「Witcher3」が思っていた以上に名作だったので、おススメがてら紹介してみる 

Witcher3のPC版をプレイ中。
かなり楽しいです。



オープンワールドの入れ物にストーリー重視のRPGをブチこんだ感じ。
本筋はストーリー重視のいわゆる「JRPG」タイプですが、箱庭を楽しみたい人は、ストーリーそっちのけで広大な世界をぐるぐる回ってプレイすることも可能です。

メインのストーリーは洋ゲーとは思えない大ボリュームのシナリオで、僕はメインシナリオ中心に50時間ほどプレイしていますが、「そろそろエンディングかな」といったところ。
それも水増しダンジョンとか、無駄なレベル上げとか皆無の50時間なので、かなり濃厚なプレイが楽しめます。
最近のJRPGより、よっぽどストーリーテリングなRPGと言えるでしょう。

注意点としては、やはり「洋ゲーであること」による国産モノとは違いがあること。

主人公は白髪のおっさんですし、キャラのモデリングもバタくさくはなく日本人向けではありますが、顔の造形やモンスターのディテールなどが欧米風なのは否めません。

バトルシステムも、FFをはじめとする国産RPGと比べるとシンプルな作りなので、「キャラを育てたい」という欲求はあまり満たしてくれなそう。

また、もっとも特徴的なのが「世界観の暗さ」。
基本ダークファンタジーな感じで、「明るさ」に欠けます。
数多くあるサブクエストも「みんな不幸」みたいな終わり方が多いw
主人公が第3者的な立場なので、暗い話でもそこまで尾を引かないのですが、ハッピーなお話を楽しみたい人にはオススメできません。

JRPGがロードス島なら、Witcherはエルリック。
どんな例えだよってトコですね。ええ。


まとめると、海外のファンタジー小説によくあるダークファンタジーな世界感を楽しめ、かつストーリータイプのRPGを遊びたい人にはかなりオススメです。
サブクエもかなり豊富なので、オープンワールド好きでも十分楽しめそうな雰囲気です。

ちなみに、僕はPC版だったので、ロマンスなシーンは余裕で全裸。
いきなり全裸でラブメイク始まったときは驚いたw
400万本売れるゲームで、ここまで性表現しちゃう時代になったんですねぇ。
あっちでは、ゲームが映画みたいな娯楽と同じようなポジションにあるんだなーとちょっとした驚きと感動を覚えましたw


ウィッチャー3 ワイルドハント

この原稿執筆時点で、SteamやGOGがセール中。
PC版のWitcherシリーズはセールの常連でして、今回&今後のセールでもたびたび登場することが予想され。
1も2も2~4ドル程度で売られることも珍しくないので、3と一緒に入手しておくと、シリーズをまとめて楽しめると思います。


オマケ:Skyrimとの比較。


洋ゲーRPGなオープンワールドというと「Skyrim」。
あちらは「世界を探検する」ことにフォーカスが当たっていて、世界をブラついているだけでいろんな驚きと感動があるタイプのゲーム。
いっぽうでストーリー部分はあまり強くなく、スクリプトによるイベントが淡々と続いていく感じです。
メインシナリオのデキもきわめてフツーですし。

いっぽう「Witcher3」はシナリオに力が入っていて、ガッツリとコンテ割りしたカットシーンが多用されていますし、フルボイスなので臨場感もたっぷり。
主人公のゲラルト、恋人のイェネファーといった中心人物に加え、元恋人のトリス、闇組織を仕切るがどこか憎めないディクストラなどなど、魅力的な人物が多数登場。
ポーランドで人気の小説がベースになっているとのことで、小説ベースならではの重厚な世界観が展開されていきます。



ただ、ストーリーのデキが素晴らしい分、ゲーム的な「ご都合」が目についてしまうという痛し痒しなデメリットも。

たとえば主人公のゲラルトは世界的に有名なモンスタースレイヤーなのですが、ゲームスタート時のレベルは1。
道ばたの山賊にあっさり殺されたり、ザコなグールに歯が立たず一目散に逃走したりと、名声と実力のギャップに脱力しっぱです。

他にも世界の危機的な緊急事件をほったらかして酒場でカードゲームに興じられたりと、世界観ブチ壊しな仕様が続々です。
まぁこの辺はRPGの宿命なんで、仕方無いと言えば仕方ないですが。

あと、これは感覚的な問題なんですけど、Skyrimと比べると「世界を探検する面白さ」はちょっと欠ける印象。
グラフィッククオリティは素晴らしく、バニラのSkyrimよりは遙か上、MODガッツリとよい勝負…といったところなのですが、なぜか、景色に対する感動レベルが劣り気味…。
グラフィックのアートワークのせいなのか、レベルデザインのせいなのかはちょっと分かりませんが…。

なんとなくですが、道ばたを歩いているときにちょっとしたダンジョンを見つけたり、驚きの光景が広がってきたりといった、「旅路のサプライズ」が足りないのかなぁ…と思ってたりします。


個人的に、どっちをオススメするか…と言われれば「Wticher3」かなぁ…。
僕の中では両者に優劣はないんですが、Skyrimはほんとに自由なゲームすぎて、日本のゲームに慣れた人からすると、目的がなくてモチベーションを保ちにくい気がw 
Skyrimgは、遊ぶ人次第ではクソゲー扱いされてもおかしくないので、万人には勧めにくいです。
Witcher3は「世界感が暗い」という部分さえ除けば、誰でも遊びやすいゲームだと思います。


オマケのオマケ:ゼノブレイドとの比較

 単純に「リアリティのある世界」としてのデキを比べたら勝負にならないです。Witcherの圧勝です。

 ただ、ゼノブレイドは、名所の発見やアイテムの入手などを、世界の探索と結びつけているため、Witcher3やSkyrimより、はるかに高いゲーム性を実現しています。

「世界を旅するモチベーションを得やすい」という観点から見れば、ゼノブレイドの方が圧倒的でしょう。

 また、ゼノブレイドの方が、キャラクターの育成システムやバトルシステムが凝っているため「世界を探検して自分を強くして、倒すのが難しい怪物と勝負する」といった、「冒険のサイクル」を楽しみやすいです。

 クロスに関しては、Witcherとはまったくの別モノです。かぶるところを探すのが難しいw
 というか、クロスに関しては、似ているゲームがほとんど無い気がしますわ…。それぐらい、独特なオープンワールドRPGなのかもしれません。
関連記事
[ 2015/06/15 10:03 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2422-45d4dbc2