超軽量ノートパソコンで何を買うか悩んだのでまとめてみた@2011年秋冬 

 「Macbook Air 11.6型」を買いました。
 で、かなり悩んだんで、最近の「薄型軽量ノートブック」について調べたことをサラっと書いてみようかと。

 用途は基本的に持ち歩き用のサブ機で、web、メール閲覧と文章書きがメイン。
 持ち歩き用サブ機というと、まっさきに思い浮かぶのは5万以下で購入可能なネットブック系。
 ただ、ネットブックってCPUやメモリといった基本スペックが低すぎるでWindows7をストレスなく動かすのは辛そう、解像度は800*600とかで狭すぎ、おまけに意外と重くて1.5kgが標準と、イイとこが無いんですよね。

 ぶっちゃけネットブック買うくらいなら、iPadとか買った方がマシな気がするので、今回そっち系は全部除外しました。


 というわけで、とりあえず購入対象になりそうな軽量ノートPCを羅列してみます。
 一応予算は12~3万ぐらいまで。もうちょっと出してもいいならレッツノートのイイ奴やLIFEBOOKの軽い奴が入ってきますが、今回は除外しました。

・Macbook Air 11インチ&13インチ
・ZENBOOK 11インチ&13インチ
・Dynabook R631
・Dynabook R731
・Aspire S3
・VAIO Type Z
・FMV LIFEBOOK PH74とSH74
・レッツノートJ10
・レノボ IdeaPad U300s
・レノボ X121e
・レノボ X220
・Asus U24E


------------------------------------------------------------
●可搬性重視。最大13インチ、重さは1.2kg以下、最悪1.5まで
------------------------------------------------------------
 今まではLOOXを持ち歩いてたんですけど、1.2kgでも正直重かった。まぁけっこうデカいアダプタを常備してたし、雑誌や資料や携帯やらも一緒に持ち歩いていたので、LOOXのせいだけではないけど、それでも荷物合計で1.5を超えると肩にズッシリ感を感じるワケで。
 で、重いと「必要なら持っていく」になっちゃうんですわ。
 できれば次のノートは「とりあえず持ち歩く」って感じにしたいので、少しでも軽い方がいいと。
 軽さは正義。

 一応、羅列した機種はすべて1.5kg以下です。基準を厳しくして1.3kgにすると一気に数が減ります。

・ZENBOOK 11インチ 1.1kg
・Macbook Air 11インチ 1.08kg
・Dynabook R631 1.12kg
・VAIO Type Z 1.165kg
・レッツノートJ10 1.185kg

 これだけ。
 Acerとレノボはウルトラブックでも1.3kg越えちゃいます。ZENの13インチは1.3~1.4、Airの13は1.35kgとなります。
 13インチで1.2kg切ってるR631とVAIO Zはかなり頑張っている気がします。


------------------------------------------------------------
●薄さはどうでもいい。むしろ拡張性が欲しい
------------------------------------------------------------
 持ち運びを考えると薄さは大して重要じゃないので、今流行りのウルトラブック仕様じゃなくていいです。
 ていうか無理に薄くして拡張性が無いよりは、汎用性があって厚くても全然OK。むしろそっちの方が熱望。

 拡張性ということなら、ウルトラブックは全部ダメです。基本的にHDDやメモリの交換はできません。
 強いて言うならMacbook Airは交換用のSSDを売ってます。ただし良くある自作系SSDと比べたらバカみたいに高いです。
 VAIO ZもSSDの交換は不可。J10は店で聞いたら2.5インチとのことなので、交換できるかもしれません。

 他ではLIFEBOOK、Aspire S3、UX21Eが2.5インチ採用との店舗情報アリ。ネットではR731の換装レポートもありましたし、ウルトラブック系じゃない軽量ノートならHDD換装可能なものも珍しくないようです。


---------------------------------------------------------
●13インチなら1440×900以上。1366×768はNG
---------------------------------------------------------
 サイズは軽さほどには重視しないけど、13インチだとちょっとカバンに入れにくいかなぁって気はします。
 で、可搬性を犠牲にしてまで13インチを選ぶ理由は「画面がでかくなって解像度が上がれば情報量が増えるから」に他ならず。
 僕にとって、横はともかく縦が768だとちょっと狭いんですよわ…。
 なんで世の中のノートPCって横長ワイド液晶にしてるんだろ? ビジネス用途だと横長より縦長の方が需要が高いと思うんだけど。
 ともあれ、13インチなのに11インチなみの1366×768とか僕にとっては意味がありません。

 この条件を満たす13インチは現時点では3つしか知りません。

 ZENBOOK 1600x900
 Macbook Air 1440x900(これだけアス比16:10)
 VAIO Z 1600x900 or 1920x1080

 というワケで他の13インチは全部バッサリです。R631とR731は縦解像度がせめて900あればなぁ…。


------------------------------------------------------------
SSDについて
------------------------------------------------------------
 持ち運び用なの容量的には30Gぐらい空いていれば十分なので、SSDの弱点である容量問題はあまり気になりません。したがってHDDかSSDのどっちが良いかと言われれば、そこは当然SSD。
 でもSSDのせいで値段が高くなるのはバカらしく、それならHDD搭載で安い方が好ましいです。SSDとか大容量&低価格化が猛烈に進行しそうなデバイスなんで、現時点でそこに金をかける気にはならないんですよね…。
 ベストは2.5インチサイズのHDDを搭載していて、ユーザー側で付け替えられることでしょうか。

 あとSSDで気を付けたいのは、スペックの容量がすべて使えるワケではない…ということ。OS分は減りますし、MacbookやZENBOOKはリカバリ用のデータをSSDに入れているのでその分も減ります。
 だいたい10~20GBぐらいは減るので、64GBモデルを購入する場合は実質50GB以下になるということを忘れないように。



============================================================
 以上、いろいろ条件付けてみたわけですが…ぶっちゃけどれもこれも帯に短したすきに長しって感じですわw

 正直よっぽど欲しいのでなければ、今 超軽量ノートはオススメできないw

 現行機種のラインナップは中途半端な感が否めません。
 最近話題のウルトラブックは、出たばっかりの規格のためまだ煮詰まっていない感じ。

 ここ数年のノートPC状況に詳しくないのでよく分からないのですが、どうも最近は限界まで小型化を極めるようなモバイルPCは流行りじゃないみたい。
 まぁそういった需要ってiPadとかスマホでなんとかなりそうですもんねぇ…。
 ちょっと前はそれこそLOOXとかVAIO Xをはじめ、ThinkpadやLavie、Dynabookでもいい感じの軽量ノートがあったのに…

 まぁ今年の半ば以降にはウルトラブックが第2世代に移行すると思われ、そうなると軽量ノートのラインナップが充実しそうなので、急いでなければそれまで待つ方が賢明な気がします。



 とはいえ、僕は「よっぽど欲しい」ので、この中から強引に選びますw

 最後まで残ったのは以下の4つ。

 ZENBOOK 11インチ・SSD128G 7.5万~
 Macbook Air 11インチ 8.4万~
 VAIO Z 13インチ 12万円~
 UX24E 11インチ 6万円~
 Let's note J10 7万~

 で、まずJ10を除外。
 軽さ1kgちょい、HDDは2.5インチ採用でSSDへの換装・グレードアップも簡単そうと、かなり良い感じだったのですが、やはり10インチで1366×768だと、さすがに目が疲れそうなんですよね…。
 あと、厚さが凄くて持ち運ぶことを考えると地味にかさばりそうなのと、なによりデザインが酷いw 僕はあまりデザインは気にしない方ですが、限度を超えていると言わざるを得ないレベルでした。
 ただ、J10は最近猛烈に値下がってきたので、コストパフォーマンスは高いです。6万台で買えるなら悪くない選択かも。


 次に消えたのがASUSのU24E。
 6万前後というネットブッククラスの価格ながらも、i5搭載でメモリも4GB標準搭載。各種インターフェースもウルトラ系とは比較にならない充実度です。HDDも2.5インチ採用なのでSSDの換装も簡単そう。

 消した理由は重さが1.5kgあったこと。これだけです。
 逆にそこが気にならないのならUX21Eはベストバイと言えるのではないでしょうか。


 次はVAIO Zを外しました。
 性能的にはスキが無いし、13インチでフルHDという高解像度モニターでありながら、1.2kgを切るというのはかなり魅力的。
 一方、ハイスペックを追求した結果、値段が高い。
 スペックから考えれば良心的な値段設定だとは思うけど、それでも最低で12万は、MacbookやZENBOOKと比べれば割高感は否めません。
 結局、値段の折り合いが付かず断念しました。
 ZはSSD2台搭載してRAIDを組んだモデルしかないのですが、ぶっちゃけSSDのRAIDとか興味ないんですよね…。非RAIDモデルがあって、10万切ってたらVAIO Z選んでたかもしれません。

 あとVAIO Zは基本オーダーメイドなので、納期が2~3週間かかるって言われたのもデカかったかな。


 と、言うわけで残ったのはZENBOOKとMacbook Air。
 この2つは超悩んだ&判断材料が多すぎなので、あとで別エントリで説明しようと思います。
 とりあえず、ザックリ両者の違いを書いておくと…

・ZENBOOK
スペックだけなら間違いなくこっち。Macbookより性能は高いのに値段は安い。USB3.0やHDMIコネクタ、各種変換ケーブル付属など、地味な部分でのフォローもじわっと効いている。

・Macbook Air
 ZENBOOKに勝っているのは「MAC OSが動く」「全体的な質感のクオリティが高い」の2点。変換コネクタなどをそろえると意外と金がかかる。サポートが割高になりがち。

 まぁ似たような機種なので、WindowsかMacか、どっちを使うのかで選べばいいと思います。Webやメールが見られればいいからどっちでもいいってことならZENBOOKがいいかな~。

 僕は単純に「ここ15年ぐらいMacまともに触ってないし、久々にいじってみたいなー」ってことでMacbookをチョイスしました。
 3週間ぐらい使ってますが、MAC OSは使いやすさがハンパないw タッチパッドのスワイプスクロールは全てのノートが取り入れるべきw
 Macということでカスタマイズ性が低く、メインで使うのは少々苦しいですが、サブ機として考えたらWindowsより遙かに適性高いなーって気がしました。

B005YWPI7OASUS UX21Eシリーズ 11.6型液晶 SSD128GB シルバー UX21E-KX128
Asustek 2011-10-26

by G-Tools

B005DPEX0AApple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A
アップル 2011-07-21

by G-Tools

関連記事
[ 2012/02/06 22:20 ] デジモノ | TB(0) | CM(2)


貧乏人はWindows PCでも買ってろってジョブズが言ったんだっけか?
本当に的を射る言葉だと思った
[ 2012/02/07 00:34 ] [ 編集 ]

確かにスワイプとか他でも取り入れて欲しいけど、どうせアップルのことだから特許ガチガチで無理なんだろうな
[ 2012/02/07 10:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2055-396492e0