【2016年版】いまさら始める「SKYRIM」:導入編 

【2016年版】いまさら始める「SKYRIM」:最初に入れたいMod編 :次の記事→

 最近、PC版のSKYRIMを再開したので、その勢い&自分用メモもかねて導入記事を。

 SKYRIMといえば「Mod」ですが、発売当初は導入大変&バグも多いと、正直敷居が高かったのですが、最近は管理ツールの充実、Modの完成度の向上などで、かなりやりやすくなっているなぁと思います。

 未プレイの方はもちろん、リリース時に遊んでみてめんどくさくて投げた方も、今のSKYRIMに戻ってみるとガラっと印象が変わるかもしれませんよ!


【Skyrimの購入】
 Skyrimは本体の他に、DLCが3つ発売されています。
 現在は DLC全部入りの「Legendary Edition」が発売中。
 Steam価格は本体1980円。DLCは1980円、498円、1980円。Legendaryは3980円。

 Steamはちょいちょいセールをするので、それを待つのもいいかもしれません。
 安さを求めるならAmazonで並行輸入品(Legendaryのパッケージ2000円ぐらいでした)を買うとか、G2Aあたりを使ってみるとか?

 ちなみに、DLCのありなしで同じModでも適用方法が違ってくることがあります。
 「あとでDLC導入」とかすると、Modの調整がやりなおしになりますし、Legendary前提のModも増えてきているので、さくっとLegendaryを買うのがオススメです。

 なお、Skyrimマルチランゲージで日本語対応なので海外版でも中身は同じです。


【インストール】
 どこで買っても、Steam経由でインストールすることになります。
 インストールを終えたら、動作確認のため、Modなどを入れずにプレイしておきましょう。
 最初にセーブできるポイントで、セーブデータを作って保管しておくと、のちのち便利です。

-----------------------------------------------------------------
おまけ:SkyrimとSSD
 Skyrimは大量にファイルを読み込むので、実行ファイルをSSDに置くとけっこう効果的です。
 Steamのインストール時にSSDを指定しておくとよいかと。
 ちなみに僕は「普通にHDDにインストール」「Skyrimフォルダを丸ごとSSDにコピー」「シンボリックリンクでSSDと同期」という手段を取っています。

 MOを使っている場合、オプションでModフォルダをSSD上にしておくのも良いような気がします。
 つか、僕はそれしか試していないので、HDDに置いた場合との違いが分かりませんがw
-----------------------------------------------------------------



 動作確認が済んだら、以下の作業をしておきましょう。

1:EXEファイルを英語版に差し替え
 Skyrimには「日本語版の実行ファイルを使うと、動かないMODがけっこうある」という問題があります。
 それを回避するために、多くの人が行っているのが「日本語版に英語版EXEを上書きする」という作業です。
 MODを動かさない場合は不要ですし、動かす場合でも、3Dモデルを差し替えてキャラクターを美女化するものや、高精細テクスチャに変更するようなものは問題ありません。

 やりかたはSkyrim日本語Wikiのコチラで説明されている「公式英語版の日本語化新方式」を参照してください。

 ちなみに、解説ページにも書いてありますが、「コンストラクションキット」を使う場合は、英語版の「steam_api.dll」が必要になります。TESV.EXEと同じフォルダにあるので、こちらも忘れずにバックアップしておきましょう。

2:SKSEのインストール
 多くのMODで必要となる拡張プログラム。正式名称は「Skyrim Script Extender」。
 Steamストアから導入できます。「SKSE」で検索すると出てくる「Skyrim Script Extender」を「今すぐインストール」すればOK(なはず。僕は手動でやったので実践したことがないです)。
 
 うまくいかないときは、SKSEのサイトから「7z Archive」をダウンロードして、中身を丸ごとSkyrimをインストールしたフォルダにコピーすればいいです。

 あと、おまじないとしてインストール後にSKSE.iniを作るとよいのですが、細かい話になるので後述。※1


【Mod管理ツールのインストール】
 Skyrim本体を終えたら、次はModの管理ツールを入れます。
 今の主流は「Mod Organaizer」(通称MO)というツールなので、これを入れれば良いかと。
 コチラを使うと、Modのダウンロードやインストール、バージョン管理、Mod同士のコンフリクト管理などが格段に手軽になります。というか、ナシで大量のModを扱うのは苦行レベルなので止めた方がいい。

 ただし、こちらのツールは「仮想フォルダ」という少々トリッキーな技でModを管理するため、「MOを使っているから発生する不具合」というモノが発生することもあることに留意しておきましょう。

 MOの導入手順は少々ややこしいので、詳しくは「MO organazer 導入」でググって下さいorz。


 これで本体と必須ツール類のインストールは終了です。
 以下、初めてのSkyrimおすすめMod編に続きます。


※1 SKUIのメモリ回りの詳細はコチラのページをどうぞ。
 なお「ENB側の機能はオフ」の件は、「ExpandSystemMemoryX64」と思われます。それ以外の「ReduceSystemMemoryUsage」「VideoMemorySizeMb」などは有効で。


【2016年版】いまさら始める「SKYRIM」:最初に入れたいMod編 :次の記事→


関連記事
[ 2016/04/26 09:59 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2477-9b8c1ce6