「SKYRIM」でオンボードサウンドの光デジタル5.1chサラウンドを試してみた 

 今回は「PCでのデジタルサウンド環境」についてです。
 ここ数日で調べた知識「だけ」で書いているので、浅かったり間違っているかもしれません。なにかあれば突っ込んでもらえると助かりますorz


 さて、ここ数日、僕が遊んでいるゲームはPS2でペルソナ4の3周目@180時間と、PCでSKYRIMだったりします。
 SKYRIMのサウンドはデフォルトで5.1chなので、PCでのサウンド出力を5.1chにすれば自動でサラウンド音声となるのですが、僕がでSKYRIMで遊ぶのは夜中が多いんでヘッドフォンプレイだったり。そのヘッドフォンも諸事情のためUSBのマイク付きヘッドセット使ってたんで、音質はまさに「聞こえればイイ」レベル。

 SKYRIMが楽しいだけに音も良くしたいと思いまして、せっかくデフォで5.1ch対応なんだから、PS3と360につなげていた光デジタルなS/PDIF対応の5.1chのサラウンドヘッドフォンシステム「Pioneer SE-DIR800CII」をつなげてみることに。
 このサラウンドシステムはデジタル圧縮はドルビーデジタル、dts、AACに対応、あとはドルビーヘッドフォンとPRO LOGIC IIを搭載しています。

 で、ウチのPCはGIGABYTEのZ68X-UD3H-B3というマザボで、これに搭載されているオンボードサウンドのRealtek ALC889で音を出しています。


 さて、PCでサラウンドを聴こうとすると、アナログ、デジタル、ゲームに映画とそれぞれで規格が微妙にズレてたりするので非常にややこしいのですが、今回はPCゲームでデジタル5.1chする場合にしぼって、ざっくりと説明してみます。

 PCでのデジタル出力というと光端子を使ったS/PDIFがメジャーです。ここ数年のサウンドデバイスであれば大体対応しているはずです。
 あとはHDMIを使うという手もあります。最近は対応デバイスも増えているようです。(ちなみにZ68X-UD3H-B3はHDMI端子搭載してます。)
 どちらにせよ、PC側とサラウンドシステム側を、同じフォーマットでそろえる必要があります。

 で、今のところスタンダードなのはS/PDIFなので、今回はこちらで話を進めますが、実はS/PDIFはデータを転送できる量がそれほど多くないため、5.1ch分の高音質データを1本のケーブルで送ることはできません。
 そこで、マルチチャンネルでサラウンド再生するときは、ドルビーデジタルやdtsといった「デジタル音声圧縮技術」を使い、データ量を下げて送信します。

 DVDなどでは音声データが最初から圧縮された形で入っているので、データをそのままの形で外付けユニットに送ればOKですが、PCの場合はサウンドカードがその場で音を作っているので、光デジタルケーブルでデータを転送するためには、音データをリアルタイムでデジタル圧縮する「Dolby Digital Live」や「DTS Connect」というエンコード規格への対応が必要になるワケです。

 ややこしいw

 要は、PCゲームで光デジタル出力な5.1chサラウンドを楽しもうと思ったら、「Dolby Digital Live」か「DTS Connect」に対応したサウンドカードと、デジタル入力に対応した3Dサラウンドシステムが必要ってことです。


 で、問題となってくるのは、ウチのZ68X-UD3H-B3のオンボードサウンドが、そのどちらかに対応しているのか? ということなんですが、無事「Dolby Digital Live」に対応していることを確認できました。
 最初はいくらやってもダメだったんですが、オーディオドライバをギガバイトのサイトにある最新版に変更したらOK。

 なお、Z68X-UD3HはDolbyのみでしたが、ALC889自体はDolbyにもdtsにも対応していて、どちらが使えるかはマザーボードメーカーの設定次第ということです。
 とりあえず、メーカーサイトからドライバ落とすのが良いと思われ。

 あと、具体的な設定方法ですが、Windows7の場合、コンパネで「サウンド」→「再生」→「Realtek Digital Output(Optical)」→「詳細」→「規定の形式」でプルダウンメニューから「Dolby Digital Live(5.1 Surround)」を選べば完了です。

soundopt1202.jpg soundopt1202-2.jpg


 さて、5.1chにしてSKYRIMを遊んだところ、なかなか良い感じです。

 SKYRIM自体が、それほどハデな定位感を出しているゲームではないので、FPSほどの3D感覚を楽しめるわけではありませんが、それでも、町中で水が流れている方向やNPCがいるのはどちらかといったことを音だけで判断できる程度には3Dしてます。

 まぁ3Dうんぬん以前に、いままでのヘッドセットと比べて、デジタル出力にしたせいか、音そのものがクリアになったことが大きかったです。

 最近は安価なデジタルアンプシステムもいろいろ出てますし、音に興味がある人なら光デジタル出力による5.1chサラウンド化を試みるのも悪くないかと思います。


 ヘッドフォンなどで定位感をチェックできる動画。My環境では全方位確認できました。良かったww


 つか、ふと思ったんですけど、DDLで5.1chエンコードして外付けのサラウンドユニットに出した場合って、PC側のサウンドカードで音質変わるのかね?
 この場合だと、音作ってるのは外側のサラウンドユニットなんで、PC側のサウンドカードの音質はどうでもいいような気がしてきた…。
 試そうにも、買ってみたらサウンドカードイラネとかだとバカらしいなぁ…。詳しい方いたらぜひ教えてくださいorz


 以下、DDLとかdtsに対応したサウンドカードとか、ソニーのHDMI対応3Dサラウンドヘッドフォンとか。


B001CPULDICreative サウンドカード PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium SB-XFT
クリエイティブ・メディア 2008-08-30

by G-Tools


 DDLとdts connectに対応。
 昔は「サウンドカードならコレかっとけばOK」的なサウンドブラスターですが、最近はどうなんですかね? asusのXonar辺りを使っている人も多そうですが…。
 XonarだとXonar DSがdtsに、DXがDDLに対応しているようです。asusのサイトがけっこうザックリしてて詳細なスペックはよく分かりませんでした。


B004DL18SASound Blaster X-Fi Surround 5.1Pro Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-SR51P
クリエイティブ・メディア 2010-12-02

by G-Tools

 こっちはUSBタイプ。DDL対応(Vista、7のみ)。X-Fiより2000円ぐらい安いです。dtsが付かないのが悩みどころか。 


 今買うならHDMIオーディオ使うって手もあると思います。HDMIなら十分な帯域があるのでリニア5.1chとか余裕ですし。

B005LA53D8SONY デジタルサラウンドヘッドホンシステム DS7500 MDR-DS7500
ソニー 2011-10-10

by G-Tools


 ソニーが去年の10月に発売したHDMI対応サラウンドヘッドフォン。
 3万円ちょっと高いけど、7.1chまで対応、最新デジタルフォーマットも大概サポートしています。HDMI入力が3つあるので、PS3やレコーダーとの併用も簡単そう。
 Amazonよりはビックとかヨドバシの方が安いかも。

 つか、コレいいなw 見てたら欲しくなってきたwww
関連記事
[ 2012/02/16 08:38 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2061-9d59a15f