「バイオショック インフィニット」ネタばれ感想:世界か? ヒロインか? 



 さて、バイオショックインフィニット感想ネタばれバージョンです。

 INFINITEはネタばれすると面白さ半減なので、「興味があるけど、まだやっていない」という方は、読まない事を強く推薦。
 今すぐ新品を買うか、数ヶ月後にBESTやセールを利用し、1回エンディングを見てからご覧いただけると幸いです。


Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2013-04-25)
売り上げランキング: 267







 インフィニットはいわゆる「平行世界もの」なんですが、世界のディテールについてはけっこういい加減。いい加減が言い過ぎなら、とにかく分かりづらい。

 エンディングでデュイットがエリザベスに殺されますが、そもそもアレで問題は解決すんの? 多元世界における、一人のデュイットが消えるだけじゃねーの? という疑問が当たり前のように湧いてきます。

 他にも、多元世界を移動したとき、元からいるはずの「デュイットとエリザベス」はどうなっているのか? とか、カムストックはデュイットに無抵抗で殺されるけど、あの「自殺」は無意味じゃね? などなど、細かい疑問のオンパレード。
 物語の整合性を求めた場合、インフィニットは非常に気持ち悪いゲームです。

 それぞれの疑問について、破綻しないような理屈づけをすることは可能だけど、それはゲーム内で明らかにされてはおらず、あくまでプレーヤーが自分で理屈付けをするにとどまっています。

 問題投げっぱで答えを出さないとか、どんだけドSだよとw

 日本のアニメやラノベの「平行世界モノ」だったら、多分、これは許されない。
 謎の答えを、作中である程度明らかにすることが求められるはずです。

「平行世界モノ」では、平行世界の謎を解き明かすことが、物語の主軸になります。
 平行世界ゆえにおきる不合理が説明され、すべてが理路整然とおさまったとき、物語は終末を迎えるのです。

 ディテールに拘り、それを考証するのが大好きな日本人にとって、そういった作りは「腑に落ちる」のでしょう。


 で、僕はインフィニットに対してもそれを期待していたせいで、その作法をまるで守っていない本作に対し、「なんだよ、投げっぱで気持ちわりーな。ご都合主義だらけじゃん」と舌打ちしてました。

 ところが、遊んでいくうちにふと気づいたんです。
 バイオショックインフィニットにおいて、平行世界のギミックはたいして重要ではないんじゃないか…と。
 デュイットとカムストックが同一人物であるかどうかは大きな意味がない。ぶっちゃけ「別人物」にしても、この話は成り立ちそう。

 では、この物語で大事なのはなにか? それは、デュイットがエリザベスを大事に思っていること。そして彼女を守りたいと思っていることです。

 そして、ゲームのテーマが「エリザベスとデュイットの関係性」にあると考えると、インフィニットがそれを見事に表現していることに気がつきます。

 特筆すべきは「エリザベス」の存在感の大きさでしょう。
 もちろん、いままでのゲームでも数々のヒロインが誕生してきましたが、エリザベスの存在感はちょっと別格。
 それはきっと、彼女が目の前で「自分の意思」で動き続けているからだと思うんです。

 他のゲームではヒロインが感情をあらわにするのはイベントシーンだけ。普段は姿すら表示さないか、されてもせいぜい後ろを付いてくるだけです。しかし、インフィニットでは、エリザベスはいつもそばを歩いていて、自分の意志で動いています。

 コロンビアで生き生きと動き回りながら喜びや悲しみを精一杯あらわす姿や、激しい戦いの中で力強くともに戦ってくれるエリザベスを見ているうちに、いつのまにか「依頼の相手」に過ぎなかった彼女が「自分の意志で守りたい相手」へと変わっていくのです。

 ゲーム終盤で、エリザベスがカムストックに攫われるシーンがありますが、あそこは本気で彼女を救い出したい! って思ったほど。
 途中のアイテム探しとか全無視で、囚われのエリザベスの元に猛ダッシュしましたw

 あれだけ気分が盛り上がったのは、ゲームでは久々だったなぁ。

 エリザベスの存在は、ゲームの演出方法として新しい段階に到達したんじゃないですかねぇ…


 平行世界という大仰な設定にしたのは、エリザベスとデュイットにふりかかる運命や業、そして彼らが選んだ生き方に「普通ではありえない重み」を与えるためではないかなぁと思います。
 逆に言えば、重みさえ与えられれば、平行世界じゃなくても構わなかったんじゃないかなー。タイムスリップとか転生ネタとか。


 というわけで、正直「ご都合主義全快すぎだろ」と思っていたインフィニットですが、テーマが「エリザベスとデュイットの物語」と思えば、ご都合主義でもいいかなーって思えたりw
 まぁ、ゲーム後半は物語が怒濤の展開なんで、そもそも枝葉末節を気にする暇がないんですけど。あれって緻密な計算なんですかね?


 で、けっこう楽しかったんで、DLCシーズンパスを買おうかなぁ…と悩み中。
 でも、メインストーリーはあの終わり方だといじりようがなさそうなんだよなぁ…。エンディングの続きとか見たくないし、かといって「別の終わり方をした平行世界」を見せられても困りそう…。
 サイドストーリーってのはありそうだけど、エリザベスとデュイットとまるで関係ない話だったら興味ないしなぁ。

 なんつーか、どんなDLCなのかまったく公表しないうちに、まとめて安く売るって商売は、もう少しなんとかなりませんかね…。
関連記事
[ 2013/05/14 23:34 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2264-0557e17f