメーカーにとっては痛くも痒くも無いし。
 多少の企業イメージダウンというか反発はあるかもしれませんが、ほとんどの人はメーカーのイメージまで考えてゲーム買わないし。(僕はイメージで買わなくなりますがw)

 あえて言うなら「新品買って中古で売る人は買わなくなる」ってケースはあるかもしれません。
 その代わり「中古が無いから新品買う」って人は増えるし、「廉価版が出ても中古の方が安いから中古買う」って人も位無くなるので、トータルで見たらなんとも言えなそう。

 まぁ、これが中古対策になるようなら、今後、こういったスタイルが増えるかもしれませんね。
関連記事
[ 2011/06/29 12:24 ] いろいろ | TB(0) | CM(1)


ミニゲームみたいなゲームなんで、ニューゲームとかないです。
ハイスコアとアンロック要素の消せないレースゲームをイメージしていただければいいかと思います。
[ 2011/06/30 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1883-cf88741c