「ネットゲームで廃人になった!」とゲーム会社を提訴→裁判開始@アメリカ 

「廃人になった」:ゲーム会社を提訴、審理開始へ
原告であるCraig Smallwood氏は、韓国のゲーム制作会社、NCsoft社を相手取り、中毒を引き起こす性質のゲームによって受けた損害の賠償を求めている(金額は明言されていない)。同氏は、2004年から2009年の間にLineage IIを2万時間プレイしたが、「このゲームに中毒すると知っていたら」遊び始めなかったと主張している。

 いつも思うけど、アメリカには「自己責任」って言葉は無いんですかね? まぁ日本みたいになんでも自己責任って押しつけるよりはマシだと思いますが。

 ちなみに1年は8760時間。2万時間というと、だいたい2年ちょっとですか。
 6年で2万時間ってことは、1日の1/3ほどを遊んでいた計算に。

 あれ…

 ヤバい全然おかしさを感じないww
 それぐらい普通にアリじゃねって思う俺がいるwwww

 そうだよなぁ…FFの総プレイ時間は2年とか余裕で越えてたもんなぁ…。まぁ寝オチもいっぱいありましたがw


 とはいえ、ネトゲの中毒性が高いのは確か。FF11やってた頃は、それこそ「職業=FF」みたいな廃人さんがゴロゴロしていましたし、僕もFFとかモンハンにやたらハマった時は、仕事中もそのことばっか考えてたし。

 なんでネトゲってあんなにハマるというか「長い時間遊んでも飽きない」ですかね?

 仮にFF11がそのスケールと内容をそのままに、オフラインゲームになったらどれぐらいハマるのかなぁ…。
 僕なんかはオフゲ好きなので、FF11オフラインがあったらそれこそ中毒気味にハマる気がしますが、一般的には訴訟や殺人事件が起こるほどのコトにはならないだろうなぁって思うと、やっぱ他人とのコミュニケーションや他者への優越感の有無ってのがデカいんですかね?

 ゲーム以外でのコミュニケーションが不足している生活だと、ハマりやすいってのもあるような気もします。

 まぁいくらハマってもそこは個人の裁量だと思いますが、ハマったせいで「ゲームを好きなだけ遊ぶこともできなくなるほどに実生活に支障が出る」ともったいないコトこのうえないので、適当に折り合いを付けていきたいところです。

 
ネットゲームの争いが現実の乱闘に:1人死亡、ロシアで
中国の少年が同級生に放火、「ゲーム『WoW』から影響」と主張

関連記事
[ 2011/09/07 11:58 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(2)


自己責任とか言ってる民族は日本人だけだよw
因縁つけて金を脅し取るのがアメリカだろ
[ 2011/09/07 12:32 ] [ 編集 ]

裁判起こせる行動力がある時点で廃人じゃない。

はい敗訴。
[ 2011/09/07 14:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1951-ac7a4aa4