「Diablo3」、パッチ2.4.3で大強化されたDHマロビルドを細かく解説してみる 

 「Diablo3」にパッチ2.4.3が当たってから、DemonHunterで遊んでみました。

 今回のパッチでDHがらみの大きな変更は2つ。

・「Hellcat Waistguard」でグレネードが強化。最大5回跳弾+ダメージ最大800%に。
・「Embodiment of the Marauder」のSentryダメージボーナスが800%から1200%に。


 マロ使い以外にはあまり関係ない変更ですが、マロ使いの僕にとってはかなり大きな変更。
 Sentryは最大5個置けるので、800✕5の4000%ボーナスが1200✕5の6000%と、1.5倍の火力アップを果たしました。
 早速、GRに挑戦してみたところ…

 ギリでGR75(Paragon800)クリアだったのが、余裕で77クリアできるように。

 正直、もうちょっといけるかなと思ったのですが…まぁ悪くないです。
 以前は「80はムリかなぁ」でしたが、今はもう少し装備を強化すればGR80はなんとかなりそうかな。




 以下、マロの話。

 2.4.2までのマロは、氷クラスターのMaelStrom型が優勢でした。
 クラスターそのものの威力はLfBの方が強いんですけど、氷クラスターには450%ホーミング×3が付いていて、これをBalliticsで200%強化すると、クラスター本体に負けないダメージを叩き出します。

 ところが、2.4.3では「Hellcat Waistgurad」でグレネードが超強化されました。
「グレネード800%とか、もしかしてLoaded for BearとかCluster Bombsの方が強いんじゃ?」ということで、氷型も交えて比較してみました。

 結論から言うと、MalestromとClusterbomsは拮抗してます。
 LfBも悪くないですが、他の2つと比べると、とくに秀でたポイントがありません。

 MSとCBを比べると、ミサイル攻撃による定点攻撃が得意なMSに対して、爆弾をバラ撒いて無差別範囲攻撃を行うCBとなります。
 立ち回りは、爆弾を撒いたら逃げてるだけでもOKなCBの方が簡単と思われ。
 実際、Leaderboardでも、CBマロは上位に食い込んできています。

 まぁ、この3つ、とくにCBとMSは似たり寄ったりの強さなので、装備の最適化で上限がころころ入れ替わると思います。
 究極的には守りが堅いCBでしょうが、ある程度までは、どっちでも好きなほうでいけるかと。

 クラスターをぶっ放して撃ち殺すMS/LfBと、爆弾バラ撒いて眺めているCBだと、プレイ感がかなり違うので、そこがしっくり来る方を選ぶのがよいのではないでしょうか。

 ちなみに僕の最新スコアは、MSクラスターのParagon800で、GR78クリアとなっております。 



 以下、MSビルドの解説。


 僕が使っている氷ビルド。
 ◎→○→△→・の順で優先度が高くなっています。

【装備】
◎MARAUDER'S 6点セット
◎弩:MANTICORE(クラスター強化)
◎筒:BOMBARDIER'S RACKSUCK(Sentry設置数増加)
・首:HELLFIRE
○指:FOCUS & RESTRAINT (Bastion of Willセット)
△腕:WRAPS OF CLARITY
○腰:ZOEY'S SECRET(Pet数に応じて被ダメが劇的に減少)

【スキル】
◎CLUSTER ARROW / MAELSTROM
◎VENGENCE / SEETHE(火力底上げ・Hate確保で必須)
◎SENTRY / POLAR STATION(セット効果発動・Slow撒き。必須)
◎COMPANION(マロ効果で全部召喚)
・EVASIVE FIRE(プライマリ枠。Hate補充とBoWセット発動用)
・SHADOW POWER / GLOOM(逃げスキル枠)

【パッシブ】
・STEADY AIM
・CULL THE WEAK
◎CUSTOM ENGINEERING(Sentry増加。必須)
◎BALITICS(ほぼ必須)
・SINGLEOUT(ヘルファイアのPassive)

【KANAI'S CUBE】
◎Dawn / The Cloak of the Garwulf / ○Convention of Elements

--------------------------------------------------------
【装備】
 コンセプトは、Dawnと装備でVengenceのcooldownを減らして常時Vengence状態を維持しつつ、Sentry設置数を可能な限り増やしてPolarでSlowをバラ撒きつつ、Balliticsで200%強化したミサイル&650%クラスターを、常時Vengence状態で撃ちまくるというもの。

 必須となるのは、当然ですがマロ6部位。
 以下、火力に影響を及ぼす順にあげていくと、
 まずSentryを増やす矢筒の「BOMBARDIER'S RACKSUCK」とパッシブの「Custom Engineering」。
 つぎに常時Vengence維持のために、KANAI枠のDawnとCooldown装備。
 そしてCluster Arrowを大幅に強化する2H弩の「MANTICORE」となります。

 その他は◎を優先しつつ、おいおい揃えていく形で大丈夫。
 とくに腕と腰の防御アップ装備は、一撃死リスクが非常に高い高レベルGRではほぼ必須ですが、低レベル時は「Witching Hour」などの攻撃系装備のほうが良かったりします。

 指首は、指×2をBoWセットにするのがもっとも火力が出ますが、指首のEndless WalkとUnityの組み合わせにすると、火力の低下を抑えつつ被ダメを大幅に減らせます。
 僕はHELLFIREのAIでCD/CCが97/100というアタリを引いたため、BoW一択ですが。


【スキル】
 プライマリはお好きなのをどうぞ。
 BoW発動要件は「プライマリが当たること」なので、当てやすいのを選ぶとよいです。

 Sentryは、PolarやめてSpitfireで火力上げる手もありそうですが、僕はPolarでSlow撒いた方が安定します。

 逃げスキルはGroomを使っていますが、VaultでもSSでも使い易いのを選べばいいかと。
 ある程度連射する必要があるUEの場合、引き撃ちがしにくいので機動性の高いVaultが人気ですが、マロCAは単発攻撃なので引き撃ちしやすく、走って逃げてもdpsが下がりにくいです。
 なので、UEよりは逃げスキルの選択の幅があると思います。

 まぁ、マロでも、Zei'sジェムを最大限活用しようとすると、Vaultが効果的なのは間違いありませんが。


【パッシブ】
 Custom EngineeringとBalliticsは確定。
 Steady AimとCtWもほぼ確定かと。
 Ambushだと殲滅力が下がる印象です。
 Thrill of the HuntのSlowは強力ですが、Polarがあるので不要。

 あまりに死ぬようならSteady AimかCtWのどちらかを外してAwarenessもアリかも。


【KANAI枠】
 KANAIはVengenceのCooldown短縮のDAWNは固定。
 指のCoEもほぼ固定。RoRGでセット装備枠を一つ空けて、VisageやFrostburnなどの有力装備に回すって手も考えられますが、CoEのダメージ5割アップには敵わないと思います。

 残るひとつは、高GRだと被ダメ減少の狼クロークが最適かと。
 防御力に余裕があれば、狼クロークの代わりにFrostburnあたりを付けるのもいいと思います。

 ちなみに、被ダメカットだとVisageでDarkHeartルーン発動で50%カット付けるほうが圧倒的に強そうな気がしますが、実際はごく僅かしか差がありません。
 Visageの場合、Zoey'sで63%カットした残りの37%ダメージを50%カットします。したがって 63+((100-63)*0.5)で81.5%カット。
 狼クロークだと、単純にカット率がPet9体(ルーンなしの蝙蝠も召喚される)で9×9で81%カット。
 ダメージ軽減だけ考えればVisageですが、狼2匹追加による盾&与ダメ効果を考えると狼クロークの方が効果的です。


------------------------------------------

 氷ビルドの解説は以上。
 以下は、氷ビルドを踏まえての、Hellcat装備の炎クラスターについての所感をば…

 まずLfB。
 
 ビルドは氷とベースは同じ。
 パッシブをBalliticsからGranadierに変更。
 Hellcatが必須なので、KANAIで同枠となる狼クロークは付けられません。

 火力は氷と同じか場合によってはちょっと上かなーと思うんですが、狼クロークがなくなる分、被ダメが大幅に増えるので立ち回りが難しい。
 結果、動きが慎重になってタイムが落ちるという…。

 解決策は、指輪2個セットのBoWを止めて、首と指輪のEndless Walkに変更。あいた指にUnity付けて被ダメを抑える手が有効と思われます。
 それでも防御が弱ければ、パッシブでNumbing Trapsを付けるとか。


 3つ目のCluster Bombsは、LfBよりもHellcatとの相性がよく、2.4.3以降のLaederboardでは、CB型マロが上位に来ています。
 なお、ビルドはLfBと同じ。

 CBの特徴は、Hellcatの「グレネードがゆっくり5回跳ねる」ことを利用し、ClusterBombsの650%越えグレネードで画面を埋めつくせること。
 実際にやってみると分かりますが、CBのデカいグレネードが5回跳ねるのはかなり壮観。

 「650%×5回」という一発で複数回攻撃するスキルは、リソースあたりのダメージ量が跳ね上がるため、結果として高いdpsを実現できるようです。
 あと、撃っちゃえば、跳ね回るグレネードが敵を勝手に攻撃してくれるので、緊急回避や移動中でもダメージを与え続けられるのもデカいかと。「逃げつつ攻撃」がお手軽に実現できるのも大きいです。
関連記事
[ 2017/01/19 14:52 ] Diablo3 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2502-b1e2aee0