Xperia Z3を購入。残念ながら片手で使うのはムリっぽい 

 Xperia Z3を数日ほど使ってみたのですが、そこでわかったのが

 思った以上に片手では使いにくい。

 ムリではないのですが、今まで使っていたF01Fと比べると、片手で操作する場合の安定感・使いやすさが圧倒的に劣ります。
 ちなみに、両者のサイズの違いはこんな感じ。

F01F 5インチ。幅70mm、厚さ10mm、高さ140mm。
Z3 5.2インチ。幅72mm、厚さ7.3m、高さ146mm。

 高さがけっこう違いますが、どのみち140mmを超えている時点で、通知領域を引っ張ったりする操作は片手じゃムリ。そもそも僕は通知を頻繁に見ないので、高さ要素はたいして影響ありません。

 で、重要な幅と厚さはほとんど同じ。
 にもかかわらず、操作性に大きな違いがでるのは、以下の3点で大きな理由となっています。


  • 1:F01Fは背面が湾曲していて手にフィットしやすい。フラットで角ばったデザインのXperiaはおさまりが悪い。

  • 2:横幅2mm差とラウンドフォルムのおかげで、F01Fは画面下側にあるボタンすべてを簡単に押せる。
     いっぽうのXperiaは、持った側の反対側にあたる左下の「戻るボタン」が非常に押しづらい。

  • 3:F01Fはメニューボタンが、画面下部にあるナビゲーションバー上に置かれていて、どのアプリでも画面下のボタンでメニューを呼び出せる。。
     Xperiaはナビゲーションバーにメニューボタンがないため、メニューはアプリ上のボタンから呼び出す。アプリのメニューボタンはたいがい右上にあるため、片手持ちだととても押しにくい。



 1と2は単純にサイズの問題なので、個人の手の大きさによると思います。
 3は手の大小程度では片付かないので、けっこう致命的かも。

 ちなみに、富士通端末はF01Fをはじめ、他の機種でもナビゲーションバーにメニューボタンを置いています。
 SHARPもナビゲーションバーにメニューボタンがあるっぽい。
 Galaxyはホーム長押しで、LGは設定でボタンを増やすor履歴長押しでメニュー呼び出し可能。
 HTCはBatterflyまでは置き換えできたけど、HTL23はできない模様?(未確認)。
 Xperiaはメニューボタンも置き換え機能もなし。

 そもそも、Andoroidの基本仕様が「ナビゲーションバーにはメニューボタン置かない。メニューはアプリで表示してね」ってなっているので、基本的にはメニューボタンは画面下部には「ない」のが前提。
 ただ、それだと使いにくい人もいるだろうということで、端末メーカーが独自に下に配置していると思われ。

 なんで頻繁に使うボタンを上(メニュー)と下(戻る、ホーム)に分けんだよまとめろよGoogle、と思うのですが、まぁその辺は後付けでのUI改良なんだし、仕方ないのかなぁ…。
 で、OS側で変更があった以上、今後との兼ね合いを考えて、思い切りよく「下にはもう表示しない!」というSonyの選択も間違いではないでしょう。

 ただ、大きめのスマホでの片手操作を考えた場合は、ナビゲーションバーにメニューがないのは、僕的にはかなりの致命傷なのも事実なんですよね…。
 XperiaもRoot取ればXposed使って表示させられるんですけど、そのためにRoot化するのもなぁ…。

 ま、片手で操作できないのはちょっと残念でしたが、それ以外は概ね満足。
 疑似ハイレゾ化のWALKMANで高音質MP3をプラシーボで堪能したり、ちょっぴり広くなった大型液晶でゲームしたりして遊んでいます。




 F01FとZ3でわかったのは、今のスマホサイズが片手と使えるかどうかのちょうど境目あたりってこと。そのため、わずかなサイズやデザインの違いで、快適性が劇的に変わってしまいます。
 F01FとZ3とか、サイズ的にはほとんど同じなのに、操作感は別次元だものw

 両手操作も覚悟してデカいの買うのは良いと思うんですが、キツいのは「片手操作がいけるだろうと5インチスマホ買ったら、両手じゃなきゃ無理だったわー。死ぬわー」なケース。ありがとう2年縛り。

 わずかなサイズでも、背面のデザインやちょっとしたボタン配置で、使い勝手に大きな差が出るのは書いたとおり。
 「今の5インチ端末で平気だから、同じ5インチなら大丈夫っしょ」とか思わず、実機でしっかり確認したほうが安全だと思います。


 ちなみにF01Fの後継機となるF02Gは5.2インチ。幅74mm、厚さ9.4mm、高さ144mm。幅が4mm増えてます。F01Fでは片手余裕だった僕ですが、4mmアップしてると微妙かもなぁ…。

 また、大型化で騒がれたiphone6は、4.7インチで幅67mm、厚さ6.9mm、高さ138mm。。
 幅と厚みは片手余裕サイズに見えますが、問題となりそうなのは高さ。

 6の比較対象となるであろう「5s」は高さ124mmだったので、片手持ちでも上部の大半に指が届いたはず。
 ところが、6はいきなり1cm以上も伸びて138mmに。これだと画面上部はほぼ全滅、もしくは届いても右側の一部に限られます。
 iOSはブラウザの「戻る」が左上にあります。比較的使用頻度の高いボタンに、5sでは届いていたのが6だと届かなくなるということに…。
 左上にはまず触らないAndroidと比べると、高さが与える影響はデカいのかもしれません。

 まぁ、「戻る」は、ボタンじゃなくてスワイプしろってことなのかもしれませんが。


関連記事
[ 2015/02/18 17:07 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2415-a0399773