「つまみ持ち」におすすめしたい&おすすめできないゲーミングマウス 

 先日「ゲーミングマウスの選び方」みたいなエントリを書きましたが、その続き。
 「つまみ持ちユーザーな管理人による、注目ゲーミングマウスまとめてレビュー」です。

 まず、僕のマウス選びの基準は以下のようになっています。

1:軽さ重視
 重いと疲れるので軽さを重視。100gあたりが許容範囲ギリギリ。

2:サイズ
 つまみ持ちなので、左右からホールドしやすい&指2本で持ってもズレにくいのが大前提。
 左右対称が無難だけど、非対称でも持ちやすければ問題なし。

 小さすぎると持ちにくい&かえって動かしにくいので、極小マウスはNG。
 ケツの部分が長すぎたり高すぎたりすると、マウスを動かすときに手のひらに当たって詰まってまい、スムーズに動かせなくなるのでダメ。

3:サイドボタン
 つまみ持ちで押しやすいように大きめのボタン希望。
 親指を離さずに、側面を滑らせるだけで押すことができる配置。
 それでいて、誤爆しにくい配慮がしてあること。

 数は1つで充分だけど、多いに越したことはない。
 ただし、あくまで「つまみ持ちでも押しやすい配置であること」が大前提。

4:マクロ・CPI等
 マクロは基本的に使わないのでどうでもヨシ。
 DPIは1200ぐらい基本で、800~1600ぐらいの範囲で調整できればOK。
 今時のゲーミングマウスならすべてクリアしているので、この項目は気にする必要はナシ。



 以上の基準に照らし合わせて「個人的に買いたい、つまみ持ちマウス」ランキングは以下。

1位:SteelSeries KANA:V2
 本体が80g以下と超軽量。サイドボタンがバツグンに押しやすい。

2位:Kone Pure Military
 小さくてハイスペック。シフト機能でメインボタンに別ボタンを割付可能。

3位:SteelSeries SENSEI:RAW
 中サイズでハイスペック。KANAより重いがサイドボタンが2×2に。

4位:Razor DEATHADDER
 エルゴノミクスタイプ。大型だが持った感じは軽い。クリックが非常に軽い。


 個人的には購入候補にはならなかったものの、ZOWIEのFK、MIONIXのAVIOR7000、RAZORのTAIPANも、つまみ持ちマウスとして及第点以上。
 選外にした理由は、FKは各種設定がめんどくさいのと見た目が地味すぎたから。
 TAIPANとAVIORは値段が高い。性能的には他のマウスにひけをとらないのですが、KANAやSENSEIと比べて突出した部分がないのでコスパの部分で劣るかなと。セールで安くなっていればねらい目だと思います。



 ここから先は「候補には挙がったけど、買わなかったマウスの数々」を紹介。
 なお、選ばなかったのは個人的嗜好によるものなので、リストアップした商品が悪いというワケではありません。

【左右対称型】
LOGICOOL G300S
 2500円の低価格でありながら、基本性能が高めのハイコスパゲーミングマウス。
 小さくて持ちやすいのですが、メインボタンの形状的に「マウスに人差し指・中指・薬指を置く三本乗せスタイル」が難しいのでダメでした。
 2本指でクリックとホイールを使う人には悪くないと思います。

 サイドボタンがないのも減点。
 代替としてメインボタン脇にスイッチが4つついています。ボタン数が多いというメリットはありますが、サイドボタンほどアクセスが良いわけでもありません。

LOGICOOL G302/G303
 ロジクールの小型ゲーミングマウスその2。
 302がスタンダード版、303が高性能センサーを搭載したハイスペック版。
 側面が凸型になっているため、僕の手のサイズだとつまむ指がちょうどでっぱりの頂点部分にかかってしまい持ちにくかった。
 手にフィットする人にとっては良いマウスだと思います。

ELECOM EDGE 101
 HORIのゲーミングマウス。
 いろいろ新機軸を採用していますが、どれにもメリットを感じられず。
 なにより本体130g(おもり28G含む)とか重すぎ。店頭でおもりを外すのは面倒すぎた。

SteelSeries KINZU
Razor Abissus
 RazorとSteelSiriesの小型マウス。サイドボタンがないのは無理。

マッドキャッツ製のマウス
 デザインが近未来すぎておっさんにな僕には厳しい。


【左右非対称型】
G402
 ロジクールのミドルクラスゲーミングマウス。
 サイズが長すぎるため、手のひらにマウスがつかえてしまうのが致命的。

G502
 ロジクールの多機能型マウス。重すぎ。

ROCCAT Kone XTD
 多機能で多ボタンが使いやすいのは魅力的だが、いかんせん重すぎ。


・Mionix Castor
・SteelSiries RIVAL
・ZOWIEGEAR EC
・ASUS Gladius
・CoolerMaster Mizar
・COUGAR 300M


 これらは、いわゆるMicrosoftのIntelliMouse Explorer 3.0(IE3)クローンと呼ばれるタイプ。

 このタイプのマウスは、つかみ持ちの場合だとRazorのDEATHADDERが軽い&フィット感がいい&価格が手ごろなため、他の機種はなかなか太刀打ちできませんでした。

 Castorはかなりオススメで、フィット感もDAよりよかったが、値段が高い。
 RIVALはマウスのケツがでかすぎて、手のひらがつっかかるため「つまみ持ち」は無理。
 ECは悪くないが、こちらもケツがやや高いため、取り回しの快適さがDAより下がる。
 Gladiusは高すぎ。
 MizerとCOUGARは、フィット感がDAより劣る。



・おまけ:気がついたらゲーミングマウスが机の上に3つ並んでいた件

 いままで使っていたKANAがぶっ壊れたので、あらたなゲーミングマウスを物色開始。
 KANAが気に入っていたので、同じのを買っても良かったのですが、SteelSiriesの代理店騒ぎで、KANAを初めてするSteelのマウスが軒並み欠品となり購入不可能に。

 そんなおり、たまたまAmazonでKANAの上位機種にあたる「SENSEI:RAW」が少量入荷。
 ここを逃すと次はいつ買えるか分からないという品切れプレッシャーに負けて購入。

 しかしその数日後に、アキバのドスパラ・ゲーミングデバイス館が開店。オープンセールとしてゲーミングマウスを大特価で販売を始めたものだから、物欲がマックスに肥大化。
 結局、「Kone Pure Military」を4000円、「Razor DEATHADDER」を3000円で追加購入。
 ゲーミングマウスが机の上に3つ並ぶという状況の完成です。
 DEATHADDER1個分で2個買えたんだから後悔はしてない。

 ちなみに、それぞれでコチラにあるAIMゲームに挑戦したところ、どのマウスでもスコアは80~90程度で、マウスの違いによるスコアの大きな変化は見られませんでした。



関連記事
[ 2015/12/23 19:19 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2458-adc913f8