注目度急上昇中のヘッドホン、Skullcandyの「Aviator」をレビューしてみた 

 ヘッドホンレビューです。

 今回取り上げるのは、Skull Candy(スカルキャンディ)のAviatorです。



 リモコン付きケーブル採用の、コンパクトなアウトドアモデルで、現在の僕の外出時ファーストチョイスヘッドホンとなっております。
 ちなみに2番はHFI780で3番はBeats Solo HD。

 スカルキャンディは日本ではあまりなじみのなかったメーカーですが、アメリカではBeatsに続くトップメーカー。徐々に日本市場にも力を入れ始めたようで、最近ではビックやヨドバシといった大手家電量販店はもちろん、TSUTAYAなどでも見かけるようになってきました。

 Beats同様、ファッション性にも拘っているメーカーですが、Beatsよりもカジュアルな感じです。



 ヘッドホンというと、やはり「音」に注目したくなりますが、外出用の場合は、それと同じくらい「見た目」と「使いやすさ」も重要になってくると思うんです。

 ただ、2万円までのアウトドア用ヘッドホンで、音・見た目・使いやすさを兼ね備えた商品って、実はあまりない。

 たとえばHFI780は音はいいですが、ケーブル固くて取り回しにくいし、リモコン無しリケーブル不可だから使いずらい。
 ゼンハイザーのHD25あたりも音は素晴らしいですが、あのプラスチッキーな安物感全開のデザインは、ファッションアイテムとして見ると大きく減点せざるを得ません。
 BeatsのSOLOとStudioは見た目は良いし、リモコン対応で便利なのですが、音質が同価格帯のヘッドホンと比べるとやや劣る印象です。

 その点、Aviatorは音質、見た目、使いやさのすべてが良い感じにまとまっています。



 まず音質。
 音の傾向は、ざっくりいうと、クリア系のドンシャリ低音強調型。
 シャープな感じの音作りでありながら、低音がしっかりと聞こえている感じです。
 スカルキャンディはヒップホップなイメージがあるため、音も「ボボボと響き渡る重低音型」を想像しがちですが、そんなことはまったくありません。ライバル機であるBeatsのSOLOが、音の輪郭がややぼやけ気味なのとはとの大きな違いです。

 もしかしたら、MDR-1Rあたりより、音のキレはいいかもしんない。
 それでいて低音の量も十分なので、迫力やノリの良さも十分です。

 ただ、ちょっと低音と中高音のバランスが悪いのか、聞いていて妙に人工的というか「作った音」という印象を受けることがあります。人によっては気持ち悪い音作りかもしれません。

 トータルで見ると、正直、同価格帯のヘッドホンと比べて、抜群に良い! というほどではありませんが、ドンシャリ型ヘッドホンとして十分なクオリティだと思います。



 つぎに見た目ですが、これがかなり良い。

「Aviator」とは英語で「飛行士」という意味なのですが、このデザインは飛行機乗りの耳当てからインスパイアされたもの。
 ちょっとレトロな感じを漂わせながらも、シンプルにまとまったデザインはオリジナリティ抜群で、持っている人の満足感をがっつりそそってくれます。

 ちなみにカラバリも豊富で、白黒の他に、青とか赤とかゴールドとか。
 僕は無難に白を選びましたが、アンティーク感ばっちりなゴールドあたりもかなり捨てがたい。これ付けてたらスチームパンク気分を満喫できそうです。

 あと、スカルキャンディのトレードマークである、ワンポイントのドクロマークも小洒落てていい感じ。
 Beatsの「b」のブランドパワーもなかなかだと思うんですが、最近かなり増えてきたせいで、レアリティが減ってきた気がするんですわ。

 その点、スカルのドクロは、存在感バッチリでありながらも、まだまだ知名度が低いので、「誰か気づいてくれないかなー(チラッ)」&「これ知ってる俺スゲー!」感に浸れます。



 最後に「使いやすさ」ですが、アウトドアヘッドフォンでポイントとなるのは、持ち運び易さとリモコンの有無、そして遮音性と音漏れの4つがが大きなポイントとなります。

 Aviatorはオーバーイヤー型としては小さい方ですが、さらに3つ折できるので、非常にコンパクト。さらに専用のポーチも付属しているので可搬性はかなり高いです。

 ケーブルはiPhone対応リモコン付きで、リケーブルも可能と、リモコンまわりも言うことなし。

 遮音性は低いというほどではありませんが、高くもないです。人ごみや電車だと、外の音が普通に聞こえてくるレベル。
 音漏れは、ざっくりと確認した感じでは、それほど漏れてはいないようでした。



 Aviatorの日本での販売価格はだいたい2万円前後。
 音質だけで見ると、2万だせばもっといいヤツが買える気がしますが、トータルバランスという意味では、まずまずのコスパかと。
 同価格帯のアウトドアユースなヘッドホンは、BeatsのSolo、ゼンハイザーのMomentum on EARあたりだと思いますが、(SOULとかMONSTERは聴いてないので分からん…)Aviatorはそれらに勝るとも劣らないクオリティだと思います。

 東京のeイヤホンやビックカメラあたりでは視聴もできるので、興味がある方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 ちなみに、Aviatorの販売価格は日本だと2万円ほどですが、アメリカでは70~80ドルほどで買えます。
 個人輸入で、送料やらを合わせて100ドルぐらいで入手できるのなら、抜群のコストパフォーマンスだと思います。

 ただ、残念ながらAmazonだと日本への発送不可というものが目立ちました。
 他のセラーを探せば格安で購入できるかもしれません。
 もしくは並行輸入品も正規代理店モノよりはかなり安い。

 前は米Amazonでも普通に買えたんですが(僕のは米Amazonで買いました)、日本進出にともなって買いづらくなったのかもしれません。
(米Amazonは輸出不可の基準がコロコロ変わるので、別の日に調べたり、色を変えるだけで、あっさり買えることがあります)

 あと、Aviatorは年式の違いで、型番や名前が変化します。
 たとえば名称に「Roc Nation」と入っているヤツは古い可能性があります。型番が違っても、見た目はほとんど同じなのですが、もしかすると、わずかな違いが存在するかもしれません。
 この辺の違いはかなり微妙なので、気になる方は型番などをググってチェックをするのがオススメ。

 基本的に平行輸入品は、価格は安いけどその分リスクもあるので、その辺が面倒な人は素直に大手代理店での購入がオススメです。



関連記事
[ 2014/08/05 12:29 ] オーディオ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2387-340ed954