1万円のメカニカルキーボードを買ったら、タイピングが劇的に捗るように 

 先日、PCのキーボードのコーヒーをぶちまけたところ、見事にいくつかのキーが反応しなくなったので買い換えることに。

 1万円のメカニカルキーボードにしてみました。

 キーボードは大きくわけて「メンブレン」「パンタグラフ」「メカニカル」という3つの形式があります。
 一般的に「安いメンブレン」「高いメカニカル」「中間のパンタグラフ」となっています。
 ざっと値付けすると、メンブレンは1000円ぐらいから、パンタグラフは5000円ぐらい、メカニカルは1万円前後といったとことでしょうか。
 家電ショップやゲームショップなどで売っている激安キーボードは、まず間違いなくメンブレンです。

 さて、1000円と1万円だと、どれだけ性能に差があるのか? と思うかもしれませんが、実際はそこまで「性能差」はありません。メンブレンだからといって、キー入力に支障が出たりはしません。
 それぞれの違いは、タイプしたときの「感覚」の差。

 つまりメカニカルを選ぶ場合、メカニカル独特のタッチに1万円払えるかどうか? がポイントとなるわけです。


 僕は、今までは、アキバのジャンクを探して数百円で売っている富士通とかNECのOEMメンブレンを使っていたのですが、キーボードは商売道具でもあることだし、今回はちょっと奮発してメカニカルでいくことにしました。

 ビックカメラや九十九電機など、実際にキーボードに触れるお店をいくつかチェックし、一番感触が良かったモノを購入。
 それがコチラです。


 ダイヤテックの「Majestouch 2 赤軸」というキーボードです。

 実際に使ってみた感想ですが…タイピングがめちゃくちゃ捗ります!

 捗るというか楽しいw

 キーを押すときに必要な力の入れ具合や、押したあとのキーの反発具合などが絶妙。
 メンブレンと比べて、1つ1つのキーが簡単な力でしっかりと反応してくれるので、それぞれのキーを「押した」ことがはっきりと分かります。

 あと、構造上の問題で、メンブレンはキーを押す場所によって微妙に押し加減が変化するのですが、メカニカルはそれがほとんどありません。
 つまりキートップの中央を押しても端を押しても、同じ感覚で押すことができる。
 メンブレンのときは「押す場所によって感覚が違う」ことなんてまったく気にしていなかったのですが、メカニカルで「同じように押せる」ことを体感すると、これが実に気持ちよく、滑らかに流れるようにタイピングできるようになりました。


 ともあれ、メカニカルならではの「文字を一つずつ入力していく感覚」が実に気持ちいいです。
 また、文字入力だけでなく、ゲームでも「キーを押した感覚が分かりやすい」というのは大きなメリットになりそう。

 格安キーボードと比べると10倍近い値段ですが、イイ買い物ができました。
 文字を入力することを生業としている方はもちろん、キーボードを多用する方であれば、ぜひ一度試して欲しい打ち心地です。


【おまけ1:軸の話】
 最近のメカニカルキーボードのほとんどは、ZFエレクトロニクスという会社が作っているスイッチ=「軸」を使っています。
 この軸には「黒軸」「赤軸」「茶軸」などがあり、軸によって入力時の感触が大まかに分かるようになっています。
 軸の違いをざっと説明すると…
茶軸:素直なタッチ。少ない反発。軽いスイッチ感。
黒軸:スイッチ感が無く、キータッチは重め。
白軸:茶軸を重くしたタイプ。
青軸:茶軸よりスイッチ感が強い。入力時の音が大きめ。
赤軸:黒軸を軽くした感じ。入力時の音は小さめ。

 キーを押している途中でスイッチがオンになるのですが、そのときの感覚を「スイッチ感」と言います。だいたいキーを4mmぐらい押されたところでオンになります。つまり押した瞬間がハッキリと分かるものが「スイッチ感あり」。分からない物は「スイッチ感無し」。
 これとは別にキーが底を打つときの「底打ち感」というものもあります。メカニカルは全体的に底打ち感がハッキリしていて、スイッチ感のない黒赤でも底打ち感はしっかりと感じられます。

 僕は「スイッチ感がないもの」が欲しかったため黒か赤の2択。
 仕事柄、大量に文字を打つのでキーボード打ち過ぎで腱鞘炎にならないよう、できるだけ軽いのがイイかなーと思って「赤軸」をチョイスしました。

 実際、店頭だと「黒はちょっと重いかもな-。少しならいいけど、長く打っていると指が疲れるかも…。赤がちょうどいいかな」と思ったのですが、実際に使ってみたところ、赤は少し「軽すぎる」印象。
 あくまで「少し」なので、不満があるわけではないんのですが、もう少し「重さ」があったほうが、キーを押している気分がハッキリと得られるような気もします。

 黒軸も試してみたいなー。

 ちなみに、高級キーボードとして有名な、静電容量無接点方式を採用した東プレの「Realforce」は、赤軸よりももっと軽いです。
 僕はあの手応えの無さがダメでスルーしました…。


【おまけ2:軸とキーボードメーカーの話】
 メカニカルキーボードは、僕が買った「FILCO」のダイヤテックをはじめ、多くのメーカーが販売しています。
 最近ではゲーミングキーボードでもメカニカル方式は人気が高く、RazorやCorsair、ロジクールにSteelseriesなどからも発売されています。

 どのキーボードでもZFエレクトロニクスの軸を使っているので、大抵「赤軸」「青軸」など、軸色を大々的に謳っています。
 で、軸が同じだとキータッチも同じような気がしますが、そんなことはありません。
 軸が同じだと「似たようなタッチ」になるのは確かですが、細かい違いはあります。

 赤軸の場合、LEOPOLD、オウルテック、FILCOあたりが定番ですが、それぞれキータッチは違います。
 個人的にはFILCOのモノが一番かみ合わせがピタリと決まっているというか、キーの押し具合が一番スムーズな印象。
 オウルテックとLEOPOLDは似ていますが、オウルテックのほうがやや遊びが大きいかなと感じました。

 なので、メカニカルキーボードを買うときは、軸色だけで決めるのではなく、できるだけ実際に触ってみるのがオススメです。とくにゲーム系は、多機能な分だけ小さからぬ違いがあるのでなおさら。

 東京だと、ヨドバシ、ビックカメラ、ツクモ、ソフマップあたりが実機展示が多いです。


関連記事
[ 2014/06/04 21:49 ] デジモノ | TB(0) | CM(6)


メカニカルは音が気持ちいいね
俺はリアルフォース派だけど
[ 2014/06/04 22:25 ] [ 編集 ]

メカニカル使ってたけど、今は安くてうっすいキーのキーボード使ってる
ストロークが短くてラクなんだよね
[ 2014/06/05 02:36 ] [ 編集 ]

Realforceの「軽さ」はスゴかった。使ううちに慣れてくるらしいですが、違和感あるものに1万以上払うのがちょっと怖くてw
誰か貸してくれないかなw

安いキーボードでも、意外としっかり作っているものも少なくないですよね。「慣れ」と「好み」が一番大きいジャンルなんで、自分にあったものを探すのが難しそう。
[ 2014/06/05 08:44 ] [ 編集 ]

Realforce含めいろいろ使ってみて、結局MSの2000円のに行き着いた。
正味打鍵感はそう変わらん。Realforceは確かに打鍵感はいいが、昔ながらの長方形のしかないから肩が凝る。オーバーホールにも金かかるしな。
その点2000円なら、ちょっと調子悪くなっただけでも気軽に買い換えられる。とかいいつつ3年くらい調子よく使ってるよ。
[ 2014/06/11 18:41 ] [ 編集 ]

Majestouch2より安くて良いキーボード

Majestouch2には少し手が届かないけど打ち心地が良いキーボードが欲しい人にはBFKB109UP1がおすすめかな。
4000円ほどで買えるメンブレンキーボードだが、プランジャ構造のおかげで端を押してもスムーズに沈み込み、メカニカルのように押し切らなくても反応する。
キーボード自体の重さがMajestouchと対して変わらず、そのおかげで底打ち感がメンブレンの割には明瞭でたわみがかなり少ない。
キーの同時入力数は10以上とゲーム用途にも問題なし。
[ 2016/11/26 09:42 ] [ 編集 ]

メンブレンというと昔は安い廉価品ってイメージでしたが、最近は「いいメンブレン」も増えてきましたよね~。
メンブレンならではの柔らかいタッチも、ハマると気持ち良さそうです。
[ 2016/12/06 02:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2374-9fed13e4