「FF13-2」&「Skyrim」。年末期待の日米2大RPG最新ムービー 

●Final Fantsy XIII-2


 FF13-2のPVです。英語。
 前も言ったけど、英語もなかなかいいですね。

 見て思ったのは、正直、RageやGearsと比べると、ゲーム内グラフィックの存在感はちょっと下がるかなぁ…ってこと。昔はFFといえば他とはレベルの違うCGワークを見せつけてくれたのですが、そこまでではないかなぁ…と。
 まぁFFの場合は海外ゲームの「実写リアル路線」というより、超ハデな武器エフェクトや、アニメチックなキャラモーションで魅せるという側面も強いので、実際にゲームで遊んでみたらFFの方が「迫力がある」かもしれません。
 よくよく考えると「演出」は日本のゲームの方がクオリティ高い気がするな。あっちのゲームは特殊効果やデフォルメ表現はザックリしている印象だし。

 ファミ通の特集では「年末に期待するゲームランキング」で2位にも入っていたFF13-2。トレーラーとか見ると正式ナンバリング並の本格的な作りにも見えるので、個人的にはかなり期待しています。

B004K6L0DGファイナルファンタジーXIII-2
スクウェア・エニックス 2011-12-15

by G-Tools



●The Elder Scrolls V: Skyrim






 こちらは年末発売の海外産RPG「The Elder Scrolls V: Skyrim」の日本語ナレーション付きゲームプレイデモ。ゲームの特徴を開発元が丁寧に紹介してくれます。
 画面は、インターフェースで「Aボタン」っぽい表記があるので、おそらく360版ではないかと。

 まじまじと動画みるのは初めてだったんですが、戦闘シーンはやっぱりざっくりしてるわw TES4よりはメリハリついてますが、FFやらテイルズやらと比べると単純なのは間違いないかと。まぁもともと戦闘はオマケみたいなゲームですからねぇTES。

 日本のRPGというとキャラ育成や戦闘、さらにはストーリーを楽しむゲームですが、Skyrimは広大な世界を冒険者気分でブラつく行為そのものを楽しむ、日本のゲームなら「途中経過」にすぎない部分を満喫するゲームでもあります。
 なので、「海外で1番人気のRPGだからやってみっか!」ぐらいのノリだと、期待を裏切られるコトもあるかも。
 まぁ逆に日本のRPGじゃ味わえない楽しさも山盛りなので、新しいRPGの魅力を発見できる可能性もたっぷりですが。

 なおSkyrimはSteamでPC版も発売されます。一応対応言語に「日本語」表記アリ。
 Elder Scrollシリーズは大量のModが出回るコトでも有名なので、ユーザー作成の拡張版でも遊んで見たいという方はPC版の購入を考えてみるのもいいかと思います。
 PC版だとバグやらフリーズといったトラブルも多いので、手軽に遊べるコンシューマ版も捨てがたいところですが…。
 僕はPC版を購入済みなので、発売日になったら日本語とおるか確認したいと思っています。

 なおSteam版のお値段は59.99ドル、日本円にして4600円ぐらいとなっております。

B005OOY2TWThe Elders Scrolls V : Skyrim
ベセスダ・ソフトワークス 2011-12-08

by G-Tools


 
関連記事
[ 2011/10/14 07:21 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)


こんばんは
スカイリムは楽しめましたよ
まーmodありきのPC版と比較するのはなんですが、FF13-2など比べ物にならないほどの大作であることにはかわりないので、2大RPGという呼び方には同意できません
が、まだ発売してもいないですが、最新作のFF15にはかつての7と同等のインパクトを感じるので、これがスカイリムやフォールアウト4などと肩を並べるタイトルになれることを期待していますね
[ 2016/09/14 18:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/1989-d1a5b5cc