「ペルソナ4ゴールデン」クリア。追加要素には満足も、「簡単すぎる」のがやや残念 

 ペルソナ4ゴールデン(以下P4G)をクリアしました。





 僕は、遊んだゲームのことをあまり覚えていないので、PS2版のP4のことを、こまかく覚えているわけではなかったり。
 それでも、P4GがP4からさまざまな変更を加えていることはよく分かりました。

 で、P4Gになってよかったのは…

 イベントがハデに増えてた。

 これに尽きます。
 海行ったりスキー行ったりといった大きなイベントはもちろん、日常生活でちょいちょいと細かいイベントが差しこまれていて、キャラ立たせのおもしろみがパワーアップしてます。
 キャラゲーであるP4Gとしては、まさにキモの部分を強化していて素晴らしいの一言。

 新キャラ追加も大きい気がしますが、個人的にはあんまりツボじゃないので、正直どうでもよかった。


 ただ、コミュ回りと並んで、P4のもう一つの要である「戦闘」部分については、改悪…とまでは言いませんが、オリジナルの方が好みでした。
 全体的に

 ヌルくしすぎ。

 とにかく、ちょっとでも難しかったところは、ひたすらヌルくして、誰でも楽しめるようになっている親切設計。
 もともとのP4も、P3と比べるとかなり簡単になっていたのですが、Gはそれに輪をかけています。
 「遊びやすくする」のと「ヌルくする」のは別なことだと思うんですよねぇ…。

 なかでも気になったとのが「強力なペルソナを簡単に作れるようになった」こと。

 オリジナルでは、基本的に合体と地道な経験値稼ぎでしかペルソナを強化できなかったため、所持ペルソナの能力は基本的に「レベル相応」でした。
 しかしGではスキルカードの導入や、シャッフルタイムでペルソナのLVやステータス、技のランク上昇するようになったことで、レベル不相応の強力なペルソナを実にあっさりと作れます。

 それが「ちょっと強くなった」なんてもんじゃなく、ゲームバランス崩壊レベルのぶっ壊れっぷり。
 例えば僕の場合は、技ランクアップの引きが良かったおかげで、序盤で「大気功」という、本来ならレベル50前後で覚えるMP回復技をマスター。
 おかげでMPが切れる心配がなくなり、かなり強引に探索を進められるようになってしまいました。

 個人的には、いくつものペルソナを掛け合わせて技を継承させていき、より強いペルソナを作っていく…というのが本シリーズの魅力の1つだったのですが、簡易化しすぎたせいで、ペルソナを強化していく「育てる楽しみ」が一気に陳腐化しちゃった気がします。


 と、ちょっぴり文句を入れましたが、ゲーム全体でみれば、楽しいことは間違いありません。

 ガチでRPGしたい人にはヌルすぎるかもしれませんが、キャラゲー的な面白さでは群を抜いているのではないかと。
 また、その「ヌルさ」も、ぼくが初回プレイを「難易度ノーマル」でプレイしての感想。P4Gでは難易度を5段階設定できるので、難しいほうで遊べばかなり変わるかもしれません。

 自由度が高いワリに、コミュレベルという形で多くの目標を用意していることで、モチベーションを高く保てるのが理由なのかなー。「やらされてる感」が少ないんですよね、P4って。

 というわけで、現在余裕の2週目突入。
 最高難易度にしたら、初回の戦闘でいきなりゲームオーバーくらいました…orz

ペルソナ4 ザ・ゴールデン
アトラス (2012-06-14)
売り上げランキング: 74




【おまけ】
 ふとP4GとP3について適当に駄弁ってみる。


 僕は、以前のエントリで「P3はエンディングが嫌い」と書いたことがありまして、それは今でも変わってない。あのエンディングは、もう見たくないのでP3をリプレイすることは多分無いでしょう。

 ただ、エンディング以外は、P3の方がいいかもなーって思わなくもないw

 まず、ストーリーは、P4が日常劇的な、それほどカタルシスの無い展開なのに対して、P3はけっこう王道的な作りで、話の起承転結的なモノもしっかりしてると思うんです。
 個人的には、話の盛り上がりや、キャラクターたちの「設定の重み」みたいのは、P3の方が楽しい。

 あと、戦闘回りも、4よりシビアだった3の方が楽しかったんですよねぇ。

 結局、僕の場合は「エンディングが気にくわない」という理由だけで「P4>P3」なんですが、そう考えると、エンディングって重要なんだなぁ…しみじみ感じてしまいました。
 P3が生死選択できれば完璧だったのにw



【おまけ その2】
 P4では「人は物事の真実を見ようとするのではなく、見たいと思うように見る」的なことがテーマ的に語られています。
 最近のネット回りを見ていると、とくにその傾向を感じちゃいますねぇ…。

 ネットが誰もが簡単に情報を発信できるようになり、いい加減な情報と正しい情報が入り乱れる時代になったからこそ、「自分が望んでいる情報は、そうでないモノ以上に懐疑的に真贋を吟味する」必要があると思います。

関連記事
[ 2014/08/23 14:27 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2390-a5dd32b1