コンプガチャ商法は違法…消費者庁がメーカーに中止要請、罰則適用も 

 本日5/5の読売新聞朝刊一面に「アイテム新商法「違法」 コンプガチャ中止要請へ」という記事が掲載されました。
 以下、一部を抜粋します。

 消費者庁は特定のアイテムをそろえるとさらに希少なアイテムが当たる「コンプリート(コンプ)ガチャ」と呼ばれる商法について気品表示法で禁じる懸賞に当たると判断、近く見解を公表する。同庁は業界団体を通じ、ゲー、迂回社にこの手法を中止するよう要請し、会社側が応じない場合は、罰則のある景表法の措置命令を出す方針。

 コンプガチャが使われる主な人気ゲームにはモバゲーで遊べる「アイドルマスターシンデレラガールズ」やグリーの「探検ドリランド」などがある。
 同庁などによると、ガチャによる高額請求の苦情・相談は2010年度は5件だったが、11年度には58件と急増した。男子中学生が1か月に40万円以上請求されたり、小学生の男児が3日で12万円を使ったりしたケースもあった。
 景表法では、懸賞による景品の提供方法のうち「カード合わせ」と呼ばれる手法を禁じている。内容が分からない形でカードを購入させ、特定の商品と交換できるという手法で、同庁はコンプガチャがこれにあたると判断。

 グリーは「正式な要請が来てから適切に対応したい」、ディー・エヌ・エーは「コメントを控えたい」としている。

 子供への高額請求が話題になっていただけあって、「やっと規制か」という気もしないでも。
 ゲーム会社側も最近の批判を気にはかけていたようで、先日「子供は1万円まで」とかいう自主規制を制定したようですが、対策が遅かったというところでしょうか。

 なお、今回の記事では、規制対象としているのはあくまで「コンプガチャ」であり、それ以外の一般的な「ガチャ商法」そのものを禁じているわけではありません。
 ただし下記のインサイドの記事によれば「諸外国ではガチャ商法自体が禁止されている国がほとんどで、日本でも今後規制強化が進むか注目される。ガチャの確率がブラックボックスであり、確率の明示などが求められる可能性もある」としています。

 ガチャ商法自体は「やりたきゃやれ」としか思わないでもないんです。いい年した大人が「好きなモノ」に金を突っ込むのは自己責任だろうとw
 確率表記ぐらいはした方がいいと思うけど、ネトゲの場合は確率表記しても実効性が怪しいので効果があまり期待できないしね。
(子供が数十万単位のお金を払えちゃうシステムはおかしいと思うので、もう少し認証システムを厳格化したり、携帯による「なりすまし」を防止したり、家庭単位での管理を心がける必要はあるとは思いますが、それは企業がガチャ商法をやるのとは少し違った問題でしょう。)


 とか書きつつも、僕個人としてはガチャ商法をやっているグリーやモバゲー、バンナムあたりの企業への印象は猛烈に悪いですがww
 ただ、それ以上にどうかと思うのは、そういった、あえて言っちゃいますが「モラル的に疑問視されるビジネスモデル」を賞賛していた&している各種ビジネスメディアの方なんですよね…

 グリーやモバゲーの場合、その高収益体制…ユーザー1人当たりの課金が非常に高いという部分が褒めそやされていましたが、1人当たりの課金が多いということがどういう意味をもっているのか、書いている方はしっかり考えているのか? って気はしていました。
「儲かれば正義」って公言しているみたいでものすごく違和感を感じましたわ…。

 つい先日も似たようなことを書きましたが、ソーシャルゲーム系の会社は、褒められているうちに後ろ指指されない商法に転換した方がいいんじゃないでしょうか。
 現時点での一般の人のモバゲーグリーへの見方って「急成長のIT企業」だと思いますが、今回みたいなネガティブな話題で注目されるようになると、歴史が浅いだけに一気に悪印象を持たれかねないですからね…。


【関連リンク】
コンプガチャは違法懸賞、消費者庁が中止要請へ(読売オンライン)
「コンプリートガチャ」商法は景品表示法違反と判断 注意喚起へ(FNNニュース)

 以下の記事は記事内容にあわせてそれぞれ独自の知見を記述しています。下の記事は「放談」
とありますが、それだけに読みごたえがありました。
消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知
消費者庁、コンプガチャを中止要請との報道…資本市場関係者との問答(放談)
関連記事
[ 2012/05/05 21:20 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2106-2bd36d36