「レイトンvs逆転」は期待ほど伸びず苦戦気味。トップはスパロボ【ランキング】 

 2012年11月26日~12月2日の週間ゲーム売上げランキング@メディアクリエイト

1 PS3 第2次スーパーロボット大戦OG(限定版含む) 217,710
2 3DS レイトン教授VS逆転裁判 128,856
3 Wii 太鼓の達人Wii 超ごうか版(同梱版含む) 115,955
4 3DS とびだせ どうぶつの森(同梱版含む) 105,553
5 3DS ポケモン不思議のダンジョン~マグナゲートと∞迷宮~ 48,039
6 PS3 みんなのGOLF 6(同梱版含む) 37,874
7 PS3 コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 36,234
8 3DS New スーパーマリオブラザーズ 2(同梱版含む) 32,973
9 Vita フェイト/ステイナイト [レアルタ・ヌア] 30,583
10 Vita トトリのアトリエ Plus~アーランドの錬金術士2~(限定版含む) 27,651
11 PSP 仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ 20,739
12 Wii 仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ 14,237
13 3DS モンスターハンター3(トライ)G (Best Price!) 11,721
14 PS3 アサシン クリード III 8,584
15 3DS NARUTO -ナルト- SD パワフル疾風伝 8,023
16 3DS わがままファッション ガールズモード よくばり宣言! 7,528
17 3DS 逃走中 史上最強のハンターたちからにげきれ! 7,526
18 PSP アンチェインブレイズ エクシヴ RPG 6,793
19 3DS アンチェインブレイズ エクシヴ RPG 6,645
20 PSP 聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ 6,448

3DSLL 106,757
3DS 60,651
PS3 29,809
PSP 15,941
Vita 11,066
Wii 5,550
360 1,217
PS2 812
DSiLL 248
DSi 209

 上位3本が10万本超えと、なかなか好調だった今週。
 トップのスパロボOGはPS3では初となるスパロボらしい。ていうかPS3で出てなかったんですね~、ちょっと意外。
 まぁ2Dグラなんで携帯機で充分でしょうから、あえてPS3で出す意味が低かったのかもしれませんが…。個人的にはデカい画面で遊べるのは大歓迎。スパロボの戦闘シーンって動きも音もいい感じなので、よりダイナミックに表現してくれるのは嬉しい限りです。

 つか、オリジナルのOGで20万売れるっていうのも、スパロボの凄みですねw


 2位のレイトンと逆転裁判ですが、正直この2タイトルをくっつけて12万は期待ほどの成績では無い気がします。実際、消化率は42.22%ほどで、かなり厳しい出足。

「謎を解く」という部分でのコラボだったのだと思うのですが、正直、この2作品って世界感が違いすぎて、二つを一緒にすると違和感ありまくり。
 僕は両方嫌いじゃないんですが、店頭PVのファンタジックな裁判所でナルホド君が頑張っているの見たら「これは違うわw」と思って発売日購入はパスりました。

 ただ、どちらも「初動にあまり頼らない、ロングセラーを狙えるタイトル」とのことなので、これから伸びるかもしれません。僕も「謎解きモノ」好きなんで衝動買いするかもしれないしw





【戯れ言:モバマス遊んだ。ソーシャルと携帯ゲームについて考えてみた】


 ソーシャルを毛嫌いするのもどうかと思い、ちょっとモバマスやってみました。
 時間のあるときにちょいちょい遊んで、なんだかんだで続いています。
 で遊び続けているのにこんなこと言うのもなんですが

 やっぱコレとゲーム機のゲームはまるで別物だよねw

というのが正直な感想。
 ぶっちゃけモバマスのゲーム性って0に近い。ランキングトップとかを狙って効率的なスコア上げを狙いだすと違うのかもしれませんが、普通に遊ぶ分には考える余地はほとんど無いです。まったく無くはないんだけど、時間による行動制限と課金アイテム無双のしばりがデカすぎる。

 にもかかわらず、なんで遊び続けているのかというと、単純にカード集めるのが楽しいから。
 カードの絵はキレイだし、無課金でもトレードを駆使すればそれなりにレアカードを集められるので、コレクター魂が熱くなります。

 そんな楽しみ方なんで、いわゆるTVゲームを遊んでいるっていうよりは、カードコレクションという「遊技」って感じ。パチンコのおもしろさに近い気もします。

 ソーシャルゲームの中にはTVゲームと競合するようなゲーム性重視のモノもあるのでしょうが、現状では、そういった「コンテンツの質」を無視して「ソーシャルゲーム」という乱暴なくくりでまとめた上での「ソーシャルゲーム脅威論」みたいのが幅をきかせすぎていて、それじゃ洞察に無理があるんじゃね? と感じます。
 誰もコロコロとヤンマガとエースを同じ土俵で比較しないだろうに…

 まぁ、入り口としてはソーシャルゲームの方が入りやすいでしょうし、そこでビジネス展開するのは好きにしてくれという感じなのですが、だからといってモバマスみたいなタイプのゲームに、「売れているから」という理由で頼りきってしまうと、「ゲーム好きになってもらうための入り口」にはならず、最終的にゲーム業界が広がっていかない気がしますねぇ…。

関連記事
[ 2012/12/10 02:29 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2196-734e0089