「いまや90%はデジタル販売。もはや小売店は不要」@海外ゲームメーカー 

“Paradoxはもはや小売業者を必要としない”セールスの90%をデジタル販売が占めるとFredrik Wester社長が発言(doope)

 Paradoxはヨーロッパ・ユニバーサリスやハーツ・オブ・アイアンといった、ハードなシミュレーションゲームで注目を集め、最近ではMount&BladeやKing Arthurシリーズの販売などでも知られています。

 基本的にPCゲームメーカー。
 PCゲームの世界ではSteamを初めとする「ダウンロード販売」がかなり浸透してきているので、こういった発言も「あぁなるほどなぁ」と驚きよりも納得が大きい感じです。
 それでも「90%」はなかなか大きな数字だと思います。

 実際、僕は最近PCゲームはほとんどSteamなどのデジタル販売で買ってます。パッケージ買ったのってWarcraftの拡張とかスタクラぐらいじゃないかなぁ…。あれもデジタルで買えればそうしたんですけど、日本は購入制限かかってたんで。

 いまやデジタルの方が安いし、洋物PCゲーってパッケージがぶっちゃけ安っぽいから、実物のプレミアム感があんまないんだよね…。

 とにかく、Steamのバーゲンの安さは異常。積みゲー増えすぎorz


 以下戯れ言。



 僕がこの記事の中で気になったのは
続編ばかりが乱発される昨今のゲーム市場における傾向が、チャートダイアグラムなどを元に安全なセールスを望む小売業者の要求が占める原因も大きいと述べ、続編ではないクリエイティブな新しいゲームの登場を未然に防ぐのは小売側のチャレンジでもあると発言。

 という部分。

 けっこう忘れがちですが、コンテンツ産業だと「小売店の影響力」が無視できないケースもあるんですよねぇ。

 日本だと、その傾向が見られるのが「漫画」とか。
 基本的に今の漫画は出版点数が非常に多く、「出版されるすべての本を棚に置いておく余裕はない」という状況。
 古くなった本だけでなく、発売後それほど時間がたっていない本でも、新刊を置く場所を確保するために、どんどん返本しちゃいます。(このへんは返本可能時期って理由もありますけど)。

 本屋としては、少ない展示スペースで儲けを得るために「確実に売れそうな本」、つまり人気マンガ家や定番シリーズ物を積極的に取り扱い、売れるかどうかよく分からない新人の本やマニアックな物は、入荷数を押さえたり、まったく扱わなかったりするわけです。

 で、出版元としては、とにかく本屋に置いてもらわなければ商売にならない。置いてもらうにしても目立つ場所に置いてもらいたい。
 そのため、本屋さんへのアピール力が強くなるよう、売れる要素を分かりやすく押し出せる本が中心になっていきます。

 まぁ、こういう話は、詰めていけば漫画だけでなく、流通するモノすべてに言えますよね。映画だって、洋服だって、電器製品だって。
 つまり「消費者が選択する前に、小売店の選択が挟まれる」ワケです。
 そして小売店の選択は往々にして、消費者の選択より手堅くて打算的になりやすい。


 このスタイルが悪いとは思わず、むしろ資本主義だったり競争原理だったりを考えると当然だと思うのですが、一方で「冒険しづらい」という状況は、コンテンツ産業にとっては、あまり良くないことだと思います。

 そう考えると、作り手がダイレクトに消費者に商品を届けられる「デジタル販売」という形式は、流通形態という商業的な理由だけでなく、それ以上に「クリエイティブな作品を売るためのシステム」として相性がよいのかもなー、なんて思いました。


 コンシューマーはまだまだパッケージが主流ですが、遠からずデジタル流通になっていく…のかなぁ? まだちょっとそういったイメージは沸かないです。
 特にPS3のブルーレイ全開ゲームなんかはダウンロード購入は厳しそうだわ。

 
関連記事
[ 2011/07/11 10:28 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(5)


PCのDLゲームって買ったこと無いんでDLにどの位時間がかかるのか知らないけど
北米のPSストアで買った9Gのゲームは、DLしてインストールが終わるまで6時間くらいかかったなあ
LAノワールが25G位らしいけど
仮にDL版が出ても25Gのゲームなんて落とす気にはとてもなれないわw
[ 2011/07/11 10:52 ] [ 編集 ]

SteamだとバックグラウンドDLで放置しちゃうんで、速度はハッキリわからないんですが、9Gでも6時間はかからないんじゃないかなぁ…。

とはいえDVDサイズを越えると、ダウンロード購入はちょっとためらわれますよねぇ。コンシューマーだと標準HDDの容量問題もあるし。
[ 2011/07/11 13:14 ] [ 編集 ]

ビジネスのPCソフトはDL版購入してますね。後は音楽系
家庭用ゲームはパッケージとDL版の価格差がまだ小さすぎて…

格ゲーみたいなゲームだと難しいかも知れませんけど、
ストーリー物なら今プレイしてる次の部分をバックグラウンドでDLすればいいのかも?
3章を遊んでる時に、4章と5章がDL中とか…
必要な部分だけを手元に持って来るようにすれば、
端末の記憶容量も小さくて済みますし、割れ対策にもなるんですけど、
近い未来なのかまだまだ遠いのか…どうなんでしょうね。こういう妄想は好きですw
[ 2011/07/11 13:58 ] [ 編集 ]

>>ゆき さん
たしかPS3のSIRENがチャプター毎の分割販売でしたよ。
まあ、最終的にはすべてのDLデータがHDに保存されるので
ゆきさんの想定とはちょっと違うかもしれませんが。
[ 2011/07/11 22:04 ] [ 編集 ]

ネトゲなんかは、ある意味そういうシステムですよね。必要な部分だけもってくるみたいな…。
最近はアプリのクラウド化が進んでますし、「端末とプレイ権利さえあれば、どこからでもプレイ可能」とかになると便利かもしれませんねー。
[ 2011/07/11 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1897-94585e32