海外サイト「Wii UのパフォーマンスはPS3や360並。ただし潜在能力は高い」 

 海外のマルチタイトル比較サイトである「Lens of Truth」が、Wii UとPS3、360のマルチタイトル比較を行っています。

・Lens of Truth:Browsing articles in Head2Head Category

 フレームレートとティアリングのみのカンタンな比較で、画質には触れていません。スクリーンショットの比較を見る限り、画質面では大きな違いは無いように見えます。

【 アサシンクリードIII 】
 PS3 Xbox 360 Wii U
シーン1 平均FPS: 26.58
ティアリング発生率:0.0
平均FPS: 28.63
ティアリング発生率:0.0
平均FPS: 28.08
ティアリング発生率:0.0
シーン2 平均FPS: 29.07
ティアリング発生率:0.10
平均FPS: 32.22
ティアリング発生率:0.0
平均FPS: 27.36
ティアリング発生率:0.0
シーン3 平均FPS: 33.12
ティアリング発生率:0.08
平均FPS: 36.34
ティアリング発生率:0.0
平均FPS: 29.42
ティアリング発生率:0.0
総合 平均FPS: 31.33
ティアリング発生率:0.06
平均FPS: 34.41
ティアリング発生率:0.0
平均FPS: 28.64
ティアリング発生率:0.0

【コール オブ デューティ:ブラックオプス2】
PS3 Xbox 360 Wii U
シーン1 平均FPS: 44.16
ティアリング発生率:3.87
平均FPS: 51.93
ティアリング発生率:2.66
平均FPS: 45.56
ティアリング発生率:0.0
シーン2 平均FPS: 58.33
ティアリング発生率:1.21
平均FPS: 59.93
ティアリング発生率:0.02
平均FPS: 53.69
ティアリング発生率:0.0
シーン3 平均FPS: 50.70
ティアリング発生率:0.86
平均FPS: 56.87
ティアリング発生率:0.38
平均FPS: 43.92
ティアリング発生率:0.0
総合 平均FPS: 51.72
ティアリング発生率:3.15
平均FPS: 56.49
ティアリング発生率:1.34
平均FPS: 48.93
ティアリング発生率:0.0


 Wii Uはティアリングが発生していないという強みがありますが、フレームレートは全体的に低め。
 この結果を見る限り、動きのパフォーマンスは360>PS3>Wii Uと言って良いかと。
 
 「新しい機種が、7年前のゲーム機に負けるのってどうよ?」
 と思ってしまいますが、記事では「360やPS3は7年の経験によって、アサシンクリードIIIやアンチャーテッド3、ヘイロー4のようなゲームを生み出した。これらのタイトルはローンチ時には考えられなかったクオリティを誇る。Wii Uが発売したばかりの段階で、これだけのクオリティを実現しているのはとても興味ぶかい」といった内容のコトを述べています。

 また同記事では「Zelda Informer」というサイトの、Wii Uのテクノロジーを解説している記事を紹介しています。
 そちらの内容をざっくりとまとめてみます。超意訳。

 デベロッパーはWii Uのテクノロジーをまだ理解していない。Wii UのCPUは確かに遅いが、代わりに高性能なGPU(ビデオカード)を積んでいる。このGPUは「GPGPU」というテクノロジーに対応しており、その強力な処理能力を画像処理以外の演算処理に活用できる。

 360やPS3はCPUの能力に頼ったプログラミングが主流だったが、Wii Uで効率的なプログラミングをするにはGPUを使いこなさなければならない。そしてそれができればWii Uのパフォーマンスは360やPS3を大きく上回るものになるだろう。

 GPGPUはCPUと比べて低コストで高性能を得やすい。PS4やXbox720も、おそらくGPGPU機能を強化してくるはずだ。そのうえで、Wii U以上のCPUを積む事で、Wii Uを超える性能を実現するだろう。
 しかし、次世代のゲームプログラミングがGPGPU重視の方向に進むのであれば、強力なGPGPUを積んでいるWii Uでのゲーム体験が、この後に出てくる次世代ゲーム機と比べて極端に劣ることも無いはずだ。

 この記事内容がホントかウソかは、このあと出てくるゲームで見るしかありません。
 そもそも、この記事元はサイト名に「ZELDA」と入っていることから任天堂に好意的なサイトでしょうし、この記事を書くにあたっての拠り所もはっきりしないので、大手の商業ゲームサイトの記事ほどには信頼性はないと思います。

 もっと言えば、仮に内容が正しいとしても、ゲームプログラミングがGPGPU方向に進むかどうかなんて現段階じゃ分かりませんしね。

 ただ、「Wii Uとか低性能でダメじゃん…」と失望するよりは、「Wii Uにはまだ伸びしろある」と考えた方が、いろいろ期待できて嬉しいんじゃないかなぁ…とは思います。

 もっとも「発売時点では360やPS3と同程度かやや劣るパフォーマンスしか発揮できない」というのは厳然たる事実。
 そうなると、メーカーもユーザーもWii Uを選ぶ理由が無いワケで…。スタートで躓きはしないかと不安になります。
 ぶっちゃけ、ロンチタイトルの多数が、すでにPS360で発売済みかつクオリティも同程度の移植作がズラリと並ぶというのは、けっこうマズいと思うんだよなぁ…。

 ここは任天堂に全方位で頑張ってもらい、独占ファーストタイトルでも、圧倒的クオリティなサードのマルチでもかまわないので、Wii Uの可能性を感じさせてくれるようなタイトルを一刻も早くリリースして欲しいところです。

 個人的には、任天堂、MS、ソニーから出る次世代据置ゲーム機が、それぞれ別の方向に伸びていって「そのゲーム機ならではの体験」ができるようになると嬉しいなぁと思いますが…現実には難しそう…。

 でもWii Uとタブレットの組み合わせなら、うまく棲み分けられる可能性もあるんじゃないかなー、とひっそり期待していますw

B009K1ECXQWii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)
任天堂 2012-12-08

by G-Tools

B009K1EDTYWii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)
任天堂 2012-12-08

by G-Tools
関連記事
[ 2012/12/04 20:46 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(8)


次世代機は1stはともかく3rdはマルチプラットフォームであることを選ぶだろうし尖った個性を発揮するのは1stだけで後は3者の落とし所で上手く動かすだけでだろうな
[ 2012/12/04 21:56 ] [ 編集 ]

思ったより高性能なんじゃねそれ。
わりと期待できるじゃん。
[ 2012/12/04 23:07 ] [ 編集 ]

スペックよりも任天堂のゲームが出来るかどうかが重要なんじゃないっすかね
SCEやMSの次世代機がどれだけ高スペックでも、マリオやゼルダ遊べないし


一ユーザーとしては何台もハード買いたく&置きたくないですよw
[ 2012/12/05 01:13 ] [ 編集 ]

F-ZEROを復活させてくれたのはうれしい
ただキューブのは面白いソフトなかったしなぁ
64までならWiiでことたりるし

タブレットでよくある事故が液晶の破損による怪我
Wiiの時はカバー無料配布とかしてたけど
今回は保護シール配布するんかね?

忘れてないか?「子供が使うもの」だぞ
[ 2012/12/05 02:30 ] [ 編集 ]

伸びしろがあろうがなかろうが、PS360の次世代機が出た時点で前世代機のゴミになっちゃうんだから、今勝たないと意味なくね?
[ 2012/12/05 12:43 ] [ 編集 ]

GPGPUにそのうち嫌でも適応しなきゃいけなくなるよ
[ 2012/12/11 23:27 ] [ 編集 ]

>ゲームプログラミングがGPGPU方向に進むかどうかなんて現段階じゃ分かりませんしね。

現段階で進むことはわかりきってます。
逆にPS4もxbox720もAMDのAPUを積むのに、パフォーマンスを下げてCPU依存の開発をする意味がどこにあるんですか?

[ 2013/01/07 16:37 ] [ 編集 ]

どうなんですかね? ゲームにおけるGPGPUがまだ黎明期なんで、先行きがよく見えないんですよね…。

たしかに限られた資産を息しきるためにはGPGPU使った方がいいんでしょうけど、それにどれくらい時間がかかるのか分からないし、そもそも全部のメーカーがそこまで技術をもてるかも疑わしい気も。

ともあれPS4と720が出てこないことには、なんとも言えない気がするんですよねぇ…。

まぁ僕はゲームハードとかプログラミングにそこまで詳しく無いので、ざっくりとした印象で語ってますけどね…。



[ 2013/01/10 00:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2195-4fb1f480