放射線よりストレスの方が怖い@asahi.com / 御影石は放射性物質らしい 

 asahi.comに放射線の知識についての記事が掲載されていました。
 僕が知っている範囲では、客観的なまとめな感じです。それぞれの理由付けの根拠やソースも提示してますし。

放射線、人体への影響は? 杉野講師に聞く

 この中で押さえておきたいのは

――放射能、放射線について一般の理解は。
 自然界には放射線がもともと存在する。それを知らない人が多く、低線量でも数字を見ただけで驚いてしまう。群馬のように福島第一原発から一定の距離がある地域では、そのストレスによる病気の方が怖い。

――自然放射線のレベルなら無害ですか。
 放射線が細胞に当たると、細胞内のDNAの鎖を切ってしまうが、自然放射線量程度だと、切られた鎖を自動的に修復する。あるいは、がん化する前に細胞を自滅させる。こうした能力を人体はもっている。しかし大量の放射線を浴びたり、体の免疫力が弱っていたりすると、修復できず発がんする。


 という部分。
 ちなみに、「がん化する前に自滅させる機能」ですが、この機能もストレスによって低減するとも言われています。

 ストレスってホント危ないですねぇ…。

 メディアが事実を伝えることは大事だと思うんですけど、事実を切り貼りして煽るための構成にしちゃうと、かえってストレスを増して健康に害が出ると思うんだよなぁ…。

 ストレスを貯めないためには、さまざまな情報を積極的に集めたうえで謙虚に受け止めて、知識を幅広く育てていくのが良いのではないかと思います。
 知っていれば選択できて、納得して選択すればストレス減りますしね。



 以下、放射線について考えたことを適当に。
 きっちり裏取ってるワケじゃないので、暇つぶし程度にどうぞ。



 その他、記事中で気になったことをまとめ
  • 放射線を短期間で100ミリシーベルト浴びると、発がん率がコンマ%ほど上昇することがデータから得られている。割合的には喫煙とか野菜不足と同じぐらいで、肥満や運動不足よりは低い。

  • それ以下の線量の場合、放射線が健康被害を引き起こすことを立証したデータは無い。

  • 「低線量なら大丈夫」という証拠もない。したがって「安全を考えるなら低ければ低いに越したことは無い」という考え方によって、基準量を決めている。


 野菜不足とか運動不足の方が放射線より発がん率においてはハイリスクなのか…。ニュースステーションあたりで「放射線より危険なもの特集」とかやってくれないかなー。


 で、「そもそも自然放射線量ってどれぐらいあんの?」という話ですが、日本の自然放射線量年平均が1.4msv。世界の平均が2.4msv。ローマ、ロンドン、ニューヨークあたりが0.25μSv/時だそうです。(ソース:世界主要都市の放射線量

 0.1μSv(マイクロシーベルト)/時=876μSv/年≒0.9mSv(ミリシーベルト)

 関東は自然放射線量が低めで、年平均1mいかない程度。ちなみに茨城福島はちょっと高めで1mほど。(ソース:全国の自然放射量

 東京の事故前の放射線量がだいたい0.1μSv/時と思われ。
 世界平均の放射線量が0.27μSv/時。
 東京は世界的に自然放射線量が低めの地域なので、0.1~0.2μSv/時ぐらいは余裕があるって考えられるかもしれません。
 気休めですけど。


 ネット見てて気になったのは「測定値が0.13μSvもあった! 年間許容量を余裕で超えるじゃん! 東京ヤバイ!!」って記事がありましたが、これは明かな間違いで、年間許容量には自然放射分は含まれません。
 東京の場合で言うなら、0.19μシーベルトぐらいで年間許容量オーバー。それでもローマやロンドンよりは余裕で低いんですけど。

 ちなみに年間許容量は医療分も除外。安全だからって理由ではなくて「診断に必要だから」って理由らしいです。
 けっこう適当な基準ですね。



 まぁ低線量の放射線の影響がハッキリしていない部分がある以上「浴びないに越したことはない」と考え、自衛意識を持つのは大事だと思うのですが、一方で過度に心配してストレスなどで健康被害を被ってしまうのも馬鹿らしい。

 結果の重大性と対策の難度のバランスを考えながら、できる範囲で付き合っていくのがいいかと思います。



 個人的に、記事の中で一番驚いたのは「花崗岩の御影石でできたロビーは0.1μsv/時」ってところ。自然放射量があるので花崗岩だけで0.1ということはないでしょうが、平均よりは微妙に高くなっていると思われ。
 御影石っていうと神社の鳥居とか墓石、あと小じゃれたビルなんかでも使われてますね。

 まぁ気にするレベルでは全然ないけど、このご時世だとちょっと考えちゃいますね。
関連記事
[ 2011/07/15 13:13 ] ニュース | TB(0) | CM(3)


ゴフマン説によると、100ミリシーベルトを10歳児が浴びたら、11パーセントがガン死するんだが。
0歳児は15パーセント。
50歳以上は1パーセント以下とリスクは激減する。
大丈夫と笑っている糞学者どもは確かに大丈夫だわw

ちなみにその糞学者どもはゴフマン説に異を唱えていて、
せいぜいこの1/4程度だろうと主張している。

つまり、毎年100ミリシーベルトを浴びたとすると、小学校の一クラスあたり一人くらいがコンスタントにガン死するのを、奴らは安全と主張しているわけだ。

ゴフマン説によれば、1クラスあたり4~5人が死んでゆく。
学校の規制値の20ミリシーベルトでも、クラスあたり1人はガン死する計算だ。

学級あたり3クラス程度の規模の小学校なら、20ミリシーベルトで毎年18人くらいの葬式が出るぞ。
校長、大忙しだな。

間違っていたら具体的に指摘してくれ。


[ 2011/07/15 14:18 ] [ 編集 ]

 んー、低量放射線を非常に危険視する説があるのも知っているんですが、それがどの程度正しいのか分からないんですよね。
 ゴフマンさんの説や、その説が根拠として採用している統計資料などのソースを提示してもらえると幸いです。

 少しでも危ない! という説がある一方で、年10ミリsv浴びても子供の発がん率に大きな差は見られないって場所もあるみたいですし。放射線についてはまだメカニズムがハッキリしていないだけに、いろんな説を知った上で、どれを採用するかを個々人が決めるしかないんでしょうねぇ…。

「放射線量フクシマより多い」 ブラジルの療養ビーチ閑古鳥
ttp://sankei.jp.msn.com/world/news/110602/amr11060209240000-n1.htm
 
[ 2011/07/15 17:33 ] [ 編集 ]

放射能と放射線と放射性物質の区別がつかない人は
まず勉強して区別がつくようになってから騒ぎましょう。

ベクレルとグレイとシーベルトも区別つくようになってから
騒ぎましょう。

自然放射線被ばくと医療放射線被ばくは制限値が無いのも
知っておいてほしいですな。

とにかく騒ぐなら正しい知識を得た後で。
じゃないと子供は守れませんよ。
[ 2011/07/15 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1902-44236d65