ドコモの通信障害はSkypeみたいなチャットアプリのせいらしい? 

ドコモの障害、原因は新型交換機の能力不足。チャットアプリの通信が急増中
問題の原因としてスマートフォンの人気拡大だけでなく「コミュニケーションアプリ」が挙げられていることです。スマートフォンの一部アプリは、端末を利用しない間も断続的に通信を行うため、パケット交換機側を逼迫する原因となります。特に Skype や Line のようなチャット / VoIP アプリは、はげしくリソースは食うわ、音声通話や SMS のビジネスモデルを破壊するわ、キャリアにとっては頭の痛い存在。

 これはねー、難しいよねー。

 スマホの急激な普及による通信帯域の不足は、去年あたりから話題になりはじめ、アメリカではすでに定額制から従量課金制に移行しつつあります(それでも日本の従量制みたいにクソ高くはないけど)。

 まぁ僕のテキトーな素人考えではSkypeとかLineとか音声チャット系とか、Youtubeみたいな動画サイトは、バカみたいなデータ量をダダ流しですから、負担かけるのは間違いなさそう。

 ちなみにSkypeで1分話すと500~600KBぐらい、Youtubeの中画質で1分3.8Mぐらいらしいです。(ココを参考にした)
 Skypeだと1時間で30M、10時間で300M弱。Youtubeだと1時間で228M、10時間で2.3Gか…
 PC的な感覚だと平気そうですが、今までの携帯が使ってた量から考えると、Youtubeを見まくられたら余裕でパンクしてもおかしくなさそうです。

 技術的なことは分からないんですが、ヘビーユーザーの通信速度制限を、今より厳しくするとか難しいんですかね?
 通信速度制限とか無いにこしたことはないけど、さすがに一斉通信障害とか起きちゃうようじゃ、よりハデに使っている人が多少は不便になることは受け入れざるを得ない気がします。

 ライトユーザーの数が多すぎて通信料がもう足りない…ってことなら、パケット定額廃止とかが避けられないのかもしれませんが。

 そうなったらソーシャルゲーム会社とか困るんだろうなぁ…(●●●)

 さすがに「SkypeとYoutubeは通信料多いから別課金な!」」みたいなネット中立性を侵しちゃうのはカンベンして欲しいです。


【関連リンク】(日付注意)
ドコモ障害 見積もり甘さ原因
ドコモ通信障害 「LINE」が原因では無いと運営元が反論
携帯電話各社に帯域制限の実施条件や期間を問い合わせてみた 2011年版(GIGAZINE)
孫社長もにおわせた従量制移行 データ通信量増大で「定額制」ピンチ(J-CAST)
SBMの孫正義社長は、2011年7月28日の第1四半期決算発表の席で、定額制について興味深い発言をした。スマホの急増によりネットワークの混雑が深刻化しているが、原因はわずか数%のユーザーによる大容量データ通信で、残り9割以上の利用者にとって「迷惑行為」になっている点を指摘した。欧米では完全定額料金が「むしろ不公平だという流れがあり、我々も注視している」と明かす。そのうえで「いずれそういう(定額制ではない)料金体系をとらないと、90%以上の利用者にご迷惑をかける」と話し、従量制への移行も場合によってはやむなしとの考えをにおわせた。
関連記事
[ 2012/01/27 00:00 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2049-58e8372e