最近注目のVRHMD。Oculus RiftとPSVRって「似てるようで、かなり違う物」な気がする 


Oculus Rift、初期予約者への出荷に大幅遅れか

 最近、一気に加速してきた感のあるVRディスプレイ市場。
 その火付け役とも言えるのがOculus Riftですが、発売はなかなかスムーズには進まないもよう。

 まぁもともとKicksterで始めたような新興ビジネスなワケで、大手メーカーがやるようなローンチは難しいというかムリ筋だったんでしょうねぇ…。





 同じVRディスプレイということで、PSVRあたりと比較されることが多いRiftですが、個人的にはこの2つは競合しないと思うんですよねぇ…。

 RiftはPCの周辺機器。
 PSVRはゲーム機の周辺機器。

 この2つは求められるものが決定的に違いすぎるし、できることもかなり違う。

 PSVに求められるのは、「リッチな仮想現実を体験できる大作ゲーム」。
 FF15とかFallout4みたいなタイトルを、バーチャルリアリティで体感したいワケです。
 こういった用途での使用を考えるのなら、OculusはPSVRには敵わないと思います。
 SONYとPS4というバックボーンは強大すぎ。開発にともなうメーカーのバックアップや商業的リスクも、PSVRにアドバンテージがあるはずです。

 一方で、Riftに期待する人は、ゲームはもちろんですが、それ以外の用途も視野に入れてると思うんです。「個人開発の小粒でピリリなコンテンツ」ってヤツです。
 SONYのコントロール下に置かれるPSVRと違い、Oculusではオープンな開発・リリースが可能なため、さまざまな展開が考えられます。
 ゲームならインディーズや同人タイトルはRiftの方が活発になるでしょうし、創作系なら例えばMMDのVR対応なんかが進むはず。観光地や宇宙などを散歩するといった、実用系のアプリも展開しそうです。
 あとエロコンテンツも間違い無く盛り上がるでしょうねw エロゲでVR対応なんてのも出るのかなぁ。

アダルト動画サイトPornhubにVRカテゴリ 無料ゴーグル1万個は速攻で終了

 個人的な印象は、
「大成功するかもしれないけど、あっさり撤退する可能性もそこそこある」のがPSVR。
「ニッチな世界は手堅く展開できるけど、PSVRのような大成功の可能性は感じにくい」のがRift。

 けっこう一長一短ですねw
 僕の購入事情は、PSVRは1年ぐらい待って展開がどうなるかを様子見。
 Riftは5万ぐらいだったら欲しかったんですけど、10万だとちょっと二の足を踏んでるところ。
 まぁ、どちらも「もしかしたら衝動買いするかもしれない」ぐらいには興味がありますがw

 理想は価格が安いPSVRが、PCでオープンな環境で利用できる…なんだけど、どうなるのかなぁ…。

さらに興味深い情報がある。プレステVRは、単なるプレステ4向けの周辺機器にとどまらないのだ。先述の伊藤氏は「今すぐではないが」と前置きした上で、将来的にプレステVRをパソコンと接続して利用できるようにする計画を検討中であることも認めた。「プレステ4は元々、内部パーツがパソコンに近いため可能性はある。今はゲームに集中しているため、何かを発表する段階ではないが、さまざまな分野に広げられるだろう」(伊藤氏)
ソニー「プレステVR」、399ドルで試すヒットの法則(日経新聞)



「Oculus Riftと同時発売されるゲーム」30タイトルを動画で紹介

Robinson The Journey • PGW 2015 Trailer • PS4 PSVR


VR Worlds • GDC 2016 Trailer • PS4 PSVR


Let's Play VR: HTC Vive Demos!

関連記事
[ 2016/04/03 11:24 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2474-9fe2b1cc