「テラバトル」を遊んでみた。バトルの斬新さを持つ従来型ガチャ課金ゲーム 

 最近、「テラバトル」を遊んでみました。
 ヒゲの坂口さんのMISTWALKERのスマホゲーです。

 ゲーム内容は、ちょっと複雑なアクションパズルバトル…といったところでしょうか。
 ベースとなるシステムはパズドラインスパイアなモノですが、さまざまな味付けを加えることで、もはや別物と言って良いぐらいの変化があります。
 基本的な仕組みはシンプルでありながらも、ディテールに多くの要素を詰め込んであるため、プレーヤーのレベルに応じてさまざまなテクニックを駆使できそう。

 かなり凝った作りなので、アクションパズルが好きな人なら誰でも楽しめる…といったものではありませんが、非常に独走的ではあるので、一度試してみる価値はあると思います。


 一方で、ゲームプレイ以外の構造は、パズドラからほぼ丸パクリしている印象です。

 パーティメンバーを増やして、パーティを作ってバトルに挑むところ。
 アイテムを集めてクラスチェンジするところ。
 バトルするごとにスタミナを消費し、スタミナがなくなると遊べなくなるところ。
 経験値稼ぎ用のスペシャルダンジョンが時間限定で出現するところ。

 などなど、全体的な作りがパズドラとそっくりです。
 これらのシステムって、スマホ的なお手軽プレイや課金誘導って面では優秀だと思うんですが、「ゲームとしての面白さ」にどれだけ寄与しているのかって考えると、ちょっと疑問が残るんですよね…。

 家庭用ゲームの歴史を見続けてきた坂口さんが作るスマホゲームということで、そのあたりを解決できる「新しいスマホゲーの形」を期待していたのですが、そういった意味では、「テラバトル」での発見はなにもありませんでした。
 ちょっと肩すかし。


 で、ゲームそのものの感想ですが、おもしろくないワケではなく、むしろ楽しい部類に入ると思うんですが、たぶん継続してプレイはしないと思います。

 バトル部分はよくできていると思うんです。
 これが携帯ゲーム機で、追加料金なしで思う存分遊べるなら、けっこうハマったかもしれない。

 しかし残念ながら、本作は基本無料の課金ゲーム。

 序盤をプレイした感じだと、無料プレイだと手持ちのキャラがろくに増えず、キャラを充実させるには課金ガチャを回しまくらないとダメそうな印象。

 プレイ開始直後からそんな感じなので、ハマるきっかけが持てませんし、仮に遊び続けてハマっても、「この感じだとガチャりまくらならいとゲームにならなそうだなぁ」と「勝手に想像してしまい」、深く関わる気になりません。

 もしかしたら実際はそんなことないかもしれませんし、僕がそう考えたのはテラバトルのせいではなく過去のスマホゲーのせいなので、テラバトルの責任ではありません。

 でも、僕のような一部のユーザーは「Pay to Win」な無料ゲームへの警戒心が強くなっているのも事実。
 もう少し、その辺の警戒心を緩ませるような導入になっていればなぁ…と思います。

 まぁ、ゲーム部分はつまらなくないので、有料ガチャに抵抗がない人であれば、けっこう楽しめるかも。
 あとは、完全に「暇つぶし用」と割り切って、有料ガチャには脇目も触れずにまったりプレイするのも悪くないかもしれません。
関連記事
[ 2014/11/12 00:23 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2404-e7b515db