COMODOのFirwallをバージョンアップしたら再起動できなくなった 

 最近、PCの調子が悪くなりました。

 エクスプローラーを開くと、ドライブを読みにいったまま反応がない。エクスプローラーは応答がなくなりフリーズ状態に。
 おまけに、タスクの強制終了どころかプロセスの終了すら受け付けなくなる始末。
 仕方無いのでOSの再起動をかけるも、エクスプローラーが終了できないために、いつまでも終了中の画面が表示されたままの状態が続くという完全な手詰まり状態に。
 で、いろいろ調べたところ、原因は

 COMODO Firewall(COMODO INTERNET SECURITY)をVersion7にしたためでした。

 COMODOは先日、メジャーバージョンアップがありまして、それを導入したためのトラブルだった模様。
 最初はプロセス監視機能の「HIPS」のせいかと思ったんですが、それを切っても症状はおさまらず、アンインストールしたらキレーすっぱり直りました。
 で、ものは試しに新規インストールしなおしたら、今度は何の問題もなく動くようになりました。
 2chのソフトウェア板でも同様の報告があったので、おそらく「新規インストではなくバージョンアップでCOMODOをVersion7にすると発生することがある」的なトラブルのようです。

 フリーのFirewallソフトとしては、COMODOは使いやすさと機能がイイ感じに両立しているので、乗り換えずに済んだのは助かりました。

 しかし、今回みたいなことがあると、やっぱシステムのバックアップは一ヶ月おきぐらいにとっておいた方が安全だなぁと痛感しました。
関連記事
[ 2014/05/05 15:58 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2361-61735d1a