1.5万円の高級イヤホン「beats tour 2.0」をレビューしてみた 

 アメリカでトップシェアを誇るヘッドホンメーカー「beats by dr. dre」。ヘッドホンにデカデカと「b」のマークが付いてるメーカーです。最近、日本でもかなり見かけるようになってきました。
 で、そのbeatsが作っているイヤホンのフラグシップ「tour」の最新モデルを入手&使ってみたのでレビューしてみます。
 なお、イヤーチップはこちらの記事で紹介した、MOLDEXの耳栓で作ったオリジナルチップを使っています。オリジナルチップとは聞こえ方が違うかも…というか違うのでご了承ください。

 まず音ですが、もともとtourは、低音大好きbeatsの製品の中では、中高音もしっかり出す方だったのですが、2013モデルはその方向性にさらに磨きがかかり、全体的なバランスがさらに良くなった印象。音のクリアさ・シャープさに磨きがかかり、中高音の伸びやかさと透明感、低音部の聞こえやすさとアタック感が向上しているのを体感できます。

 音の作りは、やはりbeatsっぽくて低音重視。よくある「重低音ヘッドホン」にありがちな「くすんだ感じの重厚感」ではなく、音の量や圧、広がりでキッチリ低音を聴かせるタイプ。一つ一つの音が比較的しっかり聞こえてくるので、打ちこみ系の低音リズムとの相性はかなり良いと思います。

 あと音の鳴り方、いわゆる定位や音場もなかなか良いです。
 イヤホンは、ヘッドホンとくらべるとどうしても音の広がりで見劣りしやすいのですが、tour 2.0の音の広がりはかなりのもので、イントロでガツンくる曲とかメチャメチャ気持ちイイです

 個人的にはこのイヤホンで聴くTranceやアニソンの打ちこみ低音がたまりませんw 代償としてボーカルが少し消えますが、このノリの良さと迫力はやみつきになるわーw

 基本的に高音から低音までしっかり慣らしてくれるので、どんな音楽でも音の良さを実感できると思いますが、低音がかなり前に出てくるので、女性ボーカルをしっかり聴きたい! なんて時は、演奏部分が際立ちすぎて気になるかもしれません。声自体はしっかりきれいに出ているので、無伴奏パートなんかはかなり良いですけどね。



 音以外の面も少々。


 まずリモコン。
 iPhone、iPodに完全対応したリモコン付きです。Androidにも対応していますが、機種によっては機能に制限が付きます。HTCJだとリモコンは完全にダメでした。なんで同じ会社なのに使えないかなぁ…。
 さらにマイク内蔵なのでスマホに繋げている場合ハンズフリーで通話も可能です。
 リモコン&マイクは、iPhoneあたりで使うには非常に便利な機能で、一度使うと手放せなくなるほどですが、リモコン用の3極ケーブルを使用しているため、一部のオーディオ機器だと接触が悪くなります。ポタアンをかます場合は要注意かも。まぁジャック部分をズラせばOKなのですが。

 ケーブルは平べったいフラットタイ。
 通常のケーブルとくらべて身体にフィットしやすくアウトドアでの取り回しが容易で、かつタッチノイズも出にくいです。ただ2.0のケーブルは、前バージョンとくらべてより細くなったせいか、1.0よりはタッチノイズが出やすいかも。それでもER4あたりと比べれば圧倒的に出ませんが。

 あと、2.0では耳に「ウイングチップ」と呼ばれる固定用の白っぽいゴムパーツが付いています。
 これがけっこう便利で、耳にしっかりフィットすることでイヤホンがほとんどズレなくなります。
 ただ、見た目が著しく悪いw デカイ上に白なのでかなり目立ちます。黒く塗ってあれば見た目も悪くなかったと思うんだけどなぁ…。
 まぁ取り外し可能なので利便性かルックスか、好きな方を選べばよいかと。

 付属のイヤーチップは標準的なものが4サイズ。1.0では3段フランジのチップがありましたが、2.0ではなくなりました。
 正直、たいしたチップではないので、個人的にはコンプライなどのチップへの交換をお奨めしますw

 最後にデザインですが…正直、これはモデルチェンジにおける改悪と言わざるを得ないw
 流線型のデザインは妙に「軽い」ですし、黒でまとめちゃったのも地味すぎです。なんていうか、シンプルすぎておもちゃっぽい…。せめて「b」のエムブレム部分はもう少し引き立つようにして欲しかったなぁ…


 価格帯や音の傾向からするとクリプシュのX10が競合品。一般的にはX10の方が圧倒的に知名度が高いんですが、クオリティ的には遜色無いと思います。
 東京のビックカメラやeイヤホンで視聴できると思うので、1万円台の低音ガッツリ系のイヤホンを探している方はチェックしてみてはどうでしょうか。

beats tour イヤフォン ブラックカラー BT IN TOUR V2 BLK
beats by dr.dre (2013-09-26)
売り上げランキング: 6,176


----------------・----------------・----------------
 ちなみに「そもそもイヤホンに1.5万って高すぎじゃね?」と言われると、正直頷いてしまわざるを得ない部分もw

 5000円~1万円あたりのモデルでも、十分高音質なものがありますし、外での使用が多くなるイヤホンは断線のリスクも高くなるので、あまり高いのを買うのはためらわれるのも事実。

 ただ、1000円2000円のイヤホンの音は、高級機と比べれば明らかに劣ります。1万オーバーの機種と比べれば雲泥の差、誰が聴いても違いが分かるレベルです。
 正直、悪いイヤホンでお気に入りの音楽を聴くのはもったいないので、あまりケチらずに、ある程度しっかりしたイヤホンを買うのがオススメ。

 少しでも良い音を聞きたいのであれば、1.5万はもちろん2万3万出す価値はあると思いますが、コスパを重視するのなら5000円~1万円ぐらいのものがオススメです。


【国内正規品】 ゼンハイザー カナル型ヘッドホン CX300-2 Chrome
ゼンハイザー (2011-05-06)
売り上げランキング: 2,073

【国内正規品】 SHURE 高遮音性イヤホン クリアー SE215-CL-J
SHURE (2011-04-21)
売り上げランキング: 1,152





【以下広告というか告知】
 なお、今回取り上げた「tour2.0」は、知り合いのbeats専門の直輸入店「Easybeats」から入手しました。
 Amazonの国内正規品よりちょっと高くなりますが、小規模ショップな分、電話やメールでのサポートが手厚いですし、直輸入なのでパッケージが「US版」というプレミアム感付きです。
 日本未発売の商品も扱っているので、beatsに興味がある方はお店のサイトへどうぞ。
関連記事
[ 2013/11/06 20:03 ] オーディオ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2334-d802f361