ジュースを飲みまくって急性糖尿病になる人が増加中。飲むもの無いね! 

毎日何本もジュース飲む「ペットボトル症候群」の若者が増加中…1リットルのジュース=角砂糖20個

 清涼飲料水にはかなり多めの糖分があり、それを水代わりに毎日大量摂取することで、急激に血糖値が上がる「ペットボトル症候群」になってしまうそうです。

 ジュースを飲料水代わりに飲むなとなると、次に浮かぶのは「コーヒーやお茶」ですが、あれはあれでカフェインが入ってます。
 先日「カフェイン中毒の話」を書きましたが、だいたい「コーヒー3杯ぐらいを毎日長期間飲み続けると危険」って感じ。
 お茶と紅茶もコーヒーほどじゃないけどカフェイン多いから、お茶紅茶コーヒーだけで水分摂取しているとカフェ中毒のリスクアップと…。

 アルコールは最近だと「少し飲んでも発がん率アップ」って話もあるぐらいだし、体には良くない説が伸張中。

 コーヒーもお茶もジュースも酒もダメとか、もう飲むモノ無いね!


 となると、無難なのは「水」と「十六茶や麦茶などのノンカフェイン茶&ノンカフェインコーヒー」ぐらい?
 人工甘味料系も摂りまくるとヤバいって話がありますしねぇ…。

 まぁコーヒー&お茶と清涼飲料水を適当にローテーションして飲めばいいと思われ。適当に水とかも混ぜて。
 なんにせよ「単一のモノを摂りまくる」のは、思わぬ副作用が発生しやすいのかもしれません。


 そういや乳製品は発がん率がアップする、なんてニュースもあったなぁ…。


【おまけ】

 ふと気になったので、カロリーオフのスポーツドリンクの総カロリーは、砂糖何個分ぐらいあるのか調べてみた。

 スポーツドリンクのカロリー表示って「100mlあたり」になっているので、ローカロリーな気がしますが、仮に100mlあたり20kカロリーとすると(カロリーオフの栄養ドリンクがだいたいこれぐらい)、500mlのペットボトルで100kカロリーもあることに。

 砂糖が1gにつき4kカロリー弱なので、100kカロリーは、だいたい砂糖26g分。スティックシュガー(3gの細いヤツ)で8本ちょいです。

 ずいぶんカロリー高いなw

 カロリーすべてが糖質由来でないとしても、糖質の占める割合はかなり多いと思われ、そりゃ糖尿予備軍にもなるってもんです。


 ちなみに下の記事(2008年のもの)によると、、コカコーラZEROの500mlあたりのカロリーは0じゃなくて14kカロリーだったそうです。スティックシュガー1本ちょっと。

ノーカロリーコカ・コーラ、実は砂糖入り! 本当にゼロカロリーなの?

 ZEROのラベルには「0kカロリー」と書いてあるのに、実は0じゃない。
 なんでこんなことが起きるかというと、実は日本の法律だと「100mlあたり5kカロリー以下は0カロリーと書いても良い」からだとか。

 つまりノンカロリー飲料なのに、カロリーゼロじゃないものもある…と。

 商品全体で5kカロリーならともかく、20kや40kもあるジュースが「カロリーゼロ」と謳っているのは違和感ありますねー。
 0と1の差は限りなくでかいのに。

 なお、記事元では「ラベルに砂糖って書いてある」となっていますが、コーラZEROは2010年に「糖分ゼロ」を実現したとのこと。
 なので現在のコーラZEROはホントにカロリーZEROなのかもしれません。

 それを知る術は、成分表示見るだけじゃ無いんですけどね。
 オールフリーもカロリーあるのかなぁ…
関連記事
[ 2011/07/14 14:38 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)


麦茶→アクリルアミド大量含有で発がん性有り
水飲もうぜ水
[ 2011/07/14 18:43 ] [ 編集 ]

アルコールは適量なら飲まないよりも健康に良いんですけどね…だいたいは適正量を超えて飲むことになるので肝臓に宜しくない。
[ 2011/07/14 21:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1901-39993f5e