ハイレゾ対応イヤホン&ヘッドホンは、ハイレゾ再生に「必要」なのか? 

 最近「ハイレゾ音源」が話題になっているようです。

<ハイレゾ音源>「高音質」対応機器続々 ソニーが口火
ソニー ハイレゾオーディオ発表会
テレビもガラパゴス化するのか、それともハイレゾで復活か?
テクニクス復活――オーディオ製品ラインに投入された3つの技術

 ハイレゾ音源ってのは、「高音質な音源」のこと。
 賛否はありますが、個人的にはスマホとハイレゾ対応DAPで聴き比べれば、違いが分かる程度には高音質だと思います(それがハイレゾ音源によるものなのか、DAP自体の性能によるものなのかは分かりませんが)。

 で、「音楽なんて聞ければいいよ」という意見を耳にします。
 たしかに低音質の音源だけを聞いているのなら気にならないと思うのですが、一度高音質なものに慣れると、グレードの低いものに戻るのは難しい。

 昔、MP3は96KHzの低ビットレートで圧縮されることもありましたが、最近では192とか320が主流だと思います。
 で、192で慣れたら、96は耐えがたいと思うんですよねぇ…。

 というわけで、ハイレゾが流行って、よりハイクオリティな音楽を楽しめるようになること自体は歓迎なんです。


 ただ、ちょっと気になるのは、ソニーが最近一生懸命告知している「ハイレゾ対応ヘッドホン/イヤホン」ってヤツ。

 ハイレゾ対応ヘッドホンとは「高域再生が40KHzまで再生可能なヘッドホン」のこと。

 CDは高域が22KHzまでしか記録できません。人間の耳が聞こえるのは、20KHz程度までと言われているため、「聴けない音はいらないだろ」ってことで、CDの規格では高音部のデータはカットされています。

 しかし、ハイレゾでは22KHz以上の周波数も記録可能です。
 ハイレゾ音源に高域をどこまで記録するかの明確な定義はないのですが、最近の主流は40KHz程度なので、日本オーディオ協会が、ハイレゾ音源の再生に適している機器の目安として「40KHz」という数値を設定しています。

 現実問題として、20KHzを超える「聴こえない音」が音質に影響を与えるかどうかは、なんとも言えません。
「高音は20KHzまで出れば十分」という人もいれば、「聴こえない部分の音も音質に影響を与える」という人もいます。

 ここは、まぁ人それぞれなのでどっちでもいいです。
 ハイレゾ音源のスペックを引き出すため、高域再生に対応したヘッドホンを作るのもいいでしょう。


 ただ、問題なのは、「ハイレゾ対応ヘッドホン」という売り方が、さも「ハイレゾ音源を聴くには、ハイレゾ対応ヘッドホンが必要です」というような言い方をしていること。

 そんなことはまったくありません。

 ハイレゾ非対応のイヤホン・ヘッドホン・スピーカーで聴いても音はちゃんと出ます。
 対応域以上の音は出ませんが、そもそもそこは可聴域外なので、音質への影響は、人によっては感じられないでしょうし、感じられても大きな差はないという人がほとんどでしょう。

 ちなみに、現在販売されているヘッドホンの再生可能帯域は、1万円以下のはだいたい20台前半。
 ソニーの1万オーバーだと、MDR-1Rが80KHz、10Rが40KHz、MA900が40KHz。
 オーテクのAD900Xが35KHz、K702が39.8KHz、HD598が38.5Hzぐらい。DJ1PROは22KHz、HFI780は26KHz。

 個人的な感想ですが、高音の出方についていえば、40KHzのMDR-1Rより、40KHz出ないHFI780とかK701の方が好きです。
 高音がキレイに聞こえるかどうかは、周波数特性といったスペック的な部分より、ヘッドホン全体での音の傾向の方がはるかに大きいかと。

 そもそもハイレゾは「高域だけをよくした音源」ではありません。低域や中域だってよくなっています。
 だからハイレゾ音源を良い音で聴きたいのであれば、高域がどこまで再生できるかなんてことより、音全体の聴こえ方を重視すべきです。

 というわけで、「ハイレゾで音を聴こう!」と思った時に、ヘッドホンをハイレゾ対応に限定する必要性はまったく感じません。
 「対応」の言葉に惑わされず、気に入ったのを買うのがオススメです。






※なお、再生機器のほうは、ハイレゾ音源を聴くには「ハイレゾ対応」している必要があります。対応してないと音が出ません。この辺の「対応」って言葉の使い分けも混乱に拍車をかけていると思う。



SONY ステレオヘッドホン ブラック MDR-1RMK2/B
ソニー (2013-10-25)
売り上げランキング: 5,564




おまけ:Xperiaの話。


 ハイレゾ絡みでもう一個気になったのが、ソニーの「Xperia」。
 先日、携帯を買い換えたんですが、そのときZ2も候補になったんです。
 その理由の1つが「Z2はハイレゾ音源対応」って言葉だったんですが、実はこれ「USBでハイレゾ音源対応のアンプに繋げればハイレゾ出力できる」ってもの。つまり、スマホ単体ではハイレゾ再生はできなかったんです。

 まぁ紹介部分をガッツリ見れば書いてあるんですけど、この仕様で「ハイレゾ音源対応」は言い過ぎだと思うなぁ…。
 てか、実際に店員さんは勘違いしてて、Z2だけでハイレゾ聴けるって説明されたしね…。

 ちなみに最新のZ3は本体のみでのハイレゾ再生に対応しているそうです。

関連記事
[ 2014/09/30 12:05 ] オーディオ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2400-668caa45