日本製ゲームが売れないのは、先端CG技術を使いこなせないからなのか? 

日本製ゲームのガラパゴス化 DS大ヒットの皮肉な落とし穴

 産経のゲーム関連記事です。
「日本ゲームのガラパゴス化」とは「日本ではゲーム市場での主力が携帯ゲーム機→スマホとなったため、据置ゲーム機が主力であった海外メーカーと比べ、ハイクオリティなCGの技術力が低くなっている」というもの。
(なお、ここでいう「技術力」とは、携帯機と据置機を持ち出している以上、あくまで「グラフィックを中心としたプログラミング技術」のことであり、ゲーム全体の「企画力」ではないと思われます。)

 ガラパゴスを強調したいがため、少々強引な部分があるのはいつもの産経ゲーム記事って感じですが、国内メーカーが海外メーカーの3Dグラフィック技術に遅れをとっているのは事実でしょう。

 国内の大手メーカー、カプコンを筆頭に、スクエニ、コエテク、バンナム、セガあたりは、海外のメーカーと比べてそこまで劣っているとは思いませんが、それでもNaughty DogやDICE、Treyarch、EPICといった本当のトップクラスとは勝負できそうもない。
 国内中堅以下のメーカーは、こと3Dグラフィックにかぎれば、技術レベルはそれほど高くはない、もしくはそもそも作っていないのが現実です。

 日本で3DCG関連の開発技術が思ったほど伸びなかったのは、大きく分けると2つに集約されるでしょう。
 1つは「日本市場では、そもそも3DフォトリアルなCGの必要性が低かった」、もう一つは「海外市場では、日本メーカーのゲームがグラフィック以前の問題で売れなかった」ことです。

 大前提として、欧米のコンシューマー市場は、もともと3D系・フォトリアルなグラフィックが主流、それもFPSを中心にアクション要素が強く求められていました。
 一方、日本は2Dやアニメタッチなものの人気も根強く、ジャンルもRPGやアドベンチャー系が中心で、シビアなアクション性への欲求はそれほど強くありませんでした。

 ゲームのグラフィック処理でプログラミング的な技術力をもっとも要求されるのは、間違いなくアクションゲームです。「より美しいゲームを、より高いレートで表示する」ことがもっとも難しい。
 そして欧米では、そのもっとも難しいジャンルが人気で、日本ではそれほどでもなかった。
 それが、日本と欧米の技術格差につながった最大の理由だと思います。

 それでも、日本メーカーが作る「欧米向けゲーム」が海外で成功すれば、海外ユーザーの要望に応える形で技術的な問題へのアプローチも進んでいったと思うのですが、残念ながら日本メーカーの「世界進出タイトル」は、酷い結果に終わる事がほとんどでした。

 もし失敗の理由が「技術力の不足」であれば、日本メーカーはそこをキャッチアップしたんでしょうが、あいにく売れなかった理由はもっと根源的な部分…「そもそもゲームとしての面白さに魅力がない」ことでした。

 これこそ、まさに「日本のゲーム市場のガラパゴス化」ゆえに起きたことで、ゲーム作りの根本的な部分での問題だけに、技術力うんぬん以上に深刻だったと思います。

 記事では「カプコンは日本メーカーとしては技術力がある」としていますが、これは「技術力があったから海外で成功できた」のではなく、「海外で売れるタイトルを出せたから技術力を伸ばせた」とも言えます。

 このような状況では、日本メーカーが3D部分で技術的進歩を果たしても海外で売れる可能性は高くありません。
 元記事の中でカプコンが「技術開発はいったん止めると戻ってこれないから続けるしかない」と言っていて、それは事実だと思うのですが、今のゲーム不況の状況では、まるで出口が見えない状況で、技術開発という名目に大金突っ込むのは難しいと言わざるを得ない。
 短期の結果を求められる株式会社では、結果に即つながらない技術投資部分は、そもそもやりにくいって面もあるでしょう。



 では、技術力を伸ばすにはどうすればいいのか? となると…正直難しいですねぇ…困った。

 一時期は、スクエニもセガもバンナムも頑張ってましたが、スクエニは海外市場向けタイトルは海外の開発に任せるようになりましたし、バンナムやセガは自社開発は縮小・撤退して、パブリッシャー化するんじゃないかなぁ…。

 ただ、そもそも日本のゲームが売れないのって「技術力が低いから」じゃないと思うんです。

 たしかにグラフィックの美しさはゲームの重要な要素の一つですが、すべてではない。
 実際、海外のミリオンタイトルが日本のメーカーには技術的に制作が不可能だ…というものばかりではありません。バイオショックやボーダーランド、ディアブロにシムシティなどなど、最新のグラフィック描写に頼っていないミリオンタイトルはいくらでもあります。

 僕は、日本メーカーが「欧米向きのゲーム」を意識して作ってもダメだと思ってます。日本人が欧米人が好むゲームを作ろうとしたって、欧米人が作るものに敵うわけがない。
 だとすれば、日本メーカーが海外で勝負するには、欧米を意識しすぎないで、日本的な価値観でおもしろいと思うモノを作ることが近道だと思うんです。ゲームやアニメ、マンガといった日本コンテンツが売れた理由って、きっとそういうモノだったはず。
 世界に一つだけの「ガラパゴス」は、避けるものではなく、むしろ売り込むべきものでしょう。

 その方法論だと、記事で述べているような「見た目で感動を与えられる、圧倒的なグラフィック開発能力」を身につけるのは難しいかもしれませんが、ゲーム制作は必ずしもハイエンドなグラフィックで勝負しなきゃいけないってものでもないんだし、「それなりのクオリティのグラフィック」さえ実現できるのであれば、あとはゲームとしての本質的な部分で勝負していけばいいんじゃね? って気がします。


 それよりも深刻なのは、日本市場の中においてもゲームが萌えやエロ中心になって、作品の傾向がマニア向けのニッチな方向ににシフトしつつあることじゃないかなぁ…。
 最近、海外メーカーのゲームが以前より売れるようになってきたのって、日本メーカーのタイトルの魅力が下がってきているのも大きいような。萌えエロ要素を抜くと、日本のゲームの選択の幅ってかなり狭い気がします。
 美少女ヒロインがチラリズムで頑張るRPGも悪くないですが、誰もが楽しめる本格的RPGも遊びたいなぁと思う今日この頃です。



関連記事
[ 2013/11/12 19:22 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(4)


ごもっともなことで
ここまでしっかりまとめて、ちゃんと書いてあるのはなかなか無いからいいことです
[ 2013/11/12 20:10 ] [ 編集 ]

言ってる事はもっともだが、日本的な価値観で作ったゲームは向こうでも高く評価されているが、大半は高い評価の割には売れてない。

アニメ・漫画も言うほど売れてないが、ゲームは開発費が高く付くから、確実に採算が取れる日本市場向けに出すしかないし、こうやって内に内に籠っていく。

こればっかりは、どうしようもないかもね
[ 2013/11/13 00:09 ] [ 編集 ]

ゆき

萌えやエロも含めての日本ゲーム業界ってヤツでw
むしろこんなに豊富なゲームジャンルがあるのも日本くらいなんじゃないですかねー
どうぶつの森やどこでもいっしょみたいのは海外にあんのかな?
[ 2013/11/13 18:51 ] [ 編集 ]

グラだけじゃないだろう?

単純にグラフィックに劣るだけじゃないだろう?
光源処理も物理演算もろくにできない上に、水平捜査線数は
どれもこれも720、海外は大抵900~1080なのに。
何もかも遅れてるよ。PS2時代と殆ど変わらん。
[ 2014/09/06 09:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2337-6096ee12