4Kテレビが思ってたよりスゴかった--「CEATEC 2012」に行ってきた 

 アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展である「CEATEC 2012」に行ってきました。

 なんというか、今年は地味な感じでしたねぇ…。
 一番のムーブメントは「4Kテレビ」だったんですが、4KTV自体、今までのTVの直線的な進化形であって、技術やらコンセプト的にイノベーティブなものがあるわけじゃないですし。

 4KTV以外だと「スマホ家電」をはじめ、ネットインフラを一般生活にどう利用するかって感じのものが多かったです。技術的にはツマンネー感じ。
 まぁ移動体通信の使いやすさがあがったことによる収穫期っていえそうです。

 結果、個人的な注目も4Kテレビに集中することに。
 正直、今までは4Kテレビとか「フルハイで充分じゃね? これ以上解像度あげても大して意味なくね?」とか思っていたんですが、実際にこの目で見ると

 やべぇ、4Kハンパねぇw

 と。いやー高解像度映像は凄かったw
 パナソニックが20インチの4Kテレビ出展してたんですけど、このサイズでもめちゃめちゃキレイ。

 密度がつまると映像の美しさって飛躍的にアップしますねぇ。特にコントラストが強い映像、たとえば鮮やかな花の接写とかだと、2D画像にもかかわらず、まるで本物がそこにあるかのように立体感を感じる事すらできました。
 ついでに、パナは大画面の8Kテレビも出展していたのですが、こちらは4Kを遙かに上回る精細感と臨場感。ライオン2頭が動く映像は大迫力の一言でした。

 なんていうか、普段見ている「テレビの映像」が、肉眼で見ているのと比べ、いかに低解像度でズタボロの画質なのかってのを強く認識させられましたわw 肉眼スゲー。

 ただ、同じくソニーやNHKも4Kテレビを出展したいたのですが、こちらはパナほどの立体感や臨場感は感じられず。解像度不足で映像のツブレが目に付いたせいと思われ…。

 ソースさえしっかりしていれば、TVの高解像度化ってかなり効果的な印象でした。
 少なくともまるで興味がなかった僕が、実物見たらちょっと欲しいなーと思うぐらいには素晴らしかったです。

 まぁ、その「ソースがしっかりしていれば」ってのが難しいんでしょうねぇ…。しかも液晶の場合はソースが高解像度化しないと、機器だけ高解像度化しても意味が無いどころかヘタすれば害悪という…。
 現実問題、普及はイロイロ難しいんだろうなー。

-------------------------------------------------

 4K以外だとソニーブースが面白かったです。実験的革新的な感じがさすがソニー。
 ソニーは製品というか事業展開でももっと「ソニーらしさ」を全面に押し出すべきだと思うんだよなー。薄型のVAIOノートなんかはコンセプトや完成品はスゴいんだから、そこをもっと伸ばすべき。

 ちなみに、ソニーブースの一番人気はヘッドマウントディスプレイの実演で、70分待ちとなっておりました…。見たかったけど断念したわ…。
関連記事
[ 2012/10/06 12:26 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2171-ce39f481