WiMAXやイーモバイルの「最大5万円引き」って書き方はズルくね? 

 思いっきり日記記事なので、ひっそり更新。

 最近、薄型ノートが猛烈に欲しくて、ちょこちょこ電器屋行っては『Macbook Air』や『ZENBOOK』を眺めています。ガジェット的にはMBAが欲しいんだけど、実用性ではZENBOOKなのが悩みどころ。

 で、そのどちらにも、ヤマダとかビックだと値段のところに「イーモバイル同時加入で4万円サポート」とか「WiMAX同時加入で最大5万円引き」とか書いてあるんですよ。
 で、WiMAXなら入ってもいいかなぁと思って、店員さんに加入条件を確認したんですわ。

「すいません、これってどういう契約条件なんですか?」
「2年で毎月5600円(うろ覚え。だいたいの数字)の契約となります」

 え? 月5600円? すげー高くね? あれって通常4000円ぐらいだよね?

「えーと、仮に普通に入るとWiMAXっていくらなんですか?」
「月3900円(これもだいたい)ですね」
「ん? 5600円のコースって、3800円のコースと何か違うんですか? 速いとか」
「いえ、サービス内容は同じです」

 はい??? 同じサービスなのに1700円も高いとか意味が分からないんですけど。

「えーと…なんで値段が違うの?」
「割引させて頂く分、基本料金が少々お高くなってしまいます」
「???」
「月の差額が1700円ほどなんですが、それを2年分24ヶ月にするとだいたい4万円分でして、その分を商品代金から差し引かせて頂いています。それにプラスして純粋な割引として1万円分を追加して合計5万円引きとなります」
「は? つまり最初に4万円引く代わりに、その後2年間にわたって4万円分を割り増しで払うってこと? それって実際はカケラも割引いてないよね? ただの割賦払いじゃないの?」
「そういう形になりますね」

 って、しれっと答えんなよw ぜんぜん「最大5万円引き」じゃねーじゃんww しかもこっちが突っ込まなかったらそういう説明しなかったよね、池袋のビックカメラにいたWiMAXのおねーさんってば。

 ちなみにヤマダの割引もまったく同じ内容でした。

 割賦払い自体は携帯の販売方法では最近メジャーなので目新しくはないですが、それを「○○○円引き」って書くのは反則じゃねーの? 一応割引き分が1万円入っているって主張なのかもしれないけど、最大5万円って書き方はミスリードも良いところ。せめて「サポート」で統一すべきだろうと。

 とりあえず、その日は購入意欲が失せたので直帰しましたわ…。
関連記事
[ 2012/01/06 23:55 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)


MBAはそろそろ新型の発表がくるだろうから買うとしたら少し待った方がいいんじゃないか
今更、USB2.0と言われてもねぇ…
[ 2012/01/07 01:00 ] [ 編集 ]

そうなんですよねー。
換装の自由度も低いし、「PC」として見るとイロイロ辛いのですが、7万弱のiPad的なデバイスって考えればアリかなーとも思うんですわ…。マジ悩んでます。

6月時期モデルならOKですが、春に出たらさすがに萎えるしw
[ 2012/01/09 10:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2039-292b1355