3DSLLのパッドがぶっ壊れたので、3DSの拡張スラパを使って直してみた 

 先日、3DSLLのアナログパッドが割れたという話をしましたが、しばらく我慢して使っていたところ

 完璧にぶっ壊れました。

 ゴムパッドがスティックからはがれて、かけたプラスチックがむき出しの状態に…。
 壊れるのは時間の問題と思っていたので、交換用のパーツをあらかじめ用意しておいたので、さっそく自力で直してみました。

・用意したもの
 3DS用の拡張スライドパッド
 Y字ドライバー(アキバかAmazonで購入可)
 精密ドライバーの+

 以上3点のみ。
 旧3DSの拡張スラパが余っていたので、そこから交換用のパッドを取ることにしました。
 3DSLLのパッドを、3DSのパッドと交換できるかは謎ですが、とりあえずやってみることに。

 やり方は、コチラのサイト
 写真付きで非常に分かりやすいです。すばらしい!
 参考にしながら作業を進めたところ…

 20分ぐらいで、あっさり完了。

 実に簡単。
 交換して気づいたんですが、拡張スラパのパッドと3DSLLのパッドって、表面の材質が少し違うんですねぇ。
 3DSLLはゴムで、スラパはむき出しのプラ。
 個人的にはゴムの方が滑りにくくて好きですが、まぁ慣れてしまえばどっちでも大して変わらないかと。


 一カ所だけ、パッドと本体の基盤をつなぐケーブルを外すときに、ラッチを反対側から外そうとして、ハデにぶっ壊しましたが、スラパの方をぶっ壊したので問題はなし。
 先にスラパで作業してよかったw

 もし作業をする方は、ラッチだけは壊すと手の施しようがなくなるので、サイトをよく読むことをお奨めします。


 交換用のパッドはAmazonで売っているので、そちらを使えばよいと思いますが、スラパが余っている方や安く入手できる方は、そちらを試してみるのもよさそうです。


関連記事
[ 2014/10/07 11:40 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2401-0248b737