任天堂『SWITCH』を発表。ロースペ据置に興味はないけど、高性能携帯機は嬉しい 

 NXがついにベールを脱ぎましたねぇ。

 世間の評価はいろいろのようですが、個人的には「普通の携帯機じゃね?」ってところでしょうか。

 据置と携帯のハイブリッド型というのは、かなり前から噂になっていたので驚きはしなかったのですが、もう少し据置寄りのスペックになるのかな? って思ってたんですよね。
 でも、あの映像とハードの外観、そしてチップセットにTegraを採用という情報を総合すると、どう考えてもPS4よりはロースペック。

 かっての「ゲーム機ごとにタイトルを作る」時代ならともかく、今はマルチタイトルが基本。
 その中で、ロースペックであるということは、それだけで圧倒的に不利です。
 誰だって、中身が同じなら、より美しく滑らかに動くほうで遊びます。
 PS4とONEの現状が良い例でしょう。
 PS4やPCが一定の勢力を得ている据置市場で、いまさらロースペな据置が出てきても誰も見向きもしないような…。

 ロースペ機種が生き残るには、圧倒的な独占タイトルが必要です。
 で、任天堂にはそれができなくはないのですが、1社だけだと供給量の限界があることをWiiUで露呈しているワケで。

 3DSラインとWiiラインを統合することで、供給力をアップするのであれば なんとかなるのかもしれませんが、3DSのラインはSWITCHとは別に展開していくという噂もあるようで、なんとも微妙なところです。

 というワケで、「個人的」にはSWITCHが据置として成功する未来は考えにくいってのが正直なところ。
(実はあのサイズでPS4を凌駕する変態ハードだ! というのであれば話はひっくり返りますが)


 いっぽうで「高性能は携帯機」として見ると、SWITCHはなかなか魅力的です。

 「携帯用ならスマホでいいじゃん」という味方もありますが、ゲーム機として考えると物理キーは必須だと思うんですよ。
 タッチ入力って精度が甘いし、あと画面が見づらくなるしで、小さな画面で遊ぶゲームとの相性はよろしくない。

 あと、個人的に携帯向けの基本無料系ゲームってあんまり楽しめない。
 で、僕と同じように考える「層」はそれなりにいると思われ。

 スマホで買い切りタイトルが増えてくれば別ですが、そういう流れが出てくる気配は感じられないので、「スマホ」と「携帯ゲーム機」は、ある程度共存できると思うんです。
 というかして欲しいw

 だから、ゲーム専用機としてのラインナップを揃えつつ、スマホ系のタイトルも適宜とりこんでいけば、持ち歩いて遊ぶプラットフォームとして、十分に勝負できるのではないかと思います。
 あくまで「勝負できる」であって、スマホに勝てるとまでは思いませんけど。


 ともあれ、大事なのは発売タイトル。
 年明けぐらいには発表されるでしょうから、そちらに期待しましょう。

 ベヨネッタ3が出たら買おうw
 ていうか、WiiUでまともに遊んだのはベヨネッタだけで終わりそうな気配w
 ゼノとかFEとかゼルダ無双あたりをじっくり遊ぼうかなぁ…。


ベヨネッタ2
(Wii U版「ベヨネッタ」のゲームディスク同梱)

関連記事
[ 2016/10/22 10:12 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2496-06793c79