自分の耳の性能をチェックする。音質ブラインドテストいろいろ 

 PCやスマホで音楽を聴こうとすると、やれ「圧縮音源のビットレート」とか「サンプリングレート」とか、いろいろ技術的な話がでてきます。最近では「ハイレゾ」なんての出てきました。
 ヘッドホンやアンプを買うときに、店の人に「無圧縮のハイレゾで聴けるハイレゾ対応が一番いいですよ」などと言われると、じゃあそれにするか…と思ってしまいますが、実際のところファイル形式の違いでどの程度の違いがあるのか、そして自分はそれを聞き分けられるのかは意外と分からないモノ。

 というわけで、フォーマットの違う音楽ファイルを聴き比べて、それらの違いを聞き分けられるかどうかをチェックする「音質のブラインドテスト」のやり方をいくつか紹介します。

--------------------------------
Foobar2000を使ったABXテスト
--------------------------------
 ABXテストというのは、オーディオのブラインドテストで使われる手法。信頼性が高いそうです。
 で、そのテストを、Windowsの定番メディアプレイヤー「Foobar2000」で行えます。
 以下、手順の説明。

1:比較用ファイルを用意する
 Foobar2000でテストするには、比較用のファイルを用意する必要があります。ちょっと敷居が高いですが、ここを突破すれば後は簡単なので頑張りましょう。
 同じ曲で音質が違うと思われるモノならなんでもOKです。

 手軽に用意したいなら、CDからWAVをコピって、そのCDをiTuneなどで取り込めばOK。
 他に「ハイレゾ音源とCD音源」とか「MP3で128Kbpsと320Kbps」なんてのも可能です。
 普段からよく聴いている曲を使うと、実践的な比較ができるかと。

2:FoobarにABXテスト用のコンポーネントを入れる
 ABXのコンポはデフォルトインストールで入るはずです。
 「FILE」→「Preferences」→「Components」を見て、リストの中に「ABX Comparator」があれば大丈夫。
 無いときはGoogleで「ABX Comparator」を検索すると、Foobarのコンポーネントページが見つかるので、そこからダウンロード。
 Foobarがインストールしてあれば、ダウンロードしたファイルを実行すればインストールしてくれます。

3:用意した2つのファイルをコンポで読み込む
 2つのファイルをプレイリストで表示(リストにドラッグ&ドロップでOK)。両方を選択して右クリメニューで「Utilities」→「ABX Tracks...」

4:テストの設定
 チェックボックスは基本的に両方外す(サウンドカードの制限などでDSP使わないと音が出ない場合はチェック)。
 「Trial Count」は試行回数。多いほど正確になるが面倒になる。10回もやればいいのでは。
 「Training mode」は1回ごとに正誤が表示されるモード。手軽に試したいとき用。
 「OK」を押してテストスタート。

5:テストを行う
 まず「Play A」と「Play B」を聴く。
 「Play X」と「Play Y」を聴き、右のChoice欄で同じと思う組み合わせを選んでクリック。
 下の「Position」でリピート範囲の設定ができるので、分かりやすいところを選ぶのもヨシ。
 Trainingの場合、1問ごとに結果と信頼性の目安となるpvalが表示される。
 pvalは「適当に答えても当たる率」。この数値が低ければ低いほどよい。




 自分が持っている曲を好きな音質で比較テストできるのがfoobarの強みですが、音質の違うファイルを複数用意するのはちょっと面倒。
 そんな方は、下の2つのサイトがおすすめ。曲や音質は決まったモノのみとなりますが、ブラウザ上で簡単にテストを行えます。

--------------------------------
mp3ornot.com
--------------------------------
 昔からある音質テストサイトで、MP3の320Kbpsと128Kbpsで比較テストができます。
 最初に320Kと128Kのファイルを聴き、次にどちらかを聴いて、それが320Kか128Kかを当てます。
 曲は3曲。2択なので50%は当たります。テストの精度を上げるには、ある程度の試行回数をこなす必要があります。

--------------------------------
TIDAL
--------------------------------
 ロスレス(無圧縮)のストリーミングサービス「Tidal」の音質テスト。
 ロスレス1411KbpsとAAC320Kbpsで曲が流れるので、どちらがロスレスかを当てる。
 曲は5曲。これも2択なので50%だと「分かっていない」と同じ。高級耳であることを証明するには最低4問、できれば全問正解。



 個人的には、MP3の192Kbpsほどの音質があれば、普段使いには十分な気がします。それ以上の違いはほとんど分からないし、分かっても間違い探しレベル。
 ただ、どんどん耳が肥えていったときに「悪い方から良い方へは変えられない」ので、仮に聞き分けられないとしても、可能な範囲で高音質な形式にしておいたほうがよいとは思います。

 ちなみに僕はVBRの250Kぐらいで圧縮してます。ホントはロスレスが良いんでしょうが持ち運びに不便なんで…。
関連記事
[ 2015/08/07 17:50 ] オーディオ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2435-d601164d