【MHZ-T2 レビュー 2:ヘッドマウントディスプレイで遊ぶDoA5はエロかった 

 ソニーのヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T2」でゲームをプレイした感想です。
「HMZ-T2」のレビューは前回のこちらのエントリからどうぞ。

HMZ-T2.jpg

 まずPCから。

 正直、PCゲームでのMHZは難しいです。
 HMZの解像度は720pなので、1080pがデフォのPCゲームとしては解像度が足りません。
 また常時使用を考えた場合、HMZをPCのメインディスプレイとして使用するのは無理があり、かといってサブで使うとフルスクリーンのゲームが表示できない。HMDIパススルーやクローン出力で使うにしても720pが足を引っ張る…などなど、運用そのものがややこしくなりがちです。

 さらに、HMZを装着すると画面以外が見えなくなるので、キーボードが使いにくくなるのも大きな欠点です(完全にブラインドタッチできればある程度カバーできますが、基準キーを見失ったときをはじめ、チラっとキーボードを見て確認することができず、さらに、キーボードから手を離してしまうと、キーボードの場所がわからなくなる)。

 というわけで、キーボード併用系のゲームをHMZ遊ぶのハードルが高すぎるので諦めました。
 以下、コントローラーでプレイ可能なゲームを2つほど遊んでみました。

ファイナルファンタジーXIV
 情報が画面周辺に大量に配置されているため視線移動が多くなり、目への負担がハンパ無い&情報確認が間に合わず操作そのものが遅れてくる…と、基本的にHMZで遊ぶには向いていません。FFに限らずMMOは全体的に厳しそう。

SKYRIM
 これはかなりイイ感じでした。運用のめんどくささを考慮してもかなりオススメ。

 SKYRIMは、ゲーム中は基本的に情報ウインドウが表示されません。さらにFPSほど画面全体を注意深く見守る必要もないので、まったりと画面を眺めていればOK。HMZでのプレイで、SKYRIMの美しい風景を思う存分堪能できます。

 また、グラフィック向上MODを入れている場合、テクスチャの精細さがHMZによって際立ってくるのも大きなアドバンテージ。美人化MODを突っ込んでいる人なら、肌の質感を見ているだけで満足できるでしょう。

 ただし、解像度が720pに押さえられるため、全体的な画面の緻密さは落ちてしまいます。

---------・------------・------------・------------・---------

 つぎはPS3。
 PS3とHMZは同じソニー製ということで、非常に親和性が高いです。
 HDMIや3D表示の設定も実にスムーズ。この辺りは大きなメリットでしょう。
 また、PS3で1080p出力していても、1080pで受けたまま720p表示してくれるので、HDMIパススルーを使ったフルHDモニタとの併用が非常に簡単です。
 PCと比べて、コントローラーだけで操作が完結するのも大きいです。


ボーダーランズ2
 酔いが酷くてゲームにならずorz
 もともとボダランは酔いやすいゲームだったので、HMZにしたら速攻気分悪くなりましたわ…。


Final Fantasy XIII-2
 コマンド入力のたびに、視線を下に移さないといけないのがうざい。
 またコマンド部分を見ていると戦闘シーンを見ていられず、戦闘シーンを見ていると文字情報を追えずと、画面がパーツごとに分割されてしまうような印象で、没入感もよろしくないです。

 コレに限らず、コマンド式のRPGは、HMZとの相性は悪そうです…。


ドラゴンズドグマ:ダークアリズン
 普通。
 風景を楽しむとスタイルとはマッチしていると思います。
 文字情報はそこそこありますが、重要性・頻度ともにそこまで高くないので、それほど邪魔ではないです。
 ただ、箱庭世界探索ゲームとしては、SKYRIMがあるので、あっちと比べてしまうと物足りなさを感じるかも。
 このゲームの良さはアクション部分にあるので、そっち方面に期待してセレクトすれば満足できそう。


無双OROCHI2 Ultimate
 あまり相性は良くないです。
 敵が出てくる方向や数、さらにはアイテムが落ちている場所などを確認するため、画面全体を見ている必要があるので、視線を忙しく動かさざるをえず、けっこう疲れます。

 一方で、キャラは全体的に小さくてこまごましているし、キャラクター造形や風景などの緻密さはそれほどでもないため、HMZを使う理由に乏しいという面も。

 ちなみに、前作「2」は3D対応でしたが、こちらは3D非対応でした。3Dコンテンツの人気の無さが伝わってきますねぇ…


Dead or Alive 5
 遊ぶ前は相性悪いだろうなぁと思っていたのですが、いざプレイするとかなり良かったです。格闘ゲームって意外と画面中央しか見てないんだなぁ…と。

 むしろキャラしか見ない格ゲーの場合、キャラのテクスチャとかがハッキリ見えるし、動きも感じやすいしで、HMZの欠点がほとんど出てこないので、メリットだけを享受できます。

 さらにDoAの場合、キャラのエロっぷりを思いっきり堪能できるので、むしろDoAこそHMZで遊べ、DoAのためにHMZを買っても惜しくない! と言えるかもしれません。
 あおり視点の下乳構図の高揚感は異常。

 いやーシャツの透けっぷりがエロかったわー。
 追加コス買いたくなっちゃったww




 ちょっと長くなったので、とりあえずここまで。
 次回は3D対応ゲームをレビューします。



関連記事
[ 2013/10/29 14:22 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2330-afc415cb