今さら「ライトニングリターンズ」を始めてみた。物語に「分かりやすさ」が足りません 

  PC版の「ライトニングリターンズ:FINAL FANTASY XIII」が発売されたので買ってみました。

 FF13と13-2はPS版を買ってたんですが、13-2を序盤で積んだのと、ライトニングさんってキャラが個人的にまったく響かないこともあって、CS版のライトニングリターンはスルーしていました。

 ただ、評判はそこまで悪くないというか「バトルは楽しい」的なウワサを聞いていたので、ちょっと気にはなっていたり。
 PC版は2200円とお手頃なので「ダメでもいいや」という予防線を心の中に張りまくってからポチって遊んでみました。


 以下、1時間プレイしたところでの感想。
 批判系なので、了承のうえお進みくださいませorz







 導入イベントと多少戦闘を楽しんだだけなのですが、「素材は悪くないのに、世界感とストーリーがすべてをブチ壊している感が否めない」というのが正直な印象です。
 「意味不明なストーリーに退屈しつつも、もう少し進んでライトニングさんが強くなればバトルが楽しくなるのかも」という期待感によって、投げるのを我慢して続行中。
 冒頭ムービーでライトニングさんがサングラスしてキリっとしてきたときは、本気でアンインストールしようかと思いました…orz

 そういえば、似たような感想をFF13オリジナルでも感じましたねぇ…
 まぁ同じ会社の似たような人たちが作っているんでしょうから、そりゃ似たようなモノになっても不思議じゃないんですが…もう少し「普通のRPG」になってくれてもいいのにw



 で、LRに限らず、13シリーズの「シナリオ」の何がダメか考えてみたんですが、最大の原因は、制作者側に「プレーヤーに物語をどう楽しんでもらうか」って視点が抜け落ちてるんじゃないか…って気がします。

 ものすごく独りよがりなんですよ、13シリーズの世界感や物語って。
 プレーヤーにシナリオを分かってもらおう理解してもらおうという作り手の意志が感じられない。

 「俺の頭の中には完成形がある! それをカッコよく表現したものがコレだ!」みたいな。
 完成形を知っている制作者からすれば違和感がないシナリオなのかもしれないけど、そんなものを知らないプレーヤーからすると複雑すぎて意味不明。

 固有名詞をいっぱい使ってもいいですし、複雑怪奇な世界観があってもかまいません。
 でも、ややこしければややこしい世界観であるほど、その世界に入り込むまでは手厚くすべきです。
 そうしてくれないと、プレーヤーは世界観を理解するのに手間取ってしまいシナリオに没頭できない。

「クリスタルになったライトニングさんが13と13-2の数百年後に復活。滅亡しつつある世界に住む人々の魂を救済するため救いの神の使いとして世界を巡る…」
 リターンズのオープニングですが、あまりに現実離れしすぎてて正直キョトンです。
 ここまで現実離れしている世界にプレーヤーを引きずり込むのは至難の業です。
 まさにクリエイターの腕の見せ所と言えるでしょう。

 しかしながら13LRの導入においては、救いの神様は名前が出てくるだけで、どういった性質の神なのかハッキリしない。
 世界を滅ぼす「混沌」は、概念的な存在で何をしているのか分かりにくい。
 脇を固めるキャラクターたちの素性や行動原理がはっきりしない。

 とにかく、何から何まで「ぼんやり」としたままで、物語が進んでしまいます。
 おかげで、プレーヤーとしても動機がぼんやりとしたままで、積極的にゲームを進めていくモチベーションが持ちづらいワケです。
(オートクリップ読めば、多少は理解が進むのかもしれませんが…脚注読むのが前提のシナリオってのも、あまりに稚拙な気がしますしね…。)


 と、プレイ時間2時間ほどで偉そうにファーストインプレッションだけで書いてみました。
 いろいろ書いてみましたが、単にシナリオ回りのクリエイターさんのセンスと僕の好みが合わないだけって気もしますorz
 そもそもPC版は2200円のお買い得価格なんで、戦闘部分とライトニングさんの着替えだけで充分元が取れそうですしねw
関連記事
[ 2015/12/29 02:34 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2459-5865e75d